« ギャラリー→観劇 | トップページ | 貯まった! »

ダイダイダイ♪大吟醸!

Dsc_0024a_2  昨日は連れのお方のうん十歳のお誕生日。じゃあいい酒でも飲みながら誕生日会をやるか、ということで友人のO氏と僕の弟を我家に呼んで鍋パーティであります。

 毎度毎度、何かテーマを持って飲み食いをしているのでありますが(飲み会にテーマもへったくれもありませんが、そういうことが好きなのです)、今回は最上級の大吟醸酒で豚しゃぶを食す会でありました。なぜに、今回は日本酒そして大吟醸なのかと申しますと、これがいたって単純な話でして連れのお方と僕が弟から日本酒の造り酒屋の漫画「夏子の酒」を借りて読みまして、それで連れのお方も僕も大吟醸が飲みたくていてもたってもいられなくなったのであります。もうかれこれ18年近く前の漫画ですが これがけっこう面白く、農業での農薬問題から酒造りの大手のひどいやり方などけっこう勉強になりました。

 何度も申しますとおり根が単純ですから、そうなると俄然日本酒が飲みたくなりまして早速ネットでこれは、という大吟醸を三本セレクト。一つは静岡、開運の19年度品評会金賞の大吟醸、それと福井、黒龍の大吟醸「龍」、さらにやはり19年度金賞の石川手取川の大吟醸であります。普通とても高級で飲めない手に入らないものばかりですがこういう機会ですからここは清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってしまいました。

Rimg0001a_3  味はそれぞれに素晴らしいとしか言いようがなく雑味のまったくない澄みきってキレがあってそれはそれはうっとりする至福の味。かんたんにフルーティーな、なんて表現じゃ陳腐すぎると思うほどの米からできたとは思えない甘く優美な香、さすが魂のこもった酒であります。たまらんです、この開運も黒龍も手取川もね。それぞれの違いをここで言葉にしても無意味なのでしませんがどれもため息がでるほどでありました。

 豚は白金豚、プラチナポークなんても言われますが、これがまた豚なのに甘くて美味でして、しゃぶしゃぶも最高に美味。やはり冬はこういうのに限りますな。それにしても日本酒は久しく二日酔いが怖くて敬遠していましたが、こういういい酒を大量に飲まなければぜんぜん翌朝も大丈夫だということがわかりました。つまりこの年だとどんな酒でも大量に飲めばひどい二日酔いですし、日本酒だって本当にちびりちびりといい酒をやればいいのであります。とはいうものの、昨日も結局全部飲んだ後になぜか焼酎の一升瓶がでてきてそのあたりから記憶は曖昧に。今朝は悪酔いはいはさほどしませんでしたが、あの焼酎は余計だったかも。もっと大人飲みを極めないといけませんなあ。

 

« ギャラリー→観劇 | トップページ | 貯まった! »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます

11月生まれなんですね (^^♪
本当11月生まれ 自分の近くで
多いですよ~
なにを隠そう 自分もです (^_-)-☆

維真尽さんもそうでしたか!それはおめでとうございます。ちなみに僕は来月です。

undertakery scrofulaweed affiliation spongily snakelet firewarden angiospermal perukier
EZ Hitch
http://www.72tec.co.za/

 酒とジャズと薔薇の日々

undertakery scrofulaweed affiliation spongily snakelet firewarden angiospermal perukier
World Trade Organization - Kuwait and the WTO
http://www.dakotastud.com/

 酒とジャズと薔薇の日々

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギャラリー→観劇 | トップページ | 貯まった! »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ