« 秋にぴったりの名盤がなんと! | トップページ | 雨と美術館 »

エピキュリアン

 僕はつくづくエピキュリアン(快楽主義者)であるなあと思います。なにか面白いことはないかと絶えず考えていて、またそういうことへの欲求が卑しいぐらいに旺盛なのであります。ここ最近だと自転車なんぞにまた興味がいってまして、今度はブレーキワイヤーを自分で交換しようとか、もう少し細いタイヤに換えてみるのもいいか、とか考えちゃってます。

 そのほかにも、もちろん美味いものが食いたいという欲求も強ければ、旅をしていろいろ見たり感じたりするのも大好き(今、密かに計画も)、音楽はご存知のとおり中古CDを探してまわり、たまにライブも聴きにいき、自分でジャズピアノを練習する時間もまた楽し。そして読みたい本もありーの、映画も見たいの、落語も聞きたいの、美術展も行きたいの、演劇も見たいの、競馬場にも行きたいの・・・・などなど、一日24時間しかないのが恨めしくもありますなあ。

 まあ、お金はそんなにかけなくてもこれらのことは結構楽しめるわけでありまして、面白いことを常に探しつつ何かに熱中していると時間はあっという間に過ぎちゃうのであります。この自分で探して自分だけの楽しみに熱中できるという人が僕の店のお客様には多いなあ、とも思うのでして、僕もエピキュリアンならお客様もどうしてどうして、そうとうエピキュリアンな人揃いであるのです(そう、貴方のことです)。

 そういう人とお話をしながら、「おっ、こんなこと解るのか」と互いにニヤっとしながらジャブをいれていく、これまた結構快感だったりしますね(するでしょ?)。その人、その人のツボに話がすっと入るとこれが相当楽しく、この人と人の繋がりのためにさっき挙げた多種多様な楽しみ方を追求したくなっているのかも、とすら思えてしまうのです。そう、究極のエピキュリアンってこの人と人の琴線のような部分がすっと繋がる快感を求めちゃうこと、なのかもしれない、なんて昨晩もお客様とお話をしながらふと思ったのでありました。

« 秋にぴったりの名盤がなんと! | トップページ | 雨と美術館 »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42971/3588144

この記事へのトラックバック一覧です: エピキュリアン:

« 秋にぴったりの名盤がなんと! | トップページ | 雨と美術館 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ