« 20061202ザジ五周年記念ライブ | トップページ | 五周年パーティは忘年会で »

ベッドと格闘して5年

 毎朝気持ちよく起きる、これ大切なことなんですね。僕は寝具というものに今まで無頓着でして、あまり快眠ということにこだわったことはなかったようです。というか、大体30過ぎからはどこでも気にせず寝れるというかね、人の家のソファーだって熟睡できる人でありました。

 そんな僕が自分の家のベットの寝心地が悪くてこの2年ぐらいもやもやしていたのです。これも僕のいいかげんさからなんですが、5年前にベッドが家に欲しいと思い当時は独り者でしたからテキトウに通販雑誌にあるセミダブルベッドを購入。これが安かったのですから当たり前ですが、まあいいかげんな商品。まず、ベッドといいながらベッドじゃないというかね、もともとローベッドってあるからなんだろう思っていましたが、ようはマットレスがパイブの枠で囲まれているだけのもの。じゃあ、マットレスそのままでいいじゃん、と思うのですがまあ、ベッドといやあベッドか、という主張があるのでそれは良しとしました。

 で、問題はマットレス。これ最初は問題なく「おおっ、寝心地いいじゃん!」て具合で喜んで一人セミダブルを楽しんでいたのであります。ところが2年目ぐらいでなんとなくへたりぎみになってきて、まだ2年目なのに安いのはしょうがねえなあ、ぐらいで寝ておりました。3年目になりますと、背中がごつごつして痛くなりだした。なんとへたったもともと薄いウレタンからスプリングが直にでてあたるようになってきた。これはなんとも寝心地が悪い、たまらんのであります。そして昨年連れのお方がいっしょに住むようになってさすがにまずいとなり、まず背中に直にあたらないようにベッド用の薄いマットを敷きましてしのぎましたが、それも数ヶ月でまたごつごつとスプリングが背中にあたる。うまくツボでも刺激してくれるならいいのですが、ツボじゃなくて神経を刺激してどーする!というような状況となり、苦肉の策でマットレスを裏返すことに。おお、これはいいじゃないと喜びもつかの間、数ヶ月でもとの神経刺激マットレス状態に。痛みと共に何かを忘れないためにあえてこういうベッドに寝るというならともかく(確かそういう故事があったような)むしろ毎日なにかを忘れたいから寝ているのですから、僕にはこういう痛みはいりません。

 やはり安物買いの銭失いとはまさにこういうことであります。特に寝具はいいもの(訪問販売以外の)を買ったほうが良いと今頃になって思いまして、この引越しに際しこの拷問にちかいベッドをやっと捨てまして、今度はいいマットを探したのであります。

 その結果、購入したのがMAGNIFLEX(マニフレックス)というイタリア製マットレスであります。このマットレスは高反発ウレタンというのを使用していましてスプリングが入っていません。そしてこの高反発ウレタンというのが素晴らしい寝心地でありまして、身体がホールドされるような気持ちよさがあるのです。高反発とは低反発とどう違うとかはサイトをみていただきたいのですが、とにかくヨーロッパの病院でも多く使われているこのマットレスはかなりの優れもの、保障も12年間となっていて今度はへたりもなさそうで安心であります。ついでにベッドもちゃんと高さのあるものを買ってその上にダブルサイズのマットレスを置きやっとまともな寝る状況ができたのでして、人生、日々学習なのでありますねえ(ていうか、今まで頭悪すぎ!)。

« 20061202ザジ五周年記念ライブ | トップページ | 五周年パーティは忘年会で »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20061202ザジ五周年記念ライブ | トップページ | 五周年パーティは忘年会で »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ