« 涼 | トップページ | 心地よい地獄 »

聖地巡礼

Rimg0001_16  「ある朝僕が不安な夢から目覚めると、自分がベッドの中でとてつもなく餃子が食べたくなっているのに気がついた」・・・・のであります。よかった虫じゃなくて、というか昨日、朝から無性に餃子が食べたくなりふと気がつくと電車に乗っておりました。そして着いた場所は宇都宮!新宿から100キロ、はるばる餃子の聖地に。なんたってこの街には70件以上の餃子屋があり、一度行かねばなるまいと思っていたのですがついに決行してしまいました。

 ちなみに宇都宮湘南新宿ラインで新宿を出たのが12時28分で約90分で宇都宮14時2分到着。仕事があるので帰りは同じく湘南新宿ラインの15時39分に乗って帰らなければならず、滞在時間はわずか1時間半。このあいだに餃子屋2件をまわろうというミッションであります。

Rimg0002_14  でも、いきなり来たはいいが僕はまったく宇都宮には土地感がありません。とりあえず観光案内所にいくと餃子マップなるものが!これを頼りに駅から歩いて10数分の街中にある有名店2件を攻略することにいたしました。それにしても、地方都市って決まって駅前が閑散としていて繁華街はすこし離れた場所にあるのですねえ。暑い中、餃子を目指して歩きましたよ。とにかく時間がないのでわき目もふらず真っ直ぐにまず一軒目にたどり着きまして、そこでいきなり驚きました。なんと餃子一皿170円。しかもメニューには焼き餃子と水餃子しかなく、それ以外なにもなし。ビールもライスもないのであります。なんとストイックな餃子屋なのでありましょうか。お客は水だけで餃子を食べているではありませんか。とりあえず焼きと水餃子を一人前づつ頼んでみましたが合計で340円!!でも味は野菜の甘みと皮の甘みが絶妙の美味さ、あっさりとしていながら後をひく味で写真を撮るのもわすれて気がづいた時はこの写真の状態でありました。恐るべし宇都宮餃子。

 あまりにも安すぎて会計で340円払うのが申し訳なく、つい御土産30個入り800円を2箱購入。これは本日のお通しにも使おうということであります。それでも160円保冷の袋つけて2100円なり。ここのおじさんの言うことがまた人がよくて、「今度来る時はこの保冷袋持っておいでね。そうしたらそれに入れてあげるから」とこんなに値段が安いのに160円取ることを申し訳なさそうに言うのです。僕は飛馬のように心の中で泣きましたよ。「俺は今猛烈に感動している!」

Rimg0005_4   そして、その店をでてわすか十メートルぐらい歩いたところにもう一軒の超有名店が。名前は大阪の餃子屋といっしょですがぜんぜん関係はないという、県外でも有名な店の本店であります。ここはさすがに餃子以外にライスとビールあり。ただしやはりその他のメニューはなし。この潔さはいいですなあ。ここでやっとビールにありつけまして、店のおばちゃんが餃子に合うビールがあるといってだしてくれたのが、このご当地ビール「餃子浪漫」。これがなかなか味がしっかりしていて美味かったのです。それにしても「餃子浪漫」とは、聖地はどこまでも餃子ストイシズムが貫かれているのであります。

Rimg0004_3  こちらでは焼き餃子2枚を頼みまして、一人前220円。さっきの店よりは若干高いとはいえ、2皿で440円ですからね。もうひれ伏して餃子食うしかないのであります。こちらは先ほどの餃子より味がしっかりあり、ごま油の香も。ビールに合う美味さ。よくこの料理はこのワインにとか、マリアージュがとか言いますが、フランス人にはこのビールと餃子という究極のマリアージュを理解できまい!デリシャス、ブゥオーノ、ホウセック、ハオチー、マシッソヨというわけで、それにしても平日昼からのビールと餃子は背徳の匂いがありましてたまらんですな。しかもここは宇都宮の昼下がり。いいシチュエーションであります。

Rimg0007_16  すっかり一気に2人前の餃子をたいらげ、ビールでほろ酔いかげんになりここでも御土産2人前を買っていい気持ちで外に。15時39分に間に合わせるためにまた駅まで歩き、ほぼ無駄な時間なくまた電車に乗り発車。考えてみると2件での餃子プラスビール代が1180円。御土産代がやはり2件で2180円。しかしよくよく考えてみると、中野から宇都宮までの旅費が片道1890円で帰りはグリーン車だったのでトータル4730円と御土産代入れた餃子代より旅費のほうが高くつくことが発覚。いくら餃子が安くてもこれはまた酔狂な話であります。そんなこんなのミッションは無事成功し、18時前には中野 に帰ってきたのでありました。めでたし、めでたし。

« 涼 | トップページ | 心地よい地獄 »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

うんまかったよ~♪お土産餃子!
しかし、恐るべしなのはtetsuさんの「食」への情熱だよー☆

食に対する情熱というかねーなにか新しいことというか、初めての場所、初めて見る風景、初めて食べるもの、または初めて聞くものだったり、初めて読んで知ることだったり、とにかく初めてなにかにふれたいという欲求がかなり強いのよねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42971/2548923

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地巡礼:

« 涼 | トップページ | 心地よい地獄 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ