« いよいよ・・・ | トップページ | すべて異常なし »

燃焼=ジャズ

Rimg0002a 昨晩はお店にてジャズライブ。今回は僕の師匠の門下生4人がプロのベースとドラムをバックにピアノを弾くという趣向でありました。ドラムは上村計一郎氏、ベースは西川輝正氏でアマチュアである僕らの演奏をしっかりとサポート。やはりプロのリズム隊は素晴らしいのでして、安心して弾くことが出来ますです。

 ピアノ4人でありますが、僕を含め皆それぞれ個性が違い演奏スタイルも四者四様。トップバッターの岩崎さんはかっちりとしながら細やかなタッチのピアノを弾き、次の信保さんはジャズボーカルを弾き語りでしっとりと聴かせてくれました。菊地さんは難しい曲を独特のアレンジで素晴らしいテクニックで弾き、お客様を圧倒。

Rimg0005a  そして僕は・・・・まあ自分の思いは出し切るように弾いたかなあ。とにかく、僕の信条は自分の中のものをいかにアドリブでだしていくか、それがジャズであろうということ。ですので、かなりテクニック的に怪しいところもあるし、枠をはみ出してお行儀の悪いジャズだったと思います。多分聞いている人も唖然とした人もいるのじゃないか、とも思うのですが僕の考えるジャズとはそういうものなんですね。僕はプロじゃないですし、いくら様式をなぞったってプロに太刀打ちできるわけないのでして、それだったら自分の中の煮えたぎる熱を出し切るしか対抗できるものはないとも思うのです。つまり、僕のジャズはカッコつけて言えば生き方だ・・と。ピアノも生き方も不器用ながらのあがきなのかもしれませんです。まあ、そんなところを昨晩はなんとかひねり出そうと必死になって演奏いたしました。とりあえず今の自分として昨晩、僕は完全燃焼いたしましたです。

 (お店にて演奏を聞いていただいた皆様どうもありがとうございました、また演奏した方々お疲れ様でした)

« いよいよ・・・ | トップページ | すべて異常なし »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

自分の生き様を
jazzで表現できるなんて
すばらしいですねぇ (^^)v

一度お邪魔したいものです 

いやいや出来ているかどうかはわかりませんです。でも常にそれを心がけて弾こうとは思っています。

超冷や冷やしましたよ。

最後の枯葉はかなり良かったですね、弾き込んでいる感が良く分かりました。

また頑張ってください。

ある意味スリルがありましたかしら。本人はそれほど冷や冷やしてなかったのでありますが。(むしろ熱かった!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ・・・ | トップページ | すべて異常なし »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ