« スローライフ | トップページ | 二日前 »

最近のお勧めジャズCD(5)

Daytrip  Pat Metheny TRIO   Day Trip

 久しぶりにパットらしい爽快な感じのアルバムに思います。ここ最近はグループだと映画音楽のような壮大なものばかりでしたし、メルドーメセニーなどのデュオもよかったのですが、パットならではのスカッと爽やかで切れ味の鋭いプレイはちょっと影を潜めていて、内向的な感じがいたしておりました。メセニーファンはそのあたりはもどかしさも感じていたはず。それをやっと払拭するような軽快なプレイを随所に楽しめたのがこのデイトリップでありました。

 面子もメセニーグループにも参加しているアントニオサンチェス(ドラム)と名手クリスチャンマクブライト(ベース)。このトリオですからテクニックにはケチのつけようがありません。むしろメセニーメルドーのジェフバラード(もちろん素晴らしいドラマーですが)よりもメセニーのラテン色に彩りを加えるのであればアントニオサンチェスに軍配はあがりると思います。当然、メセニーのプレイは外に向かって放射状に広がりを見せ、実に楽しく明るいサウンドを聴くことができます。やはり、この人の良さの一つはこの大気圏まで突き抜けてしまうような澄み切った明るさとでもいいましょうか、ストレートでキレのあるスリリングなプレイは待っていましたと、メセニーファンは納得するはずであります。

 これはメセニーメルドーが悪いというわけではなく、あれはもう一つのメセニーの音楽に対する一面、内省的に深く降りて行き、その場所でメルドーと手を結んだ傑作なのでありますが、あれがあればこそこのデイトリップは180度逆の世界でのびのびとプレイするメセニーがいるのでありましょう。そういえば、メルドーとのコンサートでも最後はラテンタッチの曲をメセニーが気持ち良さそうに弾いてメルドーがつまらなそうにお付き合いしている、という場面もありました。たぶん、メルドーとやっているうちにこれがやりたくて仕方がなくなったのではないか、そんな邪推すらしてしまいたくなるぐらい明るく気持ちのよいメセニーがこのアルバムでは聴けるのであります。

« スローライフ | トップページ | 二日前 »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スローライフ | トップページ | 二日前 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ