« 今年もやってきた! | トップページ | 2007フェブラリーステークス予想 »

贅沢

Rimg0010_9  僕は葉山という海岸の町で育ったものですから魚の味は小さい頃から慣れ親しんでいまして東京にいるとたまに無性に新鮮な魚を食べたくなるのであります。しかしながらスーパーで売っている魚だとどうしても鮮度が納得いかないし、それでも買って来て料理したりしていたわけですが、まあ推して知るべしでありましょう。ですので実家に帰ったときに、ああ、この味だ魚の味というのは・・・、と確認するわけです。

 しかしながら、やっとこの東京でもまともな魚が買える店が近所にあった、ということはこの間書いたのでありますが、昨日もそのお店で赤鰈の立派な切り身が売っていたのでこれまた立派なお値段でしたが外食することを思えばと考え、立派に料理すればいいじゃないかという立派な考えにもとずいて家に買って帰りました。見るからに見事なお姿を前にして、見事な腕裁きとはいかないものの調理をし、でもとりあえず見事な出来栄えの赤鰈の煮付けを完成。味付けは赤鰈の淡白な味わいをそのまま生かすために酒、醤油、みりん、で薄味に。新鮮なものならば濃い味付けにする必要はまったくないという立派で見事、華麗な鰈の煮付けの完成であります。お味はそりゃあ、素晴らしいの一言。鰈とは本来こういう味なのだなあ、としみじみ思う旨味があり生臭さなど微塵もない上品この上ないお味でございました。

 最近贅沢とはこういうことだな、とよく思うのでして満たしてくれること、というのはこんなに身近なところにあるのですねえ。切り身ひとつからこれだけ堪能、満足、充実が味わえるなんてね、やはり食卓にどれだけ幸せを感じられるか、というのは僕の人生にとっては大きなことなのだと実感するのであります。

« 今年もやってきた! | トップページ | 2007フェブラリーステークス予想 »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

鰈の煮付け~~
これは味付けしだいで~~
最高のごちそうですね~~(微笑)

大変美味でありました。鰈の鮮度も素晴らしかった!うーんまた食べたいですなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もやってきた! | トップページ | 2007フェブラリーステークス予想 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ