« メタボはほぼ脱出したが終わりではない | トップページ | よかった!ほっ »

爽やかなリンゴの香で

1981  今日から6月。これからじめっとした雨季だと思うと気分も湿りがち。ですので今月はモルトウィスキーではなくビンテージカルヴァドスで爽やかな気分になるのはいかがでしょうか。今月の一本はカルヴァドス、ペイドージュ1981、コント・ルイス・ド・ローリストン。シェリーカスクの24年もの。カルヴァドスとはシードルを蒸留して造られるアップルブランデーのこと。このペイドージュとは優秀なカルヴァドスを生産している地区のことでここのカルバドスは折り紙つきの素晴らしいものであります。

 そしてヴィンテージのついたカルヴァドスは普通のカルヴァドスの味わいとは別物といっていいふくよかで奥行きのある味わいがあります。香も上品で実に魅惑的。じめじめしたこれからの季節もこのカルヴァドスの高貴で爽やかな香で気持ちのよい時間になること間違いなし。今回もこの貴重なビンテージカルヴァドスを通常2000円のところ一杯1500円にてお出しいたします。ほんとうに素敵でうっとりする味わい、ぜひご賞味くださいませ。

« メタボはほぼ脱出したが終わりではない | トップページ | よかった!ほっ »

お店のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メタボはほぼ脱出したが終わりではない | トップページ | よかった!ほっ »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ