« 三月のこの一本は! | トップページ | 思い切って新しく »

いったいこれはなんなんだ!

 一昨日久しぶりに美術展でもと思いオルセー美術館展に行ってきますと書いたのですが、なんといいましょうかそれはひどい状況でございました。もちろんそれは展示してある絵画のことではありません。平日、水曜日の午後三時に美術館は人でごったがえしていてここはバーゲン会場か?という有様。

 なにしろ、招待券をもっていたのでとりあえず入り口に行ったのですが先ずそこで長蛇の列。周りは大半がおばさん、ちらほらおじさん、カップルその他。ここで15分待ち。まさにバーゲンそのもので係員が区切りながら人を流しているのです。もう、このあたりで嫌な予感が。おばさんたちグループはどこも大声でしゃべっていてしかも絵画には皆無の話。どこそこの誰がどうだ、東北のあそこに今度行きましょうとかなんやら。今思うとこの時点で引き返せばよかった。

 それでなんとか入り口にたどり着き中に入ると・・・・・そこは狭い空間に人の頭しか見えず。その合間から展示してある絵画が見えるという、なんだよこれは!!!。最初は前で見ようと試みて列に並んでいたのですが、横から後ろからおばさんたちが押し合いへし合い入ってきてもう絵なんて見る気分はすっかり失せましてどっと疲れが。連れのお方は妊婦で押されると危ないので気が気ではないですし、とてもこれは美術館じゃない、ひどい有様です。なんとか一枚目、二枚目のモリゾやルノワールあたりまで見ましたが僕の堪忍袋の尾が切れまして、連れのお方に「だめだ、こんなの絵を見るなんて状況じゃない、出よう」と言って列から外れました。連れのお方もうんざりした表情。もうホイッスラーも通り過ぎ、モネの「ルーアン大聖堂」ぐらい見ていくかと横から見ていたら、隣にいたおばさんが「これどこのビルディングかしら?」ってあなた!これは大聖堂ですよ!、もう頭が爆発しそうです。ゴッホの絵の前もまるで事故現場に大勢の野次馬が集まっているみたいでして、人と人の頭の間からちらっと見えただけ、ここで限界、途中で離脱して出口へ。壮絶、ぐちゃぐちゃでただ疲れただけ、後に残ったのはどこにぶつけていいのかわからない怒りだけでありました。

 美術館をでても僕はぶつぶつ呪いの呪文のごとく「これは美術展じゃない新宿コマ劇場前じゃないか!」と恨み節。こんなのが当たり前ならもう日本で美術展には行けないですね。主催者もこれで人がたくさん来てお金が儲かったと喜んでいるだけなら救いはないし広告代理店の商売の一環というだけ。連れのお方も「こんなのならいつかフランスに行ってオルセー見にいくわ」といっておりました。おばさんたち(一部おじさんたち)も絵を見るなというわけじゃないですけどね、なにか違うと思いますよ、こんな美術展。ふざけんな!絶対にこれはおかしいわ、ああ・・・。

« 三月のこの一本は! | トップページ | 思い切って新しく »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

マスターお久しぶりです。
オルセー展、平日なんとかお休みをとって行こうかと思っていましたが、やはり・・・・・そんな状況ですか。
一昨年でしたっけ?のゴッホ展もまさにカオスでありました。
やはりフランスへ行ける日を待つことにします~
箱と絵画と客のバランスが悪いんですよね。
広そうな六本木の新しいところでやってくれればまだ違うのか?
いや、それだと別の客層にストレス受けそうですしね。
お疲れ様でございました。
明日土曜日、いつものディーエスチームで飲み会するので、
時間があえばお伺いしますねっ。
ではまた。

おつかれ~

ルーブルも~
結構こんでましたよ~~(笑)

まあどこへ行っても
日本人は多い~

えつこさん。お元気ですか。ほんとなんかバランスが悪すぎですよね。主催者はもう少し考えないといけないのではないでしょうかねえ。

維真尽さん。ほんと日本人は人が集まるところに目指していくのでしょうか。まあドーナッツ屋の列もいっしょですのでえらそうなことは言えませんが。でもやっぱり美術館は絵を心から楽しみたいという人たちに来て欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三月のこの一本は! | トップページ | 思い切って新しく »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ