« 本日は銀座へ | トップページ | なぜしがみつくのか »

ギャラリー、銀ブラ、フレンチ

Rimg0001_44  久しぶりに銀座を歩きましてちょっと寒かったのですが天気良く気持ちよい日曜日。バイトの大久保京子ちゃんの人形展におじゃまいたしました。

 相変わらずの独特の世界がとても楽しくまたユーモラス。不思議でかわいらしい造形の中にもちょっと毒もあったりしてなかなかのものであります。小さいものでも顔などの細部まで徹底的に作りこんでいて角度によっていくつもの表情をみせる人形たち。紙を使った質感も独特のものでよく見れば見るほどその味わいが染み出てくるように感じました。

Rimg0003_edited_2  なかでも僕のお気に入りがこのうさぎ。足湯に浸かっているらしいのですが人間の親父みたいにパンツをたくし上げている(もちろんうさぎはパンツはいてないけど)。この擬人化した動物の動きというのが大久保ワールドの真骨頂でありますね。こんなうさぎがどこかにいそうだなあ、と思わせてしまうところがね、なんともゆるーく良いのですなあ。これは心にゆるっと入ってくる気持ちよさがありましたです。

Rimg0008_17  すっかり大久保ワールドでほんわかとしたあとに外に出ると冬の明るい銀座。美味しいパンなどを連れのお方がデパートで購入。ゆっくりとした時間が流れた日曜日になりまして、夕飯は自宅近所のリーズナブルなビストロでフォアグラのテリーヌ、海老とほたてのアメリケーヌソース、鴨の胸肉のローストと赤ワインなどいただき、さらに良い気持ちになり帰宅。いい休日でありました。(これで競馬が当たりゃいうことなしなんだが・・・)

« 本日は銀座へ | トップページ | なぜしがみつくのか »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日は銀座へ | トップページ | なぜしがみつくのか »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ