« スプリンターズは荒れたが | トップページ | 本日メンテナンスのため »

一夜明けて

 風邪はかなり良くなりまして、日曜日おとなしく家で寝ていたのが良かったようです。したことといえば競馬をテレビで見ただけ。スプリンターズステークスは予想はぼろぼろ。なんたって日本馬の有力どころが全部だめで、凄い穴馬が2着、3着ですからどうしようもない。しかし、あとで着順成績見てみるとなるほど、そういうことなのかしらと思うことが。上位5着までに来ている馬がほとんんど、500キロ以上の大型馬。唯一2着メイショウボーラーが488キロですが、これは重いほうだししかもボーラーはダートに転向して芝に戻ってきた馬。つまり、良馬場発表以上にそうとう力のいる馬場だったのでしょう。こういうことは終ってから気づくわけですからまあしょうがないのですが、三連単260万なんて夢のようで考え方でなんとかなるかも、とも思ったわけであります。

 さて、昼間はそんな感じで、夜は待ちに待った凱旋門賞。ディープインパクトが世界でどうか、と期待しながらみたのですが・・・結果、3着。ああ、やっぱり世界で勝つのは難しいのですねえ。というか、凱旋門賞を勝つことが世界一なのかどうか。こう書くと負け惜しみみたいですが、スプリンターズステークスでもそうですが、馬って生き物だからね、やはり馬の状態だけではなく、馬場の適性というのもかなりありますな。ヨーロッパの馬場は芝が深くて切れ味勝負には向かない。足があれだけ上がるディープでさえなにか走りにくそうに見えたのは僕だけでしょうか。まあ、それを克服した馬だけが勝者になれるのでしょうし、そういう競馬に勝てる馬が凱旋門賞の歴代ウィナーなのでしょう。ハーツクライの橋口調教師のコメントで「今後日本馬は何十年も勝てないかも」というのを読みましたが、これは本質的に競馬が日本とヨーロッパでは違うということ。じゃあ、ヨーロッパ型にしないといけないか、ということでもないだろうし、このディープの敗戦で凱旋門賞挑戦の意味も考える必要があるかもしれない、そう思ったのであります。もちろん、日本もヨーロッパも関係なくオールマイティに勝てる馬、それこそが世界一なのかもしれませんけど。とにかく、それでもまだ納得できない自分もいるわけで、来年もう一度トライしてほしいという気持ちもあり、複雑な胸中であります。

« スプリンターズは荒れたが | トップページ | 本日メンテナンスのため »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42971/3662893

この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けて:

» 凱旋門賞 ディープは3着 [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
       日本時間2日0時35分ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞。    日本から出走したディープインパクトは3着に終わりました。    レースは好スタートから向こう正面半ばまでは内ラチ沿いを進む。    武騎手は3コーナー手前でハリケーンランの様子を見ながら外へ    出す。相手をシロッコの様子を見ながら直線先頭に立つ。    シロッコを競り落として後はいつもの伸びを期待�... [続きを読む]

» 競馬予想 [競馬予想]
競馬予想です、是非ご覧下さい管理人さん不要でしたら削除してくださいね。 [続きを読む]

» Google []
Google is the best search engine [続きを読む]

« スプリンターズは荒れたが | トップページ | 本日メンテナンスのため »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ