« いよいよ五周年記念ライブ!! | トップページ | 大人だなア »

ある意味、究極のナポリタン!かしら?

 ずいぶん前から一度やってみようと思っていたことがあります。それはケチャップを手作りして、しかもそれを使って本格的ナポリタンを作ってみるということでして、このジャパニーズスパゲティ、ナポリといいながらナポリにはない不思議なスパゲティを本格的パスタとして甦らせてみようということです。前々から構想はあったのですが、昨日ふと思い出し、ちょっと遊びでやってみようかと思いまして早速ケチャップを手作りしてみることに。

 先ず材料はトマト8個、凄い高い完熟はちょっともったいなかったので、4個398円(それでも高いが)を2つ、それに僕はホールトマト2缶をあわせて色やコクを出そうと考えました。

Rimg0004_14  トマトは湯向きしてそれをミキサーでジュース状に。ホールトマトもやはりミキサーでジュース状にして、二つをあわせて鍋にかけます。ぐつぐつ煮ていきましてそこにたまねぎとニンニクのすりおろしを入れます。そしてシナモン、クロープ、胡椒、塩、砂糖をいれて味と香をつけていき、最後にワインビネガーをいれて酸味を。

 さらに煮詰めていきまして、市販のトマトケチャップよりちょっとゆるいぐらいに仕上げます。火を止めて冷めてから裏ごしをかけましてなめらかにしてから再度鍋にかけてひと煮立ちさせて完成。

Rimg0006_8  保存用の瓶に移してみましたが、見た目これは確かにケチャップであります。そしてお味の方ですが、うーん高級な味わいだなあ。角のないまるい味といいましょうか、シナモンとクローブの香もほのかにあり、甘くやさしいけれどもトマトの奥深い味があります。これで作るナポリタンはかなり期待がもてそう。というので早速試食用ナポリタン作りも続けておこないました。

 ナポリタンというのはあくまでも庶民的なものですから、ここでの材料は基本の材料でいくことにしましてたまねぎ、ピーマン、しめじ、それにハムの四種に決定。ハムだけはさすがに安いのは食べたくないのでちょっと高めのものをセレクト。

 フライパンにオリープオイルをしいて火をつけまして、そこでたまねぎとピーマンを先に炒めてその後シメジ、ハムを投入。スパゲティの茹で上がりにあわせてケチャップを大匙四杯ていどをフライパンに入れて具とパスタとともに合わせて完成。あくまでも手作りケチャップの味わいをだすために、今回は塩コショウはここでは一切使いませんでした(ただし、茹でる時は塩いれてますけど)。

Rimg0007_19  完成したのがこの写真。もう見た目普通のナポリタンでしょ。でもね、この味はちょっと普通じゃない!ケチャップが美味いからそのケチャップの味が前面にでるのかと思いきや、そうではなくてたまねぎやシメジ、ピーマンの野菜の旨味がぐっと前にでてきて実にナチュラルなテイストなんです。ケチャップが全体をやさしくまるく包んでいて、もっというとパスタ自体がもつ旨味まで引き立たせているよう。甘み、酸味が尖っていないのでそれぞれの具材のひとつひとつの味わいが消されることなくいいバランスをとっているのね。へえ、と自分で作って食べて感心してしまいましたです。

 これ食べてみたいと思いません?という訳で実は昨日より、もうすでにお店のメニューに載せています。題して「自家製ケチャップで作る本格ナポリタンスパゲティ」。早速一組のお客様が食してくださいましたが、上記に書いた僕の感想とまったく同じ事をそのお客様もおっしゃいました。一度食べるとこれ病みつきになるかも。

 やはり手作りはひと味もふた味も違うのですねえ。このケチャップでオムライスも作ってみたら美味いだろうなあ。これは僕の密かな楽しみでやってみようかしらん。

« いよいよ五周年記念ライブ!! | トップページ | 大人だなア »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ