« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

今年もありがとうございました

ただいま実家にて大晦日であります。2007は皆様大変お世話になりました。今年は僕にとって、ちっちゃいのが生まれた大事な年でありました。さて来年は?とりあえず東京マラソンを走ること、ここから何かを始められれば。自分でも楽しみです。ではよいお年を!

これから帰省

 お正月を葉山の僕の実家で過ごすためにこれから出発。といっても、新宿から1時間ちょっとで逗子に着いてそこから車で15分。まあ、通勤圏内みたいなところですからたいしたことはありません。本日より3日までゆっくりとしてこようと思います。お店は5日から、ということで、それでは行ってきます。

本日忘年会です

 今日は毎年恒例忘年会です。今からいって仕込みをしないと。というわけで今日は常連の皆様、楽しみませう。7時からですよ。待ってマース。

今年の営業は今日まで

 本日28日金曜日、今年の営業のラストとなります。ぜひ、皆さんいらしてくださいませ。そして明日は常連さんとの忘年会であります。また、今年もお店つぶれずになんとかやってこれたことを皆様に感謝しつつ、来年もがんばってやっていこうと思っておりますのでまたよろしくお願いいたします。

 さて、来年は1月5日土曜日より営業いたします。5日はザジでもう一度お正月気分をどうぞ味わってくださいませ。お待ちしております。

足元も指先も大事

 先ほど5キロを少しスピードを上げてラップを取りながら走ってきました。計測をストップし忘れて上記データーでは29.48ですが、実際は28.53でありました。ちなみにラップは1キロ5.49/km、2キロ6.09/km、3キロ5.54/km、4キロ6.02/km、5キロ5.39/km。自己ベストとはいきませんでしたが、ペースをほぼ一定にしてこのスピードで走りきれたのは進歩であります。かなり、足の運び方といいますか、フォームも固まってきて軽い感じで走れたのが良かったですね。最後もぜーぜーと言うよりも、キレがあってのスピードアップでありました。このぐらいの調子で10キロ走りきれるといいのですが。

Cwx_2  さて、この間誕生日のプレゼントにいただいたランニング用5本指ソックス。早速愛用しております。とにかくシューズの中でのフィット感が抜群。これなら長距離を走ってもマメができにくく快適に走れそうであります。これ使い出したら他のソックスはけなくなりますよ、ほんとに。普段でも履いていたいぐらいに慣れると気持ちのいい、そして足元を気にすることなく軽く走れる必殺のグッズ、お洒落だけでなくスポーツも足元から、ということらしいですね。

快適ペース

 師走というのは走ると書くだけあって確かにいろいろ用事がありまして、なかなか走っている時間がないという(他で走り回って)矛盾が生じております。前回から約2週間もあいてしまって昨日久しぶりのラン。この間紹介した心拍計を装着して始めて走ってみました。

 僕のターゲット心拍数は160なのでこの数値まであげて、あとはキープしていきながら走るわけです。そして10キロ走ってみたのですが、確かに心拍を気にして走っていると途中で心臓がばくばくすることはなく、スムースにペースを維持して走れました。ちなみに僕が160をキープして10キロ走ると約6.30/kmがちょうどいいことがわかりました。つまり、このペースなら心肺機能的にはばてずに走れる、今の僕の能力ではということなんですね。

 まあ、単純に42.195/kmをこのペースで走ると4時間45分ぐらいで完走できるわけで、もちろんそうは簡単ではないと思いますが一応の目安はわかりました。とにかく、今の僕はこれ以上のペースでは走りきることはできないのでしょうし息が続かないのは間違いありません。この心拍数を知ることができてトレーニングのやりかたがちょっと解ってきましたが、無理はしてもうまくいかないでしょうし、じっくりとこの心拍数をみながら強度をあげていくのがいいのでありましょう。

ノートレ

Rimg0001a  何度も書いておりますが、一昨日最後の最後の阪神最終ファイナルカップで見事クリスマスボーナスを自力でゲット。せっかく懐が少しだけ暖かくなったので連れのお方にクリスマスプレゼントを買ってあげることに。前から欲しいと言われていたゲーム機器のDSを進呈いたしました。

 それにしても最近のゲーム凄いのね。とにかく画面が綺麗なこと。しかも高度なことができるし携帯できるサイズなのにこのレベルとは恐れ入りました。まあ、僕はほとんどゲームしないので(馬関係は除く)この手のものには疎いのでありますがほんと日進月歩なのですね。

 さて、ソフトは何が欲しいと聞いたらやはりこのベストセラーの「脳トレ」だそうで。家でさっそくやってみたのですが確かにはまりますね。脳年齢なるものがでるのですが、自慢じゃないですが昨日僕23歳でありました。しかしね、今朝やってみたら今度は56歳、うーん一夜にしてボケてしまったのかしら。まあ、それはともかく反射神経や記憶力などが鍛えられそうでこれは僕も病み付きになりそうであります。40過ぎて鍛えるところは身体だけじゃなく頭もですねえ。

冬はやっぱりこれだなあ

Rimg0001a  昨日は我家でショッツル鍋を。2週間ほど前に、秋田の八森であがったばかりのハタハタが連れのお方の実家より送られてきたのですが、これが大きいのなんの。すぐに冷凍保存したのですが、このハタハタ素晴らしいサイズで東京じゃめったにお目にかかれない大きさ。それをショッツルというこれまたハタハタで作った魚醤と昆布だしでつくった中にいれ野菜といっしょに鍋で煮るのであります。

 魚醤というとナンプラーやニョクマム、あと能登のいしるがありますが、このショッツル、ハタハタからできているだけあってハタハタを煮ると絶妙な味わいなんですね。しかもショッツルにさらにハタハタの出汁がでて白菜や牛蒡に味がしみこんでこれがまた美味。

Rimg0002a さらにさらにハタハタのメスはブリコといってお腹に卵を持っていまして、これがまた美味い。このブリコ、火を通しすぎないことが美味しく食べるコツでして表面が白く中はミディアムレアぐらいになっているのが食べごろ。このタイミングで食すとなんともたまらない食感と味わいにグッときてしまいます。今回は見事なタイミングでハタハタを鍋から取り出し最高に美味しくいただけました。右の写真を見ても大きさとブリコの見事さがお解りいただけますでしょ。

 いやあ、これだけ美味いと酒もすすみまして昨日もビール、スパークリングワイン、日本酒、さらには焼酎と飲みすぎてしまいまたもや最後は酩酊。でも、競馬も最後の最後で(ほんと今年の中央ラスト阪神最終ファイナルカップね)馬券当たったし良い一日でありました。

有馬結果そして・・・

 うーん、なんとも後味の悪いというか解せない有馬記念。なんだかなあ、変なペースで全部前残り、マツリダゴッホはかなりいいんじゃないかと思っていたのですがポップもサムソンもこないとは。しかもダイワスカーレットが残るのですからゆるーいスローでとても有馬記念じゃないよなあ。もっとガツガツと前がやり合って力勝負になると思ったのに。これじゃあ前がラクな分、後ろはこれない。頭にもこないというか、もうこの展開じゃまったくだめ。ふぅ、今年も終わりかア。

 とあきらめかけていたのですが、相変わらず往生際の悪い僕でして、最後の最後、阪神最終でなんとなんと3連単をずばっと当てましてびっくりの14万円ゲット。いやあ、去年もこんな展開だったような(昨年は14万あと一歩でとり逃し)。2番人気を軸にして11番人気と5番人気を買っていたらみごとに三連単できちゃった。ああ、終わりよければすべてよし。とりあえずいい閉めになりました。

有馬記念予想

 毎年毎年いよいよと書いてしまうわけですが、泣いても笑っても今年最後(といっても有馬のあとには最終ハッピーエンドCがあるのですが・・・)。ずっと昨日より考えておりましたがここは揺るぎのない予想、ぶれない予想ということで決めました。

 軸はポップロック、有馬男のペリエ騎乗を軸にします。この馬は使ってどんどん良くなる馬でありまして前回JC2着でピークというわけではないと見ます。むしろ、ここにピークがくるのではないか。しかも馬場は渋っており時間がかかるのは間違いない。まさにポップの独壇場でしょう。それにそれに、この距離もベストとすべてにおいて死角が少ないのではないか。もちろん武のメイショウサムソンも力のいる馬場が合うとは思いますし、武もここに力が入っているのもわかります。ですが、どちらを軸にするかと悩んだのですが僕としてはペリエに賭けてみたい。サムソンはもしかしてピークが前走だったのではないか・・・なぜかそんな気がするのです。はっきりいった確証があるのではないですが競馬場も東京の方が合っている気がしますし、評価は二番手とします。人気の牝馬二頭は切ります。

 そして紐はダイワメジャー、マツリダゴッホ、ロックドゥカンブ、インティライミ、コスモバルク、これにサムソンをいれて六頭で。

 買い目は以下の通り。

 三連単フォーメーションで

1着6番

2着1,3,4,8,11,12番

3着1,3,4,8,11,12番

200円づつ30点6000円

1着1,3,4,8,11,12番

2着6番

3着1,3,4,8,11,12番

100円づつ30点3000円

1着1番

2着3,4,8,11,12番

3着6番

200円づつ5点1000円

合計10000円

これが今年最後の渾身の予想であります。

いよいよ明日は

 今年の競馬ラスト。有馬記念であります。毎年毎年、これが来る度に今年も終わりだなあと感じるのは競馬好きなら皆そうでしょう。そしてこれを取って今年を締めくくれば言うことなし、なんですがねえ、この有馬記念取った記憶がほとんどない。というかまったくないのか。なぜなんでしょう。

 やはり最後、ということもあって変な思いいれで馬券を買ってしまうからでしょう。普通なら冷静に考えるところ、へんな気をおこして妙な穴馬からはいったり、その逆で予想以上にしぼってしまって紐をひろいきれなかったり。つまり、ここで一発でかく取ろうと欲が出すぎちゃうのですね。まあ、「有馬は好きな馬から買え」という言い方もするわけですが、このレースだけを特別視しすぎてしまうから予想にブレがでてしまうのでありましょう。

 さて、前日になぜこのようなことを書いているかといいますと、レースはすでにこの時点でも始まっていると思うからです。今この時点からいかに冷静に考えをまとめていくことができるか、なにかがひらめいたとか、へんな語呂合わせとか、はたまた娘が指さしたとか、そういう邪念を一切合財なくして無の境地から馬柱(新聞の)を見ることができるか。まさに、巌流島に向かう船の中の武蔵の心境であります。今晩は櫂を削るかわりに牛蒡でも削って心を落ち着かせようかと思っております。さてさて、予想は明日に。

不可解

 昨日お店の近くのスーパーに買出しに行こうと店をでると、僕の店の二階から階段を二人の女の子がおりてきました。僕の店の二階はご承知の通り(知っている人には)今流行の某冥土バーであります。

 その某冥土バーで働いている女の子たち、今がそういう時期なのでしょう、二人とも赤いサンタの衣装なんですね。いつもの冥土服ではない。そして近所にある本店に向かって僕の脇を足早に通り過ぎたのですが、その時に彼女たちがしゃべっていたことは

 「ああ、はずかしーはずかしー、これじゃあキャバ嬢みたい。誰かに見られたらやだー」

 そして駆け足で本店(わずか数軒先の)に入っていきました。

 うーん、サンタの衣装ははずかしくて、冥土の服ははずかしくないのね。しかも、キャバ嬢にみられるのはいやなんですね。普段は冥土の格好でスーパーに買出しにきたりしてるのに。おじさんにはまったく理解不能でありました。

人生銀行

Rimg0004a  これ流行ってるらしいですね。先週、誕生日にいただいたものでして貯金箱であります。僕知らなかったのですが、この貯金箱、500円玉を貯めていくことによって液晶の中にいる住人?の人生が変化していくというもの。これなかなか面白いのです。

 例えば、貧乏学生からスタートして貯金していくと就職活動を始めて、それからそれから・・・とか、ロックスターを夢見る貧乏ミュージシャンからスタートとか、デザイナー憧れるアパレル店員とか、設定が凝っているのです(当然最後には夢を実現するのでありましょう)。

 こいつをなんとか俺の力で(というか俺の500円玉で)一人前にしてやる!という気になってくるから不思議?ついつい500円玉を投入してしまうのであります。上手い!いい発想ですねえ。僕はまだどのエンディングも見ていませんが、その住人が成功した暁には自分もお金が貯まって一緒にお祝いということになるのでしょう。ただ、これ一人暮らしでやっているとちょっと辛いかしら。深夜に一人部屋に帰って500円玉を入れて「お前もがんばってるなあ」なんて住人に涙したりして、その光景自体がまさに人生でありますなあ。

ここまでやっておけば・・・

 本日は一日中、年賀状の宛名をPCにインプット。先ほど完了いたしました。裏面のデザインはすでに出来上がっているのであとは両面プリントしてそれに少々書き加えれば終了。今年は例年に比べてはやめに投函できることでしょう。(例年といったってまともに書き出したのは昨年からですが・・・)

 とりあえずほっと一息であります。

さらに心拍数の話

Belt1  昨日の続き。心拍数を計測するハートレートモニターですが、左の写真がトランスミッター。これを胸に巻いて計測するのです。安静時の心拍数は朝起きたばかりの数値だそうで、本日測ってみたら僕は63でありました。アスリートになればなるほどこの心拍が遅くなるそうで下が低ければそれだけ強度があがっても耐えられるということなんですね。

 そして最大心拍数というのも必要でして、これは220から年齢を引いた数だそうです。ですので僕だと220-43ですので177となります。この177を超えると危険なのでして、これ以下の心拍数で運動をおこなうのです。

 さらにターゲット心拍数という数値を計算でだします。これはどの程度の強度でトレーニングするかで変わってきまして、ダイエット(60から70パーセント)なのか、持久力を養うため(70から85パーセント)なのか、それともレース対応(85から100パーセント)なのかで分かれます。これは最大心拍数から安静時心拍数を引きそれに自分の望む強度のパーセントをかけてそれに更に安静時心拍数を足すということで求められます。

 まあ、こんな話は知らなくてもいいのですがつまりはそのターゲット心拍数で走り続ければ自分の望んだトレーニングになるということなんですね。僕の場合持久力をつけるということなんで、160ぐらいを上限にトレーニングをするということになるわけです。これを維持しながらランニングを続ければペース配分のコントロールもできるようになるということでしてこれからはその点を重視して走ることになるでしょう。

秘密兵器購入

Casio100  先日購入いたしましたこれ、ただの時計のようでただの時計ではありません。ランニング専用(自転車もね)の時計であります。

 ランニングではラップタイム、1キロ何分で走っているかを常に把握しているとペース配分ができて長距離が走りやすくなります。そのラップタイムが200本計測できる優れもの。

 さらにラップだけではなく、心拍数も計測できるものでありましてその名もハートレートモニター。さて心拍数をなぜ図る必要があるのでしょうか。

 心拍数が解ると運動の強度のコントロールができるのでありまして、自分がどれぐらいの強度でランニングをおこなっているかを把握できます。そしてその強度も一定に保つこともできますし、ランニング中に徐々にあげていくこともできます。それに、危険なレベルになっているかも解るので安全なランニングにも一役かうという訳です。

 ラップを見つつ、心拍数を把握して、ペース配分をしながらランニング。ここまでくれば完璧でありましょう(お膳立てはね)。あとは日々走りこむだけ。ところでお客さんのnさんにも言われましたが、ここまでやってしまう僕は一体どこへ向かっているのでありましょうか。

今年も秋田の冬の味が

Rimg0001a  連れのお方の実家より、今年も八森であがったばかりのはたはたが送られてきました。我家では今では冬にはたはたを食べないとなにかものたりない、そんな具合になっております。このブリコという卵がたくさんのを焼いて半生で食べるのが最高!これはよほど新鮮なのでないとこういかないのであります。

 新鮮なうちに焼いて食べて、残りは冷凍しておいてしょっつる鍋にしていただきます。これもまた冬にはかかせない。産地直送はいいですなあ。そして冬は鍋。しょっつる鍋を作ったときにまたご紹介いたしましょう。

43回目

071215_023215  実は昨日は僕の43回目のバースデイでありました。嬉しいことにお店のお客様から色々なプレゼントをいただきまして、なんともありがたいことだなあと感謝の気持ちであります。

 皆様ほんとうに僕の今はまっていることをご存知でありまして、ランニングキャップにランニング専用靴下とさすがですなあ。

 高級赤ワイン、デュクリュボーカイユのなんとなんとボルドー超当たり年1982年を持ってきて開けてくれたお客様も。こんなデュクリュボーカイユ飲んだことがない!凄いパフォーマンスの赤でありまして半分から残りの濃厚で香りの深いこと。いいバースデイだなあ。1982年だと25年前の僕は18歳高校卒業でありましてあれから時はけっこう流れたのであります。果たして僕自身は熟しているのか、飲み頃は過ぎたのか、まだなのか・・・さてさて。

21世紀のジャズボーカル

River_2  ジャズバーの店主なのにランニングや食べ物、そして競馬の話題ばかりでぜんぜん音楽的話がないっていうのはどうか。と思いまして今日はジャズのCDのお勧めを久しぶりに。

 今度のハービーハンコックの新作、「RIVER」は素晴らしいアルバムでありました。僕はハービー好きですがこれは数々あるハービーの傑作アルバムにまた一枚加わったという極上のジャズアルバム。

 しかもこれはジョニーミッチェルのオマージュでつくられ、大半の曲は彼女のカヴァー、そしてフューチャリングがなんとノラジョーンズ、ティナターナー、 ミッチェル本人、コリーヌベイリーレイ、レナードコーエンと豪華なボカール。それにインストが半分はいり、ウェインショーターがあのネフェルティティを演奏したりしていて思った以上にボーカル曲とのバランスに違和感がありませんでした。

 それよりジョニーミッチェルの曲をハービーが斬新なアレンジで現代のジャズボーカル曲に仕上げているのですが、それはそれは素晴らしいのであります。ジャズボーカルだって今の在り様というのがね、もっとないのかと常々思っていましたらこれですよ。お恥ずかしながら僕はジョニーミッチェルという人(フォークシンガー?ポップスシンガー?)、ほとんど知らなかったのですがこうやって聴くといい曲でありましてしかもハービーによって完全にジャズ、しかも今の新しいジャズに生まれ変わっているようです。

 よく僕のジャズピアノの師匠とも話をするのですが、普通のジャズボーカリストってピアノのバッキング(伴奏ね)できついテンション(所謂コードに9とか11,13という音を重ねること)を入れると歌いにくいと文句が出る、ということがあるのですが、そういう人たちはこのハービーのアルバムを聴いてみろ、と言いたいですね。歌っている人にちゃんと音程とリズムを自分でとって歌える技術があればね、どんなきついテンションが入ったって問題ないわけですよ。当たり前のことでありまして、サックスだってトランペットだってピアノのバッキングでソロを取る時にバッキングのテンションがきついから吹けませんなんてソリストは今時いないって。ジャズボーカリストだけが(すべてではないが)あぐらをかいているような気がしてならないのです。このハービーの先進性、現代性、モダンを超えていく響はそんなこといっていたら絶対にありえないし、このアルバムはこの世に存在しないはず。

 ハービーは約10年前の「NEW STANDARD(1996)」で現代の今、ジャズを演奏するとはということを提示し、今回この「RIVER」で今度は今のジャズボーカルの在り様を提示したのではないか、僕はこのアルバムにはこんな風な新たな光を感じたのであります。

久しぶりにイタリアン

Rimg0002a  昨日は我家に連れのお方のお友達(某焼き鳥屋さんの奥さん)がお子様を連れて遊びに。うちのちっちゃいのと二ヶ月違いなので育児のこととか奥様同士はお互いに色々お話があり、ちっちゃいのはお友達とお遊びに、僕は台所でイタリアンのコースを作っておりました。(レシピは某銀座の有名店のもので・・)

 さて、昨日のメニューは、先ず最初にアンティパスト「マッシュルームとまいたけ、クレソンのサラダ」。マッシュルームとまいたけは生のまま使います。酢を入れないオリーブオイルで作るイタリア式マヨネーズで和えると綺麗な一品になりました。

Rimg0003a  次はプリモピアット(なんて書くとカッコイイねー)「蟹のトマトソース、ほうれん草のフィットチーネ」。贅沢に蟹缶2缶を三人前に使用。たらばはちょっと高かったのでずわいを使いましたが味は贅沢ゴージャス超いけてるー!ということで大変美味。蟹の甘さとほうれん草のフィットチーネが良く合うのでありまして緑に赤の色もクリスマスのようでグッド。12月にふさわしいパスタでありました。

Rimg0004a  最後はセコンドピアット(ドルチェはなしねー)は「ラザニア」で。冬はやはりオープン料理がいいですね、あったまるし。ラグー(ミートソース)をじっくりと時間をかけて作っておりましてそれを茹でたラザニアといっしょに耐熱皿へ。ホワイトソースと交互に敷いて上からチーズをおいてオーブンで焼きました。トマトのフレッシュさがあるコクがありながらくどくないラザニア。ラグーは大量に作ったので保存しておいてスパゲティでもいいし、茄子のグラタンでもいいし、色々使えるのでまた楽しみであります。久しぶりに美味いラザニアでありましていつものように自画自賛。お友達のちっちゃいのもラザニア食べて(もう歯が生えていて少しなら食べれるのね)大喜び。皆様満足そうでよかったよかった。

 そしてすべてを完了し、自分もいただいてからすぐに準備をして、皆様を残し今度はお店に向かう僕なのでありました。

チャージ

 毎日ランニングの話題ですみません。ご存知でしょうがこういう性格なものでして・・・。

 さて、今日は少しスピードを上げて走り出してペースをキープ。最初きつい感じがありましたがだんだんと呼吸が整い、快調に走りました。ラストスパートをしてゴール。時間はベスト更新とはいきませんでしたが最後まで無理な感じがなくこの距離はだいぶ慣れてきたように思います。もうちょっとがんばれば1時間切れるでありましょう。あと一分の壁ですね。

 自分で走っていて実感するのですが心肺機能は確実にアップしています。深く息をはきだして腹式呼吸を意識して走っていますが、呼吸が乱れることがなくなってきました。ついこの前まではちょっとスピードアップするとぜぇぜぇと息が荒くなって辛くてしょうがなかったのが、今では走ることだけに集中して走ることができます。もちろん、さらに強度をあげればまだまだ辛いのは当たり前ですが、少しづつでも自分の身体能力がアップしていくのを実感するのはとても嬉しいですし、この40代になってこの気持ちを取り戻せて本当によかった。誰に自慢することでもありませんが、自己満足、自己充足、走ることは心のチャージでもあるようです。

わらしべランナー

Rimg0001a_2  冬のランニングウェアとして前回1400円ジャージを購入 、それを着て2回ほど走ったわけですがやはり1400円ジャージ、まあそれなりのものでありまして上着はともかくパンツは裁断が悪く走ると足がつっぱってしまって走りにくいことこの上なし。さすがに連れのお方も不憫に思ったらしく、この度めでたく誕生日プレゼントとしてナイキのウインドブレーカーとパンツを買っていただきました。わーい、1400円がブランド品の高級ウェアになってしまいまして、こりゃわらしべランナーでありましょうか。

 やっぱりいいものはいい、のでありましてランニング専用ですから随処に工夫があるのですね。撥水だったり袖口が閉まるようになっているのは当たり前でしょうが、例えばこれはナイキのものなのでi-pod用と思われるポケットとイヤフォンのコードを通す部分があったりします。ナイキプラス愛用者としてはこれはありがたい。結構走っているとイヤフォンのコードがぶらぶら揺れて不快だったりするのであります。これならきちっとまとまってよさそうです。次回はこれを着て走るのが楽しみですね。

ザジ6周年記念ライブ終了

 先週の土曜日、今年も無事に辛島文雄ピアノソロナイトがおこなわれましてライブにきていただいた方々、どうもありがとうございました。

 もうザジでは年末の恒例、今年で4回目となった辛島文雄氏のピアノソロ。毎回素晴らしいパフォーマンスで僕らを魅了する辛島氏のピアノは今年もダイナミックで圧倒的な演奏でありました。

 曲はすべてスタンダードで「貴方と夜と音楽と」でスタートし、「FLY ME TO THE MOON」「MY FOOLISH HART」「恋とは何でしょう」「MOON RIVER」と知っている曲ばかり。これが辛島流で変幻自在にアレンジされて飽きることない演奏が繰り広げられました。途中には「きよしこの夜」をブルースフィーリングで弾いて大サービス。1セットからもの凄いパッションでありました。

 2セットは「SUMMER TIME」から。辛島氏のひねりにちょっとニヤっとしてしまいました。そして僕も練習している「いつか王子様が」には脱帽。というか、もう自分で弾くのが嫌になる凄まじい演奏でしてまいりました。そして「虹を超えて」「ブルーモンク」と続き、またまた大サービス「ボサノヴァメドレー」をやってくれました。「イパネマの娘」からスタートして「美味しい水」そして「ウェイブ」「黒いオルフェ」と辛島氏の演奏でボサノヴァの名曲を次々と聴けるなんて!!グッときましたです。

 ラストは定番中の定番、「枯葉」。「枯葉」といったって辛島氏が弾くと手垢の汚れたようなそんじょそこらの「枯葉」の演奏とは天と地ほどの違い、枯れて落ちた葉が命を吹き込まれてまた緑の色を取り戻していくかのような力の入った演奏。僕の店でここまで徹底的に演奏していただけるなんて感激いたしましたし、アーティストとしてのプロ魂とでもいいましょうか、頭の下がるパフォーマンスでありました。

 ということで、今年もこれを聴かないととザジは年を越せないのでありましてあとは年末まで突っ走るのみ。辛島氏の演奏から多大なエネルギーをもらって僕は年を越して来年もがんばろうという気持ちになるのでありました。

朝日杯フューチュリティステークス

 ここのところ競馬がなぜか絶好調。このまま有馬までいきたいものです。それで今回も2歳牡馬難しいレース。ここは手広くいくのがいいはずです。軸は9番スズジュピターで。穴馬軸にすることも考えましたがここは前走強い競馬をした9番期待しています。紐は堅いところと穴をちりばめて。

三連単フォーメーション

1着9番

2着1,3,7,11,13,14,16番

3着1,3,7,11,13,14,16番

100円づつ42点4200円

1着1,3,7,11,13,14,16番

2着9番

3着1,3,7,11,13,14,16番

100円づつ42点4200円

1着3,14番

2着3,9,14番

3着1,3,7,9,14,16番

100円づつ16点1600円

ここでなんとか。

 

本日ザジ6周年記念ライブ

Karasima  本日ザジ六周年記念ライブ、辛島文雄ソロライブをおこないます。今回で4回目の登場、日本の誇るジャズピアニスト辛島文雄氏が寒い冬に熱い演奏を聞かせてくれます。

 席の方はまだありますのでお気軽にいらしてください。

 

 本日12月8日夜7時オープン 8時より2セット

 チャージ4800円(2セット目からは3000円)ドリンク別

 電話03-3389-4522バーザジ伊藤まで

第二回皇居ランニング

 友人のG氏と前回同様ランステに午前11時に待ち合わせ。第二回の皇居ランであります。今回は2周、約10キロを走るということになっておりましてペースはG氏にひっぱってもらうことに。

 ところがこのペースが昨日の僕にはきつかったのでして、なんとか皇居一周はついていったのですが二周目で脱落、そこからは息を戻してG氏の背中がどんどん遠くなるのを見ながらゆっくりとしたペースに落としました。さすがG氏ペースを落とさずあっという間に見えなくなりまして、さすが一年近く走っているだけのことはありますなあ。

 皇居はまさに紅葉、美しく色づいた落ち葉を踏みしめながらのランは前半必死、後半は景色も見る余裕もでたという上のデーターの通り、あとでみるとびっくりの左右対称?!になっておりました。それでも前半引っ張られたおかげで10キロベストタイム更新。6.01/kmで約1キロ4秒縮めたことになりました。僕としては強度を上げて走ったと思うので次回それがどういう風に走りに影響してくるか、楽しみなところであります。これなら近いうちに10キロ1時間を切ること可能な感じがしてきました。12月はがんばってみます。

今日も晴天

 これは走るのに絶好、という訳でこれから第二回皇居ジョグに行ってきます。今日は2周してくる予定。前回使用のランステで友人と待ち合わせのため詳細は明日。では。

人に言えない悩み(ではなかった)

 冬の晴天、空気は冷たいですが走り出すとその冷たさが心地よくすら感じるのです。黄色く色づく落ち葉を踏みしめ西日をうけながらのランは生きてることの喜びすら感じ、ああ今年は走ることを始めてよかったとしみじみ思うのであります。

 さて、10キロゆったりとしたペースで走りだしてペースをキープし最後の2キロでペースアップ。膝はまったく問題なく強度あげても大丈夫な感じ。これなら2月に向けて調整可能でありましょう。再度15キロから20キロ走ってみないとね。正月に実家葉山で海岸線を走ろうかしら。

 走ることを続けていて今までちょっとした悩み?があります。これがちょっと言いづらいことなんですが・・・実は走っているとシャツの繊維が乳首に擦れて痛くなるのであります。最初なぜか胸が痛いなあ、と思いながら走っていたのですが、10キロを普通に走るようになってから頻繁に発生するのです。そして必ず乳首のところが腫れた感じで痛みが生じており、うーん、これは皆経験することなのだろうか、と一人悩んでおりました。

 恥かしいという思いもあり、あまり気にしないようにしていたのですがやはり同じ悩みを持つ人がいるはずと思ってネットで検索してみるといますね、たくさん。そうかあ、ある程度距離を走るとシャツとかが擦れてそうなることがあるのは普通なんですね。ですからワセリンを塗ったりテープを貼ったりして走る人もいるそうです。よかった!人に言えない悩みじゃなかったようで次回より対策して走ることができますです。 

安さ爆発!

Rimg0001a  12月になり気温も段々と下がり走っていても寒さを感じるようになってきました。さすがに短パンとTシャツというわけにはいかなくなってきまして、さて冬の走るときの格好はどうしたらいいものか、と思っておりました。

 なにしろ、走り出しは寒いですが走ってくれば身体は温まってきて最後は暑いぐらい。ですので、裏が起毛していたりしてあまり防寒使用だと走っているうちに脱ぎたくなってしまいそれも困ります。かといってランニング専用ウェアはちょっと今の僕には高額で無理。じゃあどうしたらよいのか。

 つまり薄手で風除けにはなるがあまり防寒性がない、そうそうスーパーの片隅で売られているような超チープなやつがいいのです。ペッラペラの薄手でね、綿とかウールとかほとんどはいっていないでポリエステル100パーセントのようなのね。どうせ汗かけば下着とかが汗吸うのだしいいのです、ほんと薄手のテキトウなので。 

 それで探しました、中野にある男性洋品店(こういう言い方がたぶん正しい店)でポリエステル100パーセント上下セットのジャージ、なんと1400円也。まさに捜し求めていたものでありまして見て解るとおりのペッラペラ。これを街着にすれば路上自由人に早代わり。まあ、走っていればべつにお洒落でもないですがへんでもないでしょ。ちなみにジャージ着るのなんて学生の時以来だから20年ぶりぐらい。40過ぎてまたジャージ着ることになるとねー。これ着て冬は乗り切りますです。

ハッピーサンデー

 当たる時はよく当たるもので三週連続で競馬がプラス。昨日も阪神ジュベナイルフィリーズを三連単で65000円ゲット。軸に決めた馬が見事に2着に突っ込んでくれて紐に選んだ馬もばっちり。冴えてるときは思ったとおりに決まってくれるのですが、さてさてこの好調がいつまで続くのでしょうか。

 競馬が当たるとお休みである日曜日の夜が俄然楽しくなるわけで、しかも昨晩はお店のお客さんで友人のS君夫妻の家にお呼ばれ。連れのお方とちっちゃいのを連れて遊びに行きますと、やはりお客さんのG君も遊びにきていてみんなでワインを飲みながらワイワイと楽しくやりました。S君の奥様の手料理が美味しくて酒もすすんでしまいポルトガルの白と赤を随分とたくさんいただいてしまいましてすっかり良い気分に。S君もG君もマニアックな音楽好きでしてかなりコアな話ができると僕は嬉しくなってしまい、いやー楽しかったです、感謝。

 帰ったあと、そのままおとなしく寝ればよかったのですがすっかり調子よくなってしまいまた家で焼酎を飲みまたもやへろへろに。二日酔いはさほどひどくないですが、うーむせっかく楽しく飲んだのだから大人飲みをこころがけないとなあとちょっと反省であります。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ予想

 まったくまったくわかりません。なんたって若い女の子なんてわかるわけがない。ただでさえ気まぐれな感じがしますからね。こうなったらやけで穴からいくのがいいのでは。三連単ですから。9番レーヴダムール軸でいってみます。

三連単1頭軸マルチ

軸9番

相手3,7,10,11,15,17番

100円づつ9000円

三連単ボックス

13,14,15

100円づつ6点600円

フォーメーション

1着15番

2着10,11番

3着9,10,11番

100円づつ4点400円

合計10000円

幻の酒(かな)

Kameno  お正月用に予約していた日本酒が今朝、宅急便でとどきました。

 「亀の翁(かめのお) 純米大吟醸酒」、新潟の久須美酒造の酒であります。精米歩合40パーセント、亀の尾という米を使っているのですが、「夏子の酒」という漫画のモデルになったお酒でして一度絶滅しかけた亀の尾という米を復活させて作ったというストーリを持っています。

 戦前に途絶えていた亀の尾を農業試験場で発見した僅か1500粒の種もみから3年がかりで復活・自家栽培(戦後の日本の酒蔵で最初)した米で醸造した酒 だそうで、これはちょっと飲んでみたいじゃないですか。最近はすっかり日本酒党になっているわけで(根が単純ですから)数ヶ月前から予約してやっと手に入れたという次第。

 まあ、今頃とおっしゃる方もいると思いますが僕にとっては思い立ったら吉日、今マイブームが日本酒。お正月、開けるのが楽しみですなあ。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ