« 目から鱗のトマトかな | トップページ | 弘法は筆を選ばず・・と言いますが »

目を閉じて飲んで欲しい

Jinn_1  僕の信条、といったら大げさなんですが常日頃心がけていることは「自分が裸の王様になっていないか」ということであります。 これは言い換えれば独りよがりになっていないか、ということでもあると思うのですが、もっと突き詰めていくと物事の本質はいかに、ということでありましょう。

 人間もともと思い込みの激しい生き物のようでして、僕はすぐこれはきっとこうに違いないと解ったような気になってしまうのですが、実はその本質とずれた見識だったりすることも多いのでして40過ぎてからはそう簡単に物事を決めつけない、自分の見識をあまり人に押しつけない、常にその見識にも自分で疑いをもって考えていく、こんなことを注意しているつもりではあります。

 特に権威的なもの、ブランドや有名だからといったものはそういうものをすべて取っ払ってそのもの(事)の本質だけを自分自身でどう味わえるのか、それは芸術、食、思想など様々なことなのですが、そこに少しだけ真実に近いものがあると思っているわけです。もちろん、すべてのことを取っ払って本質を剥きだしにするなんてことは完全にはできるわけもなく、自分自身だって様々な代償行為や無意識の中であるフィルターを通して見てしまっていたりもするのは理解しているつもりであります。でも、だからこそ開き直って己に懐疑的にならずに生きるというのはつまらんなあ、と思うのでしてやはり完璧はないのは解りつつもその本質、真実に近づきたいというのが理知的に生きる、ということではないかと思うのです。

 ここまで偉そうに書いちゃったのですが、そういう外部の情報などをシャットアウトしてまるでブラインドテストして選らび自分がこれはいい!と思ったものを大事にしていきたいと思うのでして、決してそれがすべての人に対しての真実だとは思わないですけれども自分にとっては大切なものになるようであります。それで焼酎の話か、とは大仰なとは思いますがこの原口屋甚衛門、めちゃくちゃなプレミアムがついてうん万円する芋焼酎に勝るとも劣らない素晴らしい味わいにこれぞ真なり、と僕は思っております。こういうことなんだなあ、いい物との出会いとは。有名であろうがなかろうが、売れていようがいなかろうが、マスメディアが取り上げようがなかろうが、値段が高かろうが安かろうが・・・・。こういうことを言っている僕ははたして裸の王様か否(自分の見識を人に押し付けちゃってるかしら)!?(今、店で飲めます)

« 目から鱗のトマトかな | トップページ | 弘法は筆を選ばず・・と言いますが »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

思いこみでイイじゃない!! 裸の王様でもイイじゃない!

理解する上で最も難解なのは自分自身だと思います。自分がわからなきゃ他人やモノも分かる訳ないよな。責めて分かったつもりになるくらいイイじゃない。でないと「全ては無情で…」って武士みたいになってしまうかも…。そんなのやってられんワイ!だし。
私は個人的に好きな人の押しつけは歓迎!面白くて楽しめるからです。人によりますけどね…。あとは押しつけ方とかにもよるかもしれない。

ところで私の好きだったD.BowieのQuicksandという歌の歌詞です(最もヤツの場合は他からの引用が多々あるが…)

自分をしんじてはいけない 信念をごまかすな(←たしかこんな下りだった様な…)
叡智は死の解放とともに訪れる…

云々という歌詞なのですが最後の一行が、当時高校生だった私の心をとらえて離さなかったです。叡智を得たかったら死ぬその時まで待たないといけないと言うことなのですね。
また先の話(かどうかワカランが…)ですね〜〜〜〜。

だから是非是非押しつけちゃってくださいませ!!
楽しみです!!

かん

そうね、いいと思うものはもちろんみんなに伝えたいなあって思うのですがそれが本当にいいものかどうかを吟味することも大事だなあってね。あとね、光の当て方によって真実や本質の見え方は微妙に違うのでして、人の考え方や嗜好、主張もちゃんと聞かないとなあ、と最近思うのであります。ありがと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目から鱗のトマトかな | トップページ | 弘法は筆を選ばず・・と言いますが »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ