« 鎌倉 | トップページ | 今年は間に合った »

日本や中国だけじゃない

 読売新聞にて、こんな記事が。

 イタリア赤ワインの高級銘柄「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の一部ボトル製品に、本来の原料とは別品種のブドウが混入され、伊捜査当局が詐欺などの疑いで、4醸造業者から製品を大量押収していたことが4日、わかった。Click here to find out more!

 ブルネッロは、伊中部トスカーナ州モンタルチーノを産地とする高級銘柄で、「ブルネッロ」と呼ばれるサンジョベーゼ種のブドウの「100%使用」が義務づけられている。

 しかし、当局の調べで、2003年産ワインの一部製品に10―20%の割合でフランス品種のブドウが混じっていたことがわかり、偽装が発覚。他品種混入は、同銘柄の需要増に原料の生産が追いつかなくなっていたためと見られる。

 ANSA通信によると、ブルネッロは毎年計約700万本が出荷されており、うち25%が米国、3%が日本向けに輸出されている。

 イタリアでは、ワイン醸造で禁止されている砂糖の使用をごまかすため、国内販売用の安価なワインに、微量の硫酸などが添加されていた事例も浮上。モッツァレラチーズからダイオキシンが検出される騒ぎも起きたばかりで、食への信頼が大きく揺らいでいる。

(2008年4月5日11時40分  読売新聞)
 もうこうなるとなにを信じていいものやら。世界中どこでも偽装だらけ。高級品まで偽装されているなんて、ああ馬鹿馬鹿しい。こんな状況じゃグルメ気取ってあまり偉そうなこと言わないほうがいいかもね。

« 鎌倉 | トップページ | 今年は間に合った »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉 | トップページ | 今年は間に合った »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ