« 今日は紙婚式(というらしい) | トップページ | 久しぶりのビストロZAZIE »

また見つけてしまった!!

 昨日は記念日ということでありましたので夕食は連れのお方と近所のビストロへ。このビストロは練馬にあるのですが、我が家がある場所は中野でありながら路地一つまたげば練馬という境にあります。連れのお方が昨年忘年会でいったビストロがとても良かったというので地図で調べてみると我が家の前の道を真っ直ぐ歩いて15分ぐらいのところにあるではありませんか。連れのお方が昨年練馬の駅からタクシー乗って帰ってきたといっておりましたがすぐ近くだったわけで、それをわざわざ家と反対側の練馬の駅まで15分ぐらい戻って帰ってきたということが判明。ご苦労様です。

Rimg0010_edited  さて、この近所のビストロですがここ確かに連れのお方がいうように素晴らしいお店でありました。ビストロなんでフレンチなんですがちょっと創作がはいっていてそれがまたなかなか楽しい。オードブルのミル貝や鯛は昆布でしめてありましたし、その後出てきた鮪とライスのタワーというのがここの名物料理らしく(左の写真)硬めに炊き上げて盛り付けてあるご飯に鮪のヅケが乗り野菜とソースがかかっております。一見不思議で味はどうか、と思いますがこれがここでしか味わえない絶妙な美味さでして隠し味にチョコレートのような風味もありとても楽しい一皿でありました。

Rimg0012_6  ビストロというのは気軽な町の食堂でなくてはいけません。ですのでやはりリーズナブルであるというのと、それに町の人々に愛されているかどうかというのが重要。わざわざ遠方からいくような場所ではないのです。となりのテーブルではまだ小さいお子さんを二人連れた若夫婦とおじいちゃんおばあちゃんあわせて6人でディナーを取っていましたがその光景が実にあうお店でありまして、ああこういうお店ならいずれ我が家ももう一人連れて食事にこれるなあ、と思ったしだい。

 料理はその後、ハタをワイン蒸にしたものにウニのクリームソースという魚料理のあと、僕はイベリコ豚のソテー、連れのお方は米沢牛のステーキをチョイス。どちらもビストロならではのストレートに味のある美味さでありまして満足。繊細ではありませんが力強くシンプルな料理というのもビストロの良さであります。それにこちらはシェフが自らお皿を持ってきてくれてお客さんと一人一人話していく心遣いがとってもアットホームで温かな雰囲気をだしていました。人の良さそうなシェフの人柄で通う人も多いのではないでしょうか。

Rimg0013_1  事前に何かの記念日でしょうか、と電話で聞いてきたので結婚記念日であることを告げたのですがデザートにはこのような心配りが。ゴマのブラマンジェと桜のアイスクリーム、ナッツのケーキ、それと女性にはラズベリーとバナナとシャーベットがつきましてこれだけでも連れのお方は大満足でありましょう。

 とてもいい時間を過ごせてしかも家の近所にあるというこの幸せ。お値段もとってもリーズナブルでビストロとはかくあるべき、という見本のようなお店でありましてもしご興味のある方はこちらのサイトを見てくださいませ。ちなみにこのお店2月いっぱいで今の場所を閉めて練馬区内で別の場所に移転するそうです。ちょっと家から遠くなっちゃうのかしら、すでにちょっと心配になるぐらい気に入ってしまった僕にとって隠れ家的お店になりました。

« 今日は紙婚式(というらしい) | トップページ | 久しぶりのビストロZAZIE »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

すばらしいですね~~
しかも、近くということが いいですね~~

心遣い 
おもてなしの心 全開~~というかんじですね~(笑)

家の近くにあるというのは本当にありがたいです。だんだんわざわざ遠出をして何かを食べに行くというのもおっくうになってきましたしねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は紙婚式(というらしい) | トップページ | 久しぶりのビストロZAZIE »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ