« 本日臨時休業 | トップページ | なかなか走れない »

20070927NHKホール・メセニー&メルドー

Mm  パットメセニー、ブラッドメルドー、カルテットジャパンツアー2007、昨日NHKホールの公演にお店の常連のSさんと行ってきました。一階SS席といういい席でして、半年前から首を長くして待っていたこのジャパンツアー十分に堪能しまして大満足であります。

 とにかく、パットメセニーは大学生の頃からの僕のアイドルといっても過言ではありませんで、それなのになぜか今までライブに行ったことがありませんでした。前々から一度メセニーのライブに行きたいなあ、と思っていたらなんとブラッドメルドーと一緒という超豪華な組み合わせで聞けるというじゃありませんか。、なんたってメルドーはここ最近のジャズピアニストではピカ一に素晴らしく僕の尊敬するピアニストの5本の指に入る人。メルドーは昨年このトリオで聞いたばかりでさらにメセニーがギターで加わるのですから悪いわけがないのであります。

 それで演奏はというと、これはメセニーカルテットだなあ、という印象。もうメセニーの音楽を表現するためにメルドーはサブに徹しているという感じなんですね。最初はもっとメセニーのギターとメルドーのピアノが対等に渡り合うのかと期待していたのですが、メルドーという人はリーダーじゃないとあの独特なアドリブはちょっと影が薄くなるようであります。ですので、途中からメセニーカルテットとして聴けばそれはそれで素晴らしいと思いまして、ましてや僕にとっては初メセニーですからたまらんものがありました。

 不満といえば、ホールコンサートにはつきものなんですけど、マイクでの音の拾い方が極端にピアノとギター寄りというかね、ベースの音が全然最初聞こえなくてバランスが悪かったですね。ジャズって聴衆はもっとナチュラルな音を聴きたいはずなんだけどなあ。ピアノはエコーがかかりすぎちゃってるし、ギターは大きめ、ドラムは高音ばかり強調されてバスドラは聞こえず、ベースもねえ、あんなに控えめじゃあ迫力無いなあ。ラリーグラナディアのベースは素晴らしいのだけれど、どうもミキサーが綺麗な音というのに集約しようとしすぎちゃっているのかしら、とすら思ったのであります。

 まあ、そんなことは彼らの演奏の良さから比べれば別にたいしたことじゃないのでして、メルドーのピアノもやはり自分の作品では彼の独特のアドリブが展開され聴き応えがあったのも事実。メセニーはどんな曲でも熱くストレートにぐいぐいと引っ張り、彼のオーラが出まくっておりました。アンコール前の最後の曲はあきらかにメセニーの曲(これは聴いたことがない曲でしたが)で、ラテンフュージョンのりのテンポのいい曲。メセニーは乗りに乗って弾いてましたが、さすがにメルドーは色が違いすぎちゃってあまりにも浮いていたようです。ソロも短く尻きれトンボみたいになっちゃってたしなあ、うーん、やはりメセニーカルテットだったわけですね。

 アンコールはサービスしてくれて2回、メセニーは終始ニコニコとしてましていい人なんですねえ。メルドーはメセニーはリスペクトしているのでしょうが、僕としてはメルドー聴くなら昨年のほうがはるかに良かったと思いました。ただ、メセニーをこれだけお腹一杯に堪能できたのですから文句はありませんが。とにもかくにも、気持ちのいい素敵なライブでありました。

« 本日臨時休業 | トップページ | なかなか走れない »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日臨時休業 | トップページ | なかなか走れない »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ