« タイムカプセル | トップページ | もう我慢できなかったのよ »

フロイデ

No9_1  ずいぶん久しぶりに今ベートーヴェンの第九シンフォニー「合唱」をCDラックから取り出して聴いております。ご存知のとおり、日本で第九と言えば暮れにやるものか家を建てる人と決まっています(それは大工)。それにしても、12月と言えば毎年毎年日本中のオケが第九ばかり演奏するのですが、こう定着しちゃうとなんか第九というのは暮れにしか聴いちゃいけない気がする、というか暮れ以外にかけたりすると「なんだよ、あの野郎季節外れなことしやがって」なんて言われかねない。そんなこともあって寒いこの時期にしかほとんど日本では演奏しないので、夏の暑い時期に暑気払いで(逆に暑くなりそうだが)とか春に桜を見ながら、秋に満月と共にとか、ましてや新年早々お屠蘇飲みながらほろ酔い気分で第九、ということはほとんどないでしょう。まあ、家でやろうと思えばできますがね、こっちもどうしても気分がでなくなっちゃうのであります。

 これね、日本だけなんですね、暮れの第九。ベートーヴェンだって暮れにやるように、なんて一言もいっていない。じゃあ、なぜ日本で暮れに第九をということになったかというとね、12月はイエスキリストの誕生日クリスマスがあり、そのイエスは大工の息子だから第九だ、というのは我が父親の自説。実際は昔NHK交響楽団(当時新響、指揮ローゼンシュトック)が暮れの年越し資金かせぎのために第九公演をおこなったのが始まり、ということらしいです。つまり餅代稼ぎなのね。 そうしたらうちも、うちもと他のオーケストラも追従してそれで毎年毎年暮れの第九ということになったらしい。

 まあ、そんな経緯なんだけど、おかげで日本人は第九といえば年末の音楽になっちゃったので、これはいいのかしらん。いや、いいんですけどね、僕だって今第九聴きながら書いているしさ。だけど、身体が暮れにしか聴くことを受け付けなくなっちゃた、というのは本来の「歓喜の歌」という趣旨からいくと、別に暮れじゃなくてぜんぜんかまわないわけなんだけどねえ。という訳でこのレナードバーンスタイン指揮、ウィーンフィルの素晴らしい演奏のCDもどうしてもこの12月にしかひっぱりだすことはないのでありまして、しかもうっかりしてこの12月を逃すとまた来年の12月まで手がのびることはないのであります。ですので、うっかりが続くと、ほとんど聴くことすらなくなりまして今かけているこのCD、もしかして5年ぶりぐらいかもしれない。いやマジにそう。10代20代の頃は暮れはやはり第九だろ、とか言ってわざわざ何度も演奏会行ったりね、CDとっかえひっかえ聴いたりしたのですが、その後は反動でグレまして、「暮れに第九なんて野暮だねえ。暮れにボサノヴァでも聴いて年越しとかいうセンス、日本人にはないものかねえ」なんて斜にかまえたりした時期もありました。やっと、素直になれる年頃になったといいますか、まあ暮れに第九もしょうがあるめえ、たまには聴いてやるか、ってな具合であります。

 まあ、そんな心持で聴けばやはり名曲、久しぶりに聴けばそれはそれ、水戸黄門の印籠的安心感がありまして、こういう収まるところに収まると安心、みたいなところが日本人的な気風と合ったということなんですね。なにがあっても年末で区切りをつけて新しい年に備えたい。この世知辛い世の中ですから、第九聴いて少しは「喜びを我らに」といきたいものではあります。

« タイムカプセル | トップページ | もう我慢できなかったのよ »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ