« 古き良き伝統、新たなるシステム | トップページ | これでいいのか(いいわけなかろう) »

なんとも微妙なウィーク

 今年も泣いても笑っても日曜日で競馬は終わり。いよいよ有馬記念であります。毎年毎年、競馬親父たちは「もう有馬かよ」とつぶやき、今年の競馬を振り返りちょっとだけ反省をしたりします。ですが、反省すれば次から競馬が当たると言うことも無く、同じように有馬記念の日を向かえ反省もどこえやら何も変わらず、そして翌年の金杯からまた翌年の競馬に心も新たに(ってなにが)向かうのであります。永遠に途切れることの無いメビウスの輪(途切れるのはお金でありますが)、金杯から有馬までで競馬親父の一年は成り立っているのでありまして、この有馬までの年末の一週間だけはなぜかちょっと寂しい気持ちになる競馬親父になってきた僕であります。

 ああ、一年ってはやい。最後ぐらい当たっていい年を迎えたい。有馬取れればすべてよし、ディープ蹴ればすべてだめ、かしら?待ち遠しいような、きて欲しくないような12月24日、中山競馬場で今年も有馬記念はおこなわれるのであります。

« 古き良き伝統、新たなるシステム | トップページ | これでいいのか(いいわけなかろう) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古き良き伝統、新たなるシステム | トップページ | これでいいのか(いいわけなかろう) »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ