« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

まるで居酒屋

Rimg0008  月末ですし、ゴールデンウィークの日曜日でお店もお休みということもあり、昨日は家飲み。ダイエットもお休みというか、自分への御褒美で休日は好きなものを食べることにしております。

 とはいえ、やはり多少はカロリーが気になるのでしてツマミも自分で作成。家居酒屋メニューであります。焼き鳥はさすがに近所の鶏屋から購入、そのほかは手作りで。肉じゃがは連れのお方作、海鮮中華サラダとイカ納豆冷奴は僕が作りました。

 やっぱりただ惣菜買ってくるよりちょっとひと手間かければぐっと美味いというもの。海鮮サラダにはかんぱちの刺身と赤貝の刺身を乗せてルッコラときゅうりにゴマ風味のドレッシングを作ってかけたものでして家ならではの豪華さ。イカ納豆にもモンゴイカの刺身と紫蘇とみょうがをふんだんに。この冷奴はビールにも日本酒にもばっちり、たまらんです。いやあ、家飲みもこれならいいもんですなあ。

2007天皇賞

 あの悪夢の皐月賞から二週間。辛い時期も通り越し、やっと正常に戻った気がいたします。これをバネにしてもっと真剣に打たなければ(・・・それでいいのか!)。

 天皇賞は軸が決めにくいのですが、僕としては前走位置取りで失敗したのではないか、と思われるデルタブルースでいきたいです。なにしろ、岩田自身が乗り方しだいで勝てたと言ったらしいですから、今回は早め早めで前に行くと思われます。やはり今の京都は前が止まらない。となればデルタに勝機ありとみます。アイポッパーはいいと思いますが、3着固定で。

三連単フォーメーション

1着 15番

2着 2,3,10,11,14番

3着 6,8番

1000円づつ 10点 一万円で。

馬鹿騒ぎ

Rimg0005_6 昨日、自転車で神楽坂の歯医者に行きその後に高田馬場のカレー屋で野菜カレーなんぞを食べておりましたら、外がなにやら騒がしい。カンカンと鐘の音とけたたましいサイレンの音がどんどん凄くなってきまして、なにごとかと会計を済まして外にでますとちょうど早稲田通りと明治通りのぶつかる 交差点で交通規制がされていました。そして、上空にはなんと10機ちかくのヘリコプターが旋回し、交差点の近くまで煙が。明治通りの先が煙って見えなくなっておりまして、大きな火災が発生しているということをそのときやっとわかりました。

 それにしても報道関係なのでしょうが、異常すぎるぐらいの数のヘリコプター。それみていたら気持ち悪くなってしまいましたよ。まるで、テロでも起きたのか、と思いましたもの。あとでニュースを見てみると明治通り沿いにあるスーパーが火事だったということですが、今の報道ってやっぱりただの野次馬なんでしょう。ちょうど時間も夕方4時半まわったころだし、夕方のテレビニュースに中継で間に合わしたいということなんでしょうがそれにしてもね、なんか祭りにして喜んでるだけなんじゃないかって思いますよ。確かに都心で火災というと大変なことなんでしょうが、大騒ぎしすぎですね、まったく。

自転車に乗って

 ここ1ヶ月半諸事情によりお休みしていた歯医者さんに本日はこれから行きます。当然、ここは我家から歯医者さんのある神楽坂まで自転車で。距離にして8.5キロ。帰りは神楽坂から中野のお店まで7.3キロ。トータル約16キロの行程のサイクリングはなかなかいい有酸素運動でありましょう。

 この現在地から目的地までの自転車ルートおよび走行距離がいまはPCであっという間に解ってしまうのでして、こういうサイト(MAP FAN WEB)が使えるというのは実に便利な時代ですねえ。これでルートを調べておけば間違いないですしね、距離を把握しておけばどれだけ走ろうかという計画も立てられるというもの。やはり、21世紀はダイエットも計画的に遂行という訳です。

 まあ、以前に走った感じでは約40分ぐらいで神楽坂に到着。中年の僕としてはなかなかいい汗をかくことになります。ちなみに、体重の減り方は現在まで順調。4月1日からですから、月末にはその推移をまたご報告いたしましょう。では。

うっかりしてた!

2006 Nathalie Loriers-Chemins Croises/L'Arbre Pleure

 うっかりしておりました!マイフェイバリットピアニストの一人ナタリーロリエのニューCDがすでに発売されていたとは。しかも昨年に。調べてみると今回は中近東よりのジャズに仕上がっているらしいです。民族楽器をいれた変則クインテットによる2006年の録音盤。これは一大事でありましてね、なにしろ僕が店を休みにしてまでライブ(2003年に一度だけ来日)を聴きにいったピアニストは彼女とブラッドメルドーしかいないですから。ベルギーの才媛、ナタリーロリエはもっともっと評価されるべき人なのですが、日本ではほとんど無名。しかし、しかしですよ、この感性、この新しい表現を聞かないのはもったいなさすぎる!今回もガッツプロダクションのブログを読むだけでもかなりわくわくしてきます。でも、よかった!しっかり活動していてくれて。ほんとめちゃくちゃ期待しているピアニストなんです。ということで、本日これから新宿に買いにいかねば。

SPRING IS HERE

Rimg0004_7  毎年恒例、今年も春のパスタ、ボンゴレビアンコを遅めのランチで作りました。買ってきたあさりがいい大きさで粒が揃ってまして、これは美味しいボンゴレができると僕は上機嫌で料理。今年初ボンゴレはジュースもたっぷりの旨味あふれるパスタでありました。

 とにかく僕の中ではボンゴレは春のパスタ。旬のものでありまして、これを作り食すとまた一年経ったのかと思うのであります。あさりはこれから夏までが身がふっくらとして絶品。リゾットにしても最高でして、今これを食べないのは実にもったいないと思うのです。春のあさりでクッキング、なぜかウキウキした軽やかな気持ちになってくるのです。

THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES

Rimg0005_5  日頃の運動不足をいかに解消するか。昨晩は仕事場のお店がある中野5丁目から自宅の野方まで夜のお散歩、ウォーキングであります。自転車ですとわずか15分、3.3キロの道程ですが歩くとどのぐらいかかるのか、それも興味がありまして深夜に中年男がリュックしょって颯爽と出発、時間は2時35分であります。

 いくら男とはいえなにかと物騒な昨今、やはり暗い夜道はちょっと危険、ということで細い路地は使わず大通り沿いに歩きまして、早稲田通りを高円寺方面に向かい、環七を右折し野方方面へ。昨晩は気候もよくなかなか気持ちの良い夜でありまして、さすがに深夜ですからね、ほとんど歩いている人も自転車の人もいない。もちろん自転車では毎日こういう時間に通るのですが、歩いているからこそ見えたり、考えたりすることが新たにあるわけでラーメン屋の野方ホープもカウンターには客一人、なんか不思議な雰囲気が漂っているのであります。

 ちょうどその前にかかっている歩道橋を渡り、上から午前三時の環七を一枚。東京ならではの光景でしょうか、深い眠りについている人の脇を眠らない人たちが絶えず通り抜けていく街。ちょっとSFチックな香港の深夜の光景にダブって見えて、この時間のこんな光景もなかなか悪くないなと思いました。

 そして野方の駅から商店街を抜けて新青梅街道を渡り我家へ。心地よい汗をかいて到着、時間にして約40分でありました。到着時刻は3時15分、深夜の東京ウォーキングもけっこういい運動になり、そして新たな発見もありと面白い体験でありました。

現在、体年齢45歳

Rimg0004_6  毎日計っております。ここ一週間はちょっと停滞気味。もちろん、節制を怠っているわけではないのですが小休止ですね。ただこの身体組成計を使うとほかにも解ることがありまして本日はそのお話。

 このカラダスキャンという計は体重だけではなく体脂肪率と骨格筋率がでるのですが、これが解るということはどういうことなのか。

 体脂肪率とは体重の中で体脂肪の占める割合なのですが、僕みたいな中年は体重だけ落としてもこの体脂肪率が落ちないと隠れ肥満ということになってしまいます。本来いらないものを身体の内側に溜め込むのですからいいわけないのでして、これが糖尿や高脂血症の原因になるのですね。ですので、体重を落としながらこの体脂肪率を落とさないといけないのです。では、どうやって落とすのかといえば、これは運動など身体を動かして落とすしかない。

 また骨格筋率というのは体重のうち骨格筋といって身体を動かすための筋肉の重さが占める割合のことでして、これは逆に上がっていくほど良く、当然運動によってこの割合を増やしていくのが望ましいらしいです。そして、この骨格筋率というのは加齢によって下がっていくものらしく、基礎代謝の減少に大きな影響があるそうです。つまり、筋肉というのは使っていなくても一日かなりのエネルギーを消費しているのですね。ですから骨格筋率が高ければそれだけエネルギー消費も高い。しかし、加齢で筋肉量が減少すればエネルギー消費が落ち、ひいては基礎代謝も低下してしまう。低下したらその基礎代謝に必要な食事量に落とさないといけないのですが、それができないから余分なエネルギーを体内に蓄積して肥満になるそうです。いやあ、勉強になるなあ。

 ですから、なにもしないで年を取りそれなりに生活を改善していかないと体形が崩れて、内臓脂肪が蓄積されていくのは当たり前のことなんでしょう。僕の42歳というのはまさにこの岐路に立っているのでしてやはりこれからはある程度の節制と適度な運動というバランスをちゃんととっていかないといけないでしょうね。現状、食生活の節制はすこしづつ効果がでていますので、あとは継続してやる運動でしょう。自転車で通勤をしておりますが、そのぐらいじゃ足りないので毎日腹筋と腕立てぐらいやらないとね。そうそう、このカラダスキャン、体年齢というのもでるのですが現在僕は45歳、実年齢より3歳上だそうです、くやしー。先ずは、実年齢越えを達成しないとね。日々努力であります。

今日はゆっくりと

 あれから一週間。今日はG1はありませんでしたがチョコチョコ遊んでおりました。結果は負け負け。まあ、ちょっとリハビリが必要でしょうか。

 本日の競馬では珍しい催しが。第一回ジョッキーマスターズというレースがありまして、これは引退した騎手がレースをするという初の試み。もちろん馬券は売りませんでしたがね、いい企画じゃないですか。河内がいて、岡部がいて、加藤、安田、的場、と名ジョッキーが顔を揃えてレースなんて素晴らしいですなあ。ただ残念だったのはテレビで中継しないのね、これ。東京最終レースのあとに第13レースに組まれていたのですがこういうのをちゃんと中継するぐらいのね、太っ腹なところがないとなあ。競馬人気が落ちているのをこういうので盛り上げようというならそのぐらいの番組枠をJRAは買わないと。まったく、相変わらず詰めが甘いのであります。

 まあ、JRAのサイトでその中継のビデオをPCで見ることができましたので良かったのですが。興味のある方はこちらからどうぞ。

 第一回ジョキーマスターズ

きた!最新兵器

Rimg0004_5  届きました。オムロンのカラダスキャン、体重体組成計であります。早速使用してみることに。すると・・・ここで一つ発覚したことが。

 それは、この最新の体重計で量るといきなり昨日の体重より1キロ増の数字がでました。あらーこれはやっちまったか!と思い、いやそんなことはない、昨日も節制して夜もほとんど食べなかったはずと思い再度計測。数字変わらず。うう、これはいったい?

 ふと思ったのは昨日まで使っていた体重計、疑惑の目が向けられそっちにも乗ってみることに。すると、今度はぴったり先ほどの数字より1キロ減の数字。ああよかった!ということは今まで1キログラム少なく計測していたことになるわけで、4月1日に計り始めた体重71.4キロは72.4キロであった!!という驚愕の事実も判明。うーん、確かに2キロはここまで減ったのですがそんなに重かったのかとびっくりであります。ですので、今までの記録はすべて1キロ増で修正いたしまして、本日正確な体重は70.4キロということになりました。

 それにしてもかなりやばいところまでいっていたわけでこれはダイエットを始めてよかったのは言うまでもありません。そして、この最新兵器なのですがそのほかに計測した数値がでるというのが普通の体重計とは違うのでありますが、今説明書を読んで勉強しております。体脂肪率や基礎代謝についてのことをちゃんと理解しながらダイエットということでいよいよ本格的になってきましたぞ。けっこう楽しんでおりますです。

贅沢な平日の昼間の過ごし方

 本日は連れのお方の職場の先輩がお二人ほど我家に遊びに来てくれまして、僕は朝からランチの担当。天気のいい平日に午前中から自転車に乗って買出しへというのもなかなか気持ちのいいものです。近くのわりと高級食材のあるスーパーへ。チコリやイタリアンパセリ、スルメイカ一ぱいとエビ、それにホタテ、あとシャンパンビネガーやバゲットなどを購入。そしてまたまた近所の高級鮮魚屋で天然の真鯛の刺身を購入。ああ、真昼間からバシバシ高いものをまた買ってしまいました。

Rimg0004_3  それで、なにを作ったのかといいますと、天然真鯛はカルパッチョにいたしまして本日はシャンパンビネガー風味のサラダ仕立てで。付け合せのサラダはキュウリ、ニンジン、チコリ、水菜をレモン汁とヴァージンオリーブオイルのドレッシングで合えてあります。この天然真鯛はほんと美味。ランチにいいのか!こんないい食材使って!!と今回は暴走モード突入であります。やけ食いという言葉がありますが、僕の場合はやけ料理かね・・・はて。

Rimg0005_3

 そしてバスタはこれまた先ほどの魚介類をふんだんに使ったペスカトーレをつくりましてまたまた暴走。なにしろ、アサリ、スルメイカ、エビにホタテとこれでもかと投入。これだけの具材なんですからソースが美味くないわけがない。トマトソースは前日に店で作って持ち帰ってきたものを使用してニンニクで香りをつけアサリを白ワインで蒸した中に加えてまろやかな味に。彩りにイタリアンパセリを乗せて完成です。

 お客様と連れのお方も大喜びで、僕も一安心。というか、これはほとんど僕のフラストレーション解消法でもありますね。とにかく、金を気にせず(って後になって青くなるのですが)作りたいものを作るというのは気持ちがよろしい。それで美味けりゃなおよろしい。平日の昼間にこんな贅沢な・・・というのもよろしいねえ。

模様替え

 ちょっと気分を変えようかと。ちょうどこのブログにしてから2年という節目ですし、ねっ、女の子が失恋したら髪をきろうかなあ、と思うようなものです。

 それでちょっとバーらしいデザインに。とはいっても、内容はあいかわらずでまいります。今はダイエットでしょうし、食にも酒にもこだわっていきますし、もちろんジャズももっとつっこんでいきますよ。ええ、ええ、わかってますとも、競馬もほどほどに、とはいえこれをバネにもっと真剣に予想(いや真剣にインプット・・・ね)いたします。

 ではでは装いも新たな「酒ジャ薔薇」をそこんとこ、ヨロシク!

先ずは道具よ、大人は

Omron  連日ダイエット話ですみません。とにかく僕ははまるとそれに集中してしまう性格なのですね、ですのでお許しを。

 さて、そんなこんなでカテゴリーも新たに「ダイエット」を新設。とりあえず、目標に向かってどのような道程を歩むのか、はたまた途中で挫折するのか、これからあたたかく見守ってやってくださいませ。

 で、本日も衝動的、計画的、開き直り的、発作的にオムロンの体重体組成計をネットでボタンをポン!ご購入と相成りました。うわー、なにやってんだ、ええい、ままよ、どうせ俺は関東一のアンラッキー男さ・・・すみません、ちょっと取り乱しましたが、人はなにかを悟ると己を鍛錬する道を目指すものなのでしょうか。

 まあ、そんなことよりこのSFチックな体重計のようなものはそうとう凄いものらしい。なにしろ、機能をざっと書きますれば、内臓脂肪レベル表示、基礎代謝表示、骨格筋率、体脂肪率、BMI、体年齢、そして体重とここまでの測定ができる超優れものであります。うひゃーこりゃ医療機器なみの凄さ、宇宙船間ヤマトのアナライザーみたいでありますなあ。もう、ダイエットに怖いものなし、お堀は外から埋めていくと攻略はなおよろし。へへへ・・・ほらほらもうすでに俺の手の中にダイエット成功はあるのさー・・・と何かから目を背けているわけではありません、絶対・・・ええ。

こちらは順調

Rimg0004_2  左の写真、これは僕が現在使っているダイエット管理のソフトでして、現在画面下のグラフのように順調に降下中。4月1日から本日4月17日まで2キロ減に成功。設定目標まではあと7.4キロ減でしてまだまだこれからでありますがこうやって目に見えて効果が表れるのは嬉しいですね。

 とにかく体重計にほぼ毎日乗ってソフトに打ち込んで管理をする、これもダイエットには必要なこと。こうやって自分をちゃんと客観的に見ているうちに無駄な食欲を防ごうという意識が高まっていくのです。ある意味暗示にかけるということでもありましょう。そしてがんばろうという気持ちにもなってくるというもの。

 まあ、こうしてブログに書いているのも僕としては意志がぐらつかない様に、ということでもあるのですがね。気持ちが前に向いているということとも繋がり、やはり何か目標に向かって努力するというのは一種の快感でもあり、この気持ちよさを習慣化すると目標は達成しやすいようであります。ただね、これ常に持ち続けるのが大変なわけでして、そのために僕はこんな道具を駆使しているのでしょうね。興味のある方はこのサイトからフリーソフトが入手できます。mushroomsoft

落語のような一日

 まあなんといいますか、やっと心の整理がついたのですが人生にはこういうこともあるのでしょう。ほんの一瞬夢を見ましたが一気に奈落の底へ。

 ほんと決まったときはよっしゃあと思ったのですが、それもまさかあんな配当とは思いませんでした。なにせ16000倍ってよく解らなくて最初は16万勝ちだと思って大喜び。しかし、よくよく考えてみるとこれは160万だということで大騒ぎ。それで友人O氏に電話するとなんとなんと彼も三連単当たっているということでこれまた大騒ぎ。それから急に心配になりましてPCの打った履歴を見てみるとその時点では間違いに気づかず、よし大丈夫と。そのうち電話のO氏がPC上で入金確認できたと大喜び。おお、それなら僕もと見たら・・・・あれ!なんで入金ないの?となんども更新ボタン押してみますが・・・よくよく見れば軸にした1番をよりによって、こんなところで11番で打っていた、というわけです。

 いやあ、なんなんでしょう。レース番号間違えるとか打ったつもりが打っていなかったというのはありましたけれど、こんな間違いは初めてでしかもこんな大馬券の時にこういう間違いとは。うーん、現実がわかった時は放心状態でありました。長いこと競馬やっているとこんな悲劇も体験するのねー。

 ただね、今思うとこれはやはり自分がどこか浮ついていたのかな、と反省するところもありまして、またプライベートで素晴らしい運を手にしたばかりでさすがに神様もちょっとへこませてやれ、と思ったのかもしれません。そりゃ160万ですからね、取れりゃ嬉しいしお金もあれば助かるのですが、考えようによっては予想はズバリ当てたのだし、ゲームで参加している仮想馬券の会ではすでにこれなら競馬王確定だろうし(たぶん初競馬王間違いなしだなあ)、金額も160万ならね、車一台分ぐらいなんだしこれで人生棒に振ったというほどでもなし(もし1600万だったらと思えばあきらめもつく・・・かしら)、一番は運をココで使わず次回に溜めたと思えばまた今日から希望があるというものでありましょう。

 こういって自分を納得させてまたチャレンジしていこうと(それはまた競馬かい!)心に決めたのであります。

皐月賞結果

 大変悲しいことが・・・・。予想が当たり160万が取れたと思ったら。。。嘘のような本当の話。打ち間違えました。

 一番を軸にしたつもりが十一番が軸になっていました。ほんと、言葉が出ないわ~。16000倍の馬券なんて人生でいったい取れることが今後あるのでしょうか。ぬか喜びした後の大ショック。

 ですが。。。。気を取り直してこれも神様が決めたことなんだと納得するしかありませぬ。

2007皐月賞予想

 先週はジョッキーの差で涙をのみました。やはりアンカツは役者が違う。それにくらべて四位のあの乗り方、2度もぶつけてねえ、なんでしょうか。と、ぐちを言ってもはじまらず今週は気持ちを切り替えてまた予想いたします。

 さて、皐月賞は桜花賞のようにダントツに抜けているという印象の馬はいませんね。その中でやはりアンカツのフサイチホウオーと武のアドマイヤオーラ、の2頭なんでしょうがこの2頭で決まることはないだろうなあ。もっと穴がつっこんでくる予感が。ただ逆にこの2頭どっちも飛ぶとも考えにくい。これはどちらかを軸にする(三連単マルチのね)のが妥当な考えでありましょう。

 で、僕としては今週もアンカツでいいんじゃないか、という結論。それはやはりこの馬の勝負根性ね、大きく引き離すということはないですが確実に小差でも勝つというところ、実は大舞台ではこういう競馬できる馬が軸にはいいのです。連に絡むならこれでいいはず。それとこの馬はやはり成長途中。このレースでさらに大きくばける可能性もあり。オーラはというと、もちろん可能性高いのですが力強さという点ではホウオーに一歩譲る感じがしまして、場合によっては馬群にずぶずぶ沈むということもあるかな・・・と。ですので紐にしました。

 さて、伏兵は多い。ですのでここはたくさん流すしかない、わからない、ということで以下のように変則的な買い方を今回はします。

三連単1頭軸マルチ

軸 1番

相手 5,6,9,16,17番 100円づつ60点 6000円

三連単フォーメーション

1着 1番

2着 2,8,15,18番

3着 5,6,9,16,17番

1着 1番

2着 5,6,9,16,17番

3着 2,8,15,18番

100円づつ40点 4000円

合計1万円。 ウオー、ウオー、ホウオー!

経過の続き

 とにかく耐えるしかない。というか習慣になっているイメージを取り払うしかないのです。本当に空腹ではないのにイメージが喚起することによって腹が減っているように錯覚してしまう、ということであります。何度も言いますようにこれはタバコの禁断症状もいっしょ。体内では一ヶ月もタバコを止めていればニコチンの中毒というのは消えているらしいです。ただ吸っていた時のイメージが頭にこびりついていて「吸いたい!」という気持ちがいてもたってもいられなくするのですね。これはダイエットも同じなのだと思うのです。

 とにかく夜中の2時過ぎになにかを口にする、という習慣をまず直すこと。そしてそのためには空腹感が頭で作られていることをちゃんと認識して、その上で箸を持つということをするとなかなかバクバクいけなくなるものなのです。ですので、とにかくそのリズムといいますか、べつに深夜になにかを口にしなくてもイライラしない状況を逆に習慣化すること、それが先決です。

 ですので、周囲の悪いお誘いに乗らない、本能のままに動くことをしない、そして成功した姿をイメージする、これであります。本日、昨日より400グラム減、4月1日より1.4キログラム減、今のところ順調。

経過

 4月1日より意識的にダイエット開始。この約2週間仕事が終った深夜2時過ぎに食事やつまみを取るのはやめてます。食べるとしても酢の物とかサラダだけ。これは禁煙と同じで2週間にもなると身体もやっとなれてだいぶラクに。それで現在どんな結果かといいますと、一応2週間で1キロ減。このままこの生活が守ることができれば必ず成功すると思っております。目標はあと8キロ減、さてどうなりますやら。

遠い記憶が包まれている

Rimg0005_1 ここのところ諸事情でなかなか外で食事とはいかないので仕事前には家飯であります。昨日はテレビに映っていた餃子に一気に心惹かれ(こういうことがやたら多いのですが)晩飯のメニュー即決。自分で作るべくスーパーに買出しに走りました。

 餃子、といえば思い出すのが台湾留学。僕は今から約20数年前に台湾に半年ほど留学した経験があるのですが、そのときに本場の餃子に出会い日本であたりまえの餃子との違いに少なからず驚いたものです。なにしろ、ご存知のとおり餃子といえば中国では水餃子。焼き餃子は鍋貼といってあることはありますが基本は水餃子であります。そして、その水餃子にはニンニクは入っておらず、じゃあニンニクはというとテーブルに皮をむいたものが山盛り置いてある。それを生のままかじりながら水餃子を食べる、という豪快な食べ方には目が点でありました。留学仲間はべつになんにもしなくても精力満々な20歳ぐらいのガキですからね。これ以上精力つけてどうする、という荒業でしたがそのうちになれてバクバク生ニンンクをかじりながら水餃子を食べたものです。

 また当時台湾の学生街の小さな水餃子を出す店というのはお粥はあっても白飯はない、というか水餃子でご飯を食べるというのは日本的食べ方だということを知りました。むこうの人たちはそのまま水餃子を上記のようにニンニクといっしょには食べますがご飯のオカズという考え方はないのね。ですのでそういう店でごはんくれ、といってもお粥しかない(当時の僕らの行っていた店では)。でも日本人ならやっぱり餃子にはご飯食べたいじゃないですか!それで、僕らはその店の隣にある自助餐廳(ツーチューツァンティンと読む)というセルフサービスでオカズやご飯を買える店で白飯(といってもタイ米だが)を買い、それを強引に餃子屋に持ち込んで台湾人に変な目で見られながら餃子をぱくついたものでありました。

 そんなことを思い出しつつ久しぶりに作った餃子は最高に美味かったのでして、これは宇都宮には負けんなと自画自賛。これでビールがあったら最高なのにな、と思いながら仕事前なので我慢しながら絶品の餃子に舌鼓をうったのでした。

継続

Rimg0016_2  昨日は昼間に鎌倉へ。父親の絵の個展を見に行ってきました。この場所での個展を毎年春と秋に年2回、今回で39回目であります。

 第39回というのですからここでもう20年もやっているということになるわけで、何事にも粘り強く執念的な父親らしく継続は力だなあと感心。80歳にしていまだ枯れることのないこの人、我が父親ながらたいしたものだと思います。

Rimg0014  ひとつのことにたいして徹底的に追求していく、こういう父の背中を見て育ったからでしょうか、僕の音楽や食へのこだわりみたいなものも影響なんでしょうね。まあ、僕のほうはまだまだ形になっちゃいないわけで今までインプットしてきたものが少しづつでもこれから形にしていけたら、こういう父親の活動のようなライフワークを作らなければと思うのであります。人生いろいろ、豊穣なものにしないとね。

つまらないことではあるが

 先ほど、お客様のYさんのブログを見ていたら新しいマウスを買ったという話が書いてありまして、そういえば僕のマウスも随分使いづらいマウスだったなあと手元をちらり。なぜかといいますと、このPCを買った時(約1年半前)についてきたマウスがいきなり調子が悪くてそれまで使っていたノートパソコン用のコードの短いマウスをとりあえず代用で使用しました。代用だったはずなのに結局そのまま使用し続けまして、デスクトップのタワーにコードの短いマウスですからそりゃストレスが溜まるわけです。ところが僕はこういうストレスを溜めながらいつまでもそのままでうっちゃるクセがあるのですね。

 レジスターを買い換えた話もそうなのですが換えるならもっと前にさっさとやりゃいいものを、いつまでもストレスと格闘しながらうじうじ使うのね。そしてある時にはた、とこれじゃあかん、何か手を打たねば!ということになりそこでやっと動き出すのです。なにかに興味をもったことへの対応はかなり早いのですが、その興味がでないとほんと動かないのでして、これはサラリーマン時代から変わらないみたい。よく上司に「君は興味のあることは人より進んでやるのに興味がないとさっぱり動かんなあ」とよく言われておりました。

 そんななんで、なにかストレスを抱えていてもその物事に興味がなければほったらかす悪い癖があるのであります。そのマウスにしてもYさんのブログを読んでいたらマウスの構造に急に興味が出まして、そのほったらかしにした最初についてきていきなり使えなかったマウスをまず押入れから探し出しました。そして、おもむろにドライバーで分解、そして中を調べてみますと・・・・なんのこたあない!マウスが接地するボールの動きを伝える歯車の軸が軸を支える穴から外れていただけ、なのでありました。ですのでその穴に軸をポチンと指で押し込めてやればボールの伝える動きを歯車がちゃんとかんでスムースに動くようになったわけで馬鹿みたいなお話です。

 じゃあ最初からマウスの構造に興味持てばいいじゃない!と思うのですがね、これがいつ僕の中に起こるかわからんのですよ。一応気持ちの中ではなんでも常に興味を持っていないといかん、解っちゃいるけどやめられない(って何?)。結果、マウスにしてもレジスターにしてもストレスがなくなり実に快適。これはつまり僕にとってのストレス解消とは、興味のもてないことに対していかに興味を持つか、ということが鍵なのでありまして、今回も改めて反省、日々何事にも率先して興味を持って向かっていこうと手元のスムースに動くマウスを見つめて思うのでありました。

これはインパクトあるなー

Rimg0004_1  やっぱり競馬に絶対はないのです。かなり自信を持って臨んだ桜花賞でしたが・・・・結果は1着2着が逆になってしまいました。ウォッカが負けるとはねえ、万が一とは思いましたがあの馬券で裏目まで押さえるのはちょっとなあ。まあ、しょうがないでしょう。ばっちり3着当てて、しかも10点という三連単ではものすごい確率まで絞ってだから予想としては上出来、次に期待であります。

 さて、その桜花賞の前日、僕の店では恒例となった仮想馬券の会(別に名前が無いので・・)の半年に一度の納会がありました。前にも書いたことありますが、これは春と秋のG1レースを予想して参加者で優勝を決めるというもの。実際には馬券は買わず(僕は買うが・・)一回一万円の範囲でそれぞれ好きにそのG1レースの予想をしてそれをレース前にまとめ役のKさんにメールをします。そして翌日か翌々日にその結果と集計が返送されてくるというゲーム。春と秋2回ありまして今回は昨年秋の優勝者を祝う会であったのです。僕は下から数えたほうがはやい、という順位だったのですが参加賞?としてとても素晴らしいもの(僕にとっては)をいただきました。

 これはディープインパクト有馬記念優勝の時のゼッケンをバスタオルにしたもの。ちゃんと馬の背にかけるように左右対称になっていて、しかも形までラウンドしています。これは傑作ですなあ。シャワーのあとにこれをひっかけて出てくる図というのはどうなのかしらん。というか、これは娘のおくるみに使って府中に行けということなのか。まさにディープな意味が隠されているバスタオルであります。

2007桜花賞予想

 今年は1頭ずばぬけて能力が抜けている、これはしょうがないですね。競馬ですからいろいろな不確定要素はあるでしょうがそれでもウォッカに死角というものは見当たらないといってもいいのではないか。そのぐらいこの三歳の牝馬の中において存在は別格でありましょう。ジョッキーの四位にしてもよほどのへまをしない限り勝てるのではと僕も思います。ですのでウォッカの1着固定、これはいいでしょう。

 問題は2着、3着なのでありますがこの2着争いもやはり残りの中で武のアストンマーチャン、アンカツのダイワスカーレットの二頭の力が抜けている、これもいたしかたないか。ウォッカがいないと仮定すればこの二頭を蹴って買うことはできないはず。であるなら2着の固定もこの二頭でいいわけです。

 で、3着なんですがいくらなんでもこの三頭だけで決まるなんていうのは馬券買う意味がないのでして、さすがにこの3着に穴が突っ込むという予想をしないとね。ですのでここはちょっと予想外なのが来てくれないと面白くないのでして僕としては絞って以下の5頭にいたしました。

三連単フォーメーション

1着 14番

2着 15,18番

3着 3,8,9,10,13番

10点 1000円づつ トータル10000円

このぐらいで決まるはず。今年は大荒れはしないとみました。さてどうか。

春の香

070407_134922   昨日のお通しはたけのこの木の芽和え。今が旬の新たけのこ、スーパーでも見かけるようになりました。やはり旬のものは香も味もいいですねえ。この新たけのこにあっさりとした出汁と醤油を煮ふくめて、木の芽をすり鉢ですったものをを加えた練り味噌(西京味噌)で和えました。木の芽の香と若草色になった味噌でまさに春の味。日本人だからこその季節感、毎年味わいたいものであります。

またもや出費・・・

 先月、店の冷蔵庫がもうだめで新しく購入、ということを書きましたが今度は店のレジスターが調子悪し。だましだまし使ってきましたがこれがさすがに限界というところまできてしまいました。うーん、やっぱり壊れる時はいっぺんにいろいろなものがだめになるものなんですね。(実はエアコンの室外機もやたら振動が出始めています・・・怖い)

 もう、しょうがありません。先ほどネットでリーズナブルでちゃんと使えそうなレジスターを探しましてまたまた購入ボタンを押してしまいました。楽天の思う壺でありますが商売道具ですからね、とりあえずすぐ使えないとまずいわけで今月も出費が。ただレジスターってもっと値段が高いのかと思っていましたがちゃんとした家電ブランドメーカーのものがかなり安いのね。これだったらいいや、と思ったわけでしてスーパーで使うような商品別に打ち分けるわけでもなし、最低限のものがついていて一日の売り上げ合計が出るという一昔前だったらこれだって相当な値段したものが一万円台で買えちゃう今の世の中、ありがたいことでございます。

 それにしても思いついたらネットで商品調べて、ネットで価格比較して、ネットで即購入。便利だけど気をつけないと、ばしばし買い物しちゃうのであります。ですのでカード決済だけはなるべくしないようにしておりまして財布の中身をちゃんと見てからボタンを押すようにしないといけませぬ。ご利用は計画的に・・・ですね。

別れ

 新しい命が誕生することもあれば、一つの命が終っていくこともある。 本日はこれから大変お世話になったピアノの調律師さんのお葬式に行ってきます。

 お店にピアノを入れてからここ最近まで約4年間、年に数回の調律をお願いしてきました。この調律師さんは素晴らしい技術を持った方で、日本の有名なジャズピアニストやライブハウスの調律では有名な方。ある縁でなぜか僕の店のピアノまでみてくれまして、いい音に毎回していただいたのです。最近は入退院を繰り返していて、代わりの方を紹介していただきお会いしていなかったのですが・・・・。

 昨晩はその調律師さんが調律したピアノ2台で辛島文雄氏とケイ赤城氏がデュオで演奏したライブのCDを聴いて追悼といたしました。ご冥福をお祈りいたします。

これがアーティストだ!

Mehldau_pat_2  やはり予想以上に素晴らしいアルバムでありました。先週メセニーアンドメルドーのこのカルテットを購入して毎日聴いているのですがまったく飽きることなく改めてレベルの高さを思い知らされました。ここ最近のジャズアルバムではめったに圧倒され心酔できるものはないのですが、これは違う!ビッグネームの二人のコラボレーション、というだけではなく、この二人が融合したからこそできた音楽の世界がここにはあります。そして、それは偉大なる才能のなせる業でありまして誰でもができるものではない、まさにこれこそが芸術というものでありましょう。

 巷の音楽の大半がコンビニエンスで薄っぺらなものが大量生産され大量消費される昨今、こういう職人芸的なものがどれほど貴重であるか、そして誰にも真似できない世界を作れる人たちであるからアーティストを名乗れるのだ、ということがよく解ります。ただの焼き直しで想像力のかけらもなく、ちょっとだけカッコつけられればそんじょそこらのガキが自分で自分のことをアーティストだなんて言っていることがどれだけはずかしいことか。この二人の(というかこれに参加している4人の)演奏を聴けば聴くほどちゃんとした芸術とはこういうものなんだと思いを深くいたしました。

 もはやジャズというジャンルも超越しているオリジナリティな音楽世界こそ、この二人が目指し構築しようとしているものであり常に新しい世界を切り開いていっている姿勢には頭が下がります。メセニーアンドメルドー、これを聴かずして21世紀のジャズは(いや音楽は)語れない、そういっても過言ではないと僕は思いました。

春にぴったり四月はこれ

Bunahabun1966  ウィスキーという飲み物はやはり寒い季節に合うもの、というかイメージがありますね。ですからどうしても暖かくなると、まあ夏場はあまり飲まれないようであります。僕はクーラーの効いた部屋で飲むモルトウィスキーというのもいいなあ、と思いますがだいたい暖かくなるとヘビーな味わいよりもライトなものの方が好まれるみたいですね。

 さて、四月のこの一本は、桜咲く暖かい春にぴったりな軽やかで爽やかなモルトを選びました。ダンカンテイラーピアレスコレクション、ブナハーブン1966、36年ポートカスク。ブナハーブンはアイラモルトでありながらアイラのピーティーな独特な感じが一番薄いモルトであります。ですので、クセの強いのが苦手な方にもお勧めの一本。

 まさに春にふさわしいライトでありながら複雑でスミレのような花の香やかすかなバニラの香、そしてポート独特の甘さ、フルーティーさなど堪能できる素晴らしい一本。アルコール度数は40度と低めですが正真正銘の加水をしていない原酒ですのでじっくりと楽しめます。とにかく36年もののブナハーブン、めったに飲めない珍しい長期ものですのでお早めに。

 当然36年ものだからといって高くはいたしません。今月も儲けは薄く一杯1500円にてお出しいたします。(普通は2500円から3000円は取ってもいいかしら)一日お一人様一杯限定ですが毎日来て飲んでもかまいませんよ。無くなり次第終了となりますのでお早めに!

休日はお手軽に

Rimg0004  日曜日のランチは手軽に、でもちょっと美味いものをというわけで昨日は久しぶりにパスタを作りました。このパスタ、実は二日間、お店で出したお通しの残りをパスタソースにしたもので作り方はとても簡単。

 一日目はもともとはタコのガーリックトマトソース和え、というお通し。ニンニクのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒めたところにタカノツメ、ぶつ切りにしたタコに塩コショウ少々。そこにトマトソースで和えただけの簡単で美味い一品でありました。

 二日目はナスをさいの目に切ったものと、シメジ、椎茸、エリンギの細切り、そしてオリーブの輪切りをオリーブオイルで炒めて、昨日の残りのタコのトマトソースに加えてまたちょい炒めなおし。これまたワインに合うお通しとなったのです。

 そしてその残ったものを持って帰ってきてパスタに合わせたのですがこれがなかなか美味でありまして、タコとガーリックの味がナス、キノコ類と絡まって絶妙なパスタソースになっておりました。これぞ日曜のお昼にふさわしい料理でありましょう。アンチョビやケッパーをまぜても美味いでしょうねえ。十分満足したランチでありました。 

今日はばっちり

凝りもせずまた東西メインを打ちまして、ダービー卿チャレンジトロフィーが失敗。しかし、その後の大阪杯G2をばっちりゲット。ちなみに打った馬券は以下の通り。

三連単フォーメーション

1着 3番

2着 8番、9番,10番

3着 1番,2番,6番

9点に600円づつ 合計4500円

 このサムソン1着固定はいいとして、2着と3着、どうしてこういう決め打ちをしたのか?これには理由があります。

 日刊ゲンダイの土曜日に「止まり木ブルース」という競馬予想小説というのがありまして、この予想がほんと当たらないのです。しかも、紐抜けや軸違い、たて目という指の間からすり抜けるような当たらなさ。これをちょっと利用いたしまして、ちなみに昨日のここでの予想は三連単サムソン3番1頭軸マルチ相手8,9,10番の18点。

 ここで僕は考えたのでして、これはきっとサムソンは来るだろうが相手は8,9,10の三頭の内2頭が3着までをしめるということはありえんだろう、きっと8,9,10のうちの1頭がきてもう1頭はそれ以外に違いない、とふんだのであります。

 たしかに8,9,10のアサカディフィート、コスモバルク、シャドウゲイトはきてもおかしくはない。ここはバシッと決め打ちするには2着に固定してしまおう、そうすれば3着はそれ以外の穴馬を3頭ピックアップすれば9点に絞れるという考え方をしました。11頭立てとわりと少頭数でしたから残りは7頭から可能性のありそうな1,2,6番を3着固定に決定。

 結果は見事ゴール直前で10番を3番がかわして1着2着が決定、3着は2番が粘るところを人気薄の6番が差しこちらも完璧。まさに「できた!」という思い描いたとおりに決定。1着2着が一番人気二番人気で決まったにもかかわらず3着メイショウオウテが8番人気、三連単は13080円もつきまして600円買ってますからね、約78000円の戻り。そのあと勝っていたのでまたちょい打ちまして最終負けたりしましたが純利益約60000円なり。

 やっぱり競馬は当たると楽しいなあ。しかも予想通りに決まるということなし。さて、いよいよ来週は桜花賞、春のG1シーズン開幕で軍資金もできたし言うことなしであります。(はたして来週も笑っていられるのか?!)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ