« 夏に少したるんだなあ・・ | トップページ | いろいろやってくる秋 »

新酒のにごりワイン

Rimg0001a  9月にはいりワインも新酒がでてくるようになりました。ワインの新酒といいますとたいていボジョレーヌーボーだろうと思うのですが、国産のワインにもこんな新酒もあります。

 昨日ちょっと立ち寄ったワインショップで試飲した山梨まるき葡萄酒の新酒、デラウェアにごりは葡萄ジュースのような果実味の爽やかなワインでありました。これは、収穫されたばかりの葡萄の果汁に酵母をいれてつくったモロミというものでして濁った状態のもの。通常はこれは濾過して樽に詰めて・・という行程でワインなのですが、これはその途中の状態でして、だから酵母が生きた状態で濁っているのであります。

 日本酒では最近お目にかかりますがワインではなかなか見かけません。このデラウェアのにごりは甘口ですが、きりっと冷やして飲むとなかなかの美味。酸味と甘さと実に爽やかな飲み物なのです。この時期にしか飲めないこういう新酒がちゃんと日本のワイナリーで作られ、飲むことができる、そしてそれを楽しむというのも今嬉しいことでありますね。ワインという飲み物が本来こういう原初的味わいから発展してきたんだなあということもあらためて理解するにもいい一本であります。(ちなみにこれは自宅用です。もし店で飲みたいという人がいれば取り寄せます)

« 夏に少したるんだなあ・・ | トップページ | いろいろやってくる秋 »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏に少したるんだなあ・・ | トップページ | いろいろやってくる秋 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ