« ここまで頭下げられると | トップページ | 今年も今月のこの一本続行! »

これぞ完璧な機械

Rimg0009_12  昨年の誕生日に連れのお方からいただいた腕時計、カシオのGショックであります。これは大変優れたものだと使っているとよくわかりましてとにかく腕につけていればそのラクなこと。

 なにしろ、この時計の一番の売りは電波時計でして時間の合わせる必要がない。一日に何回か自動的に電波をキャッチして時刻を自動的に合わせてくれるのですね。これはラクチンなのです。ですからこの腕時計にはリューズがない!そりゃ時刻を合わせる必要がないのですからある意味ないのですがなるほどねえ。でもリューズがないというのは最初ちょっと不安になるというのは古い人間なのでしょう。

 さらに、太陽電池で動くために電池交換もほぼ不要。そして20気圧防水なので水仕事もオッケー。しかもチタンコーティングのために傷がつきにくく頑丈ともう僕が死んでも時計は動き続けるという凄いタフなやつであります。もう、これ使ったらなんにも気にせずつけっぱなし。カレンダーすら合わせる必要ないのですからもう不精な僕にはうってつけ。

 機能だけだったらこれ以上のものはないですね。僕がそうとう不完全なのでこういう完全なものが補ってくれるというのは機械として正しい選択。そう機械とはあくまでも人間の不完全さを補うものなのですよ。言葉の使い方すら解からず人間を機械とみなす某大臣にもこの時計お勧めです。

« ここまで頭下げられると | トップページ | 今年も今月のこの一本続行! »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

これが、そうですか
初めてお目にかかりました(笑)

なんか、非常に無機的な感じですねぇ
完全を姿で表してるような(笑)
もう少し、表情が
欲を言えば、人間味のある感じが ほしいかな
でも完全とはこういうことか?(笑)

ある意味完全すぎて面白みがないかも。ほんとは機械も職人の温かみのあるものが好きなのですが、今それを大事にしながら仕事をしている余裕がないのであります。そういう現状ではこれほどラクなものはないですねえ。あまりラクばかりしても人間的でないとも思うのではありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここまで頭下げられると | トップページ | 今年も今月のこの一本続行! »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ