« ソウルフード | トップページ | 朝っぱらから »

幸せってなんだっけ

 僕がお店を始めてこの仕事は面白いなあと思うことは様々な人の生き方を見ることができるということです。もちろん、僕のお店にいらっしゃるお客様と言うのはやはり僕のお店だから集まる人たちということでそれなりに個性的な人が多いようでありまして、その人たちのそれぞれ興味を持っていることを聞き、またお話できることはとても楽しいことです。

 もちろん共通の話題で盛り上がることもありますが、僕にはない趣味をもっている方のお話はまた興味深いものがあります。その人なりの幸せの在り方というのでしょうか、人はそれぞれ個別に幸せになれるわけでみんなと一緒に幸せになることだけが幸せな世の中という訳じゃない。

 その人たちがそれぞれどういうことで幸せを感じるかというのはここでは触れませんが、僕の店の(特に常連の方々は)それぞれちゃんと自分だけの幸せになれる方法を持っている、そしてまた他者の幸せの在り方をちゃんと認めることができる人たちでありまして、こういう状況がまたいいなあと最近思っているのです。

 なぜ、こういうことを思うのかと言いますと、世界、特に今の日本社会が全体主義的な幸福論から各々個別の幸福論へ、そしてその多種多様な幸福論の共生というのがとても重要だと考えるからです。もちろん、福祉や税金の問題、教育や住居など生活環境での幸福論というのではなく(こういう問題は個別にどうの、ということでもないでしょうし、もちろんこの中にも個別に考えるものもあるのですが)、あくまでもこれからの人間の生き方においての幸せとはということです。

 長いこと日本人は全体主義的に幸せを追求してきたわけで、みんなで車を買って、みんなで家買って、みんなで海外旅行行って、こういう追求がある時期までは成長に貢献してきたわけでして、また国としても全体としての幸福論を操作して近代化を成しとけたともいえると思います。ですのでそのことをどうのこうの言うつもりもないですが、さすがに状況は変わってきたのがこの21世紀、もう大多数の満足できる、しかも共有できる幸せの在り方というのは難しいというか、むしろ多種多様な幸せの在り方をお互いに認め合い生きていくほうが、またそういう環境のほうが今の時代幸せな状況というものだろうと思うのです。

 もちろん、日本人は長いこと集団の中で個を認識することに慣らされ回りの目を気にせずに自己の幸せに身を委ねることが苦手な人も多いかもしれません。また、他者の幸せにばかり目がいきそれを排除したくなる衝動を持つ人もいるかもしれません。そしてそのやり方が身についてしまって逆に抜けれなくて不安やストレスがたまる人々が増えているかもしれない昨今、みんなと同じなら幸せという世界はすでになく、それでもしがみつこうとすればするほど幸せどころか辛い状況になるような気がするのです。

 つまり、もう高度成長後の成熟社会においては全体主義的幸福論では幸福を享受し満足を得ることができなくなってしまったということであり、これが正しい幸せというものも各々にはあっても絶対的なものではなくなってしまったということでありましょう。そのためにそういう一元的幸福論は無意味なものになりそこに意味を見出そうとするなら宗教的なことに向かうしかないのでしょうが、その宗教ですら各々幸福論がありそれを主張するがあまり対立するという図式になってるのあります。

 僕は宗教がどうのといっているのではなく、その一元的幸福論ではなく多元的な幸福論といいますか、それぞれ幸せに思っている領域はよほどのことが無い限り、干渉したり排除しようという考えになってはいけないと思っているのです。というのも最近、マスメディアの論調などを見ますと大多数の支持するもの、それだけが優先され世論を作っている気がしてならないわけで、そこにはどうしても一元的な、全体主義的幸福論に持っていこうとする強引さが見えるのです。なぜなら、全体主義的世論は莫大な利益に結びつくわけでありまして、みんなが一つの方向を向いてそれがあったら幸せとなったらそこに関連する企業はぼろ儲けなわけです。しかし、前述しましたように、社会の構造がもうすでに全体主義的な幸福論では前に進めなくなっている、そこにいまだ全体主義を煽るということがどれだけ人々の生活に歪みを生じさせているか、ここが問題なわけであります。さらに、その一方でマイノリティの幸福の追求や行き方が不当な扱いや、差別を受けているという問題もある。そして、それが全体の中でしかいきられない人にとっての不安の解消ということにはなるでしょうが、果たしてそれが幸福な生き方といえるのか。

 このことは書き出すと延々続きそうなのでこのあたりにしますが、やはり僕が望む幸せとは全体主義的で一元的なことではなく、僕の店でそれぞれのお客様が語ってくれ、またそれをみんなが認め合っている、これに尽きるのではないかと思うのです。

« ソウルフード | トップページ | 朝っぱらから »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

最近、非常に個性的な幸せを追求している私です。はい。
やっぱりちょっと不安になりますです。
この歳で・・・っていうのが一番ですかね。
本来ならばこういうことをやってる場合でなく、
子育て等に喜びを見出す年頃でしょうに。
こういう後ろめたい気持ちを持つところが、全体主義的教育の名残なのでしょう。

いいんですよ。むしろ自分がなにを欲しているか解っているのですから健全です。でも息切れしないでね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42971/2675789

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せってなんだっけ:

« ソウルフード | トップページ | 朝っぱらから »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ