« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

これから

これから
久しぶりジャズライブです。嵐?の前の静けさ。

明日のために

明日のために
今日は約半年ぶりにピアノの調律でした。ピアノは生き物、調律師さんの手でみずみずしい音に再び蘇っていきます。最近全然練習できず反省。これを機会にまたピアノを弾きたいなあー。明日はそんな訳でジャズライブです。

久しぶりに野望を

Zac  久しぶりに野望でも。というのも、ここのところ別にさほど欲しいものも無かったのですが、そのせいか全く競馬が当たりません。まあ、経済状態も今さほどよくないので前ほど打ってもいないわけですが、やはり野望を掲げないと当たりが遠のくものなのでしょうか。

 とはいってもあまり大きな野望じゃ現実離れしちゃいますので、現状の身の丈で、小さい小さい野望を(ほんと小せえなー)。

 ここのところ我家のちっちゃいのも立って動き、ちょこまか走りまくっているのでありますが、そうなると静止画をカメラで撮るよりも動画で残したいなあ、と思うようになりました。というのも、連れのお方の実家や僕の実家にも、動画をDVDに焼いて送ってあげれば孫の成長が楽しめるというもの。それで、ちょっと調べましたら最近はお手軽で安い、そして高性能なカメラがあるのですねー。僕の現状にちょうどいいなあと思ったのがこのサンヨーザクティ。実は競馬当たらずとも買おうかなあと思っているのですが、なんたってネットで3万円ならねー、ネットショッピングのポイントが一万三千円貯まってますし、それなら競馬打つ金足して買えー、とおっしゃるでしょうが、あえて野望にしておきます。なにしろ、今週はダービーですからね(と競馬親父はなにかにつけ理屈をつけるのでありますが・・・)。

暑くなってきたら

髪がうっとおしくなってきました。またそろそろ髪切りにいこうかな。走るのにも短いほうがいいしね。気分転換して切り替えるのもまるでありましょう。

週末にジャズライブ

 今週末、ジャズライブをおこないます。今回はいつものようなスタイルとは違って、ピアニスト二人に登場していただき、ベース、ドラムのトリオ編成で。一部、二部と違ったピアニストでお楽しみいただきます。

 ピアノは菊地まゆ子さんと桑原晶子さんで、ベース西川輝正氏、ドラム上村計一郎氏。

 5月31日土曜日、時間は7時オープンで7時半から8時ぐらいにスタート。

 チャージは1900円とお安くなってます(ドリンク別です)。

ご予約はバーザジまで。03-3389-4522(伊藤)

ジャズの生ライブでビールなんていいじゃないですか。ぜひお待ちしております。

昨日のオークス

 結果はともあれ、あのレースは後味が悪かったですね。1着のトールポピー池添が大斜行。これから伸びるかという4頭の前をカットしてブレーキをかけてしまったわけで、オディールにいたっては安藤が手綱を引いて危険を回避。あれで、ジョッキーは騎乗停止で、降着はなし、というJRAの採定は意味がわかりません。4頭に影響を与えたが、着順を変更するほどの不利でもない、という理由で、ジョッキーは危険な騎乗という理由で二つの裁定らしいですがね、じゃあ二年前のカワカミプリンセスはどうなのよ。このあいまいな裁定になんともいやーな感じが。

 結局、JRAが馬主とか生産者(ノーザンファームだから社台グループだしね)に配慮してしまってああいう裁定になったのではないか、という勘繰りをしてしまうのですが、競馬の公平性なんていっても結局JRAでこういう事態の時に裁定していること自体間違っているとしか思えません。外部から入れた第三者で裁定するならともかく、結局博打の胴元が裁定しているのですからね。そりゃいろいろなところにご配慮して裁定する可能性が必ずありますよ、胴元なら。

 ジョッキーが重い騎乗停止で馬は降着にならないなんて、そういう理由しか考えられないですね。結局、ファンよりももっと別の方に向いてJRAは競馬をおこなっているということであり、相変わらずの権力志向的な役人体質がこういうところにでるのだなあ、とあらためて思ったしだいです。これじゃあ、競馬はどんどんファンから離れて人気が無くなっていくでしょうし、せっかくの休みの日の娯楽までこういうね、ご都合主義的なことをされるとほんといやーな気持ちになるのであります。

オークス2008予想

 普通だったらリトルアマポーラの軸でいいのでしょうが、鞍上が武弟。一番人気の幸四郎は消せ、というのは競馬親父たちの間では常識なのでして、命の次に大事なものを幸四郎に託すわけにはやはりいかないのであります。

 じゃあ、軸不在といわれるこのオークスどうしたらいいのか。これは二番人気のレッドアゲートを買う手もありますが、それもなあ、今日の馬場でなんとも人気馬からというのも芸がないか。

 ということでここは穴馬から入る方が面白い、と思いまして僕が選んだのはブラックエンブレム。先行して粘りこむという絵には一番ぴったりするように思いまして、ましては鞍上は松岡。思い切って大逃げもあるか。大事なものを託すならこの男の方がいい、と僕は思います。

 紐は前に行きそうな馬、それでも差し込んで3着になりそうな馬、色々いれます。

三連単1頭軸マルチ

軸7番

紐4,10,12,13,17,18番

100円づつ90点9000円

三連単フォーメーション

1着12,17番

2着12,17番

3着4,10,13,16、18番

100円づつ10点1000円

合計10000円

わからんときは穴狙い、そのほうが楽しいかもね。

待たされて2

 数日前に、住民票が必要になり区役所に申請にいきました。もう、これでお察しの方もいるでしょうが、そうです、久しぶりに役所仕事を目の当たりにして唖然といたしました。

 というのも、住民票受け取るためには先ず申請の受付をするのですが、その順番待ちの番号札を取りに行ったらこの時点でなんと20人待ち!!この日、たくさんの人が申請にきたというのならまだ解りますが、実情は違いました。申請窓口がこの役所には3つあるのですが、開いている窓口は一つだけ。あと二つはだれもいません。そして、この窓口での応対が、まあ、お年寄りの方もいますから一人一人に5分以上もかかっているのであります。

 一人一人の対応に時間がかかるのはしょうがないとして、後ろにはただ申請された書類をPCでだすだけの仕事と思われる人たちが数人座っているわけです。でも、その人は窓口一つでそれに20数人待ってることなんてまったく関係ないといった感じ。自分の仕事じゃないから、というような無関心さなんですね。

 もう、10分、20分とその状態で待っている人たちは皆ブーブー愚痴を言っている常態。30分が過ぎ、それでも僕の前に15人!!さすがに堪忍袋の尾が切れそうになったら、ようやくもう一つの窓口に一人、そして5分後また一人、と申請を受け付けだしまして、そうしたらなんのことはない、あっという間に僕の番になりました。窓口がちゃんと開いたらわずか10分で15人ちかくが動いたわけです。

 結局申請だけで40分待ち。これはなにか言わずにはいられないと思いまして、

「申請だけで40分かかるとはどういうことなんですか。窓口一つだけで延々待たせるなんてひどすぎる。コンビニエンスストアだって銀行だってこんな怠慢な仕事してたらつぶれますよ。こういうのが役所仕事っていうんじゃないですか!」

 と声は荒げませんでしたが、ちょっと強い口調で言ってやりました。対応のおばさんは平謝りで、「おっしゃることは当然で申し訳ない。すぐに書類出しますからほんとうにどうもすみませんでした」といった感じ。まあ、そこでぐちぐち言ってもしょうがないのでさっさと書類受け取って(申請から受け取りまでがめちゃくちゃはやかった!やる気になればこんなに早くできるのに、ああ頭くる!)役所をでました。

 実は銀行とアポがあったのですが、結局電話をいれて15分おくれに。役所に入ってでるまでに50分。たかだか住民票取るだけでですよ。最近は役所もだいぶ改善されたと聞いていたのに、ひどいね、相変わらず。民間だったらクビですよ、あんな仕事してる人たちは。

 理不尽な待たされて話、二つ、自分で思い出して書いているうちにまた怒りがふつふつと、ああいやなことであります。

待たされて

 最近待たされて不愉快なことが二つありました。一つは家の近所のバス停で。時刻表にある時間の5分前にはバス停にいたのですが時間になってもバスはこず。そして待てども待てどもこない。さすがに15分過ぎてもこないので頭にきて時刻表に書いてある営業所に電話をしました。

 すると僕が待っていたバスは遅れていたのではなくなんと早発していた!それも5分以上前に、とのこと。当然電話口では平謝りでして運転手に厳重注意をすると言われました。まあ文句を言ってどうなるわけでもなし、とはいえこのバスは30分に一本しか走っていないのでなんとも釈然としないまま電話を切りました。

 遅れは道路事情もあるのでそれはしょうがないと思うのですが、早発はダメですね。時間調整するのが当然ですし、それを怠るとは客をナメているとしか思えませんな。結局、店のオープンに間に合わせるためにタクシーをひろうはめに。やはり釈然としませんな。

(ながくなったのでもう一つの待たされては明日にでも)

窓拭き

今日、自宅の窓を久しぶりに拭きました。そこで初めて水と新聞紙で拭く方法を連れのお方から教えてもらいました。これが驚くほど汚れがよく落ちまして、市販のガラスクリーナーなみ。新聞紙のインクの油と水との相乗効果なのでしょうか、みるみるうちに窓がキレイになるので不思議であります。これからはお店もこの方法でやろうと決めました。知らないことはいくらでもあらますなあ。

訳あって

今日は日帰りで実家の葉山まで。帰りに葉山の海沿いの道を通ってきましたが、やはり海はいいなあ。ここ最近のもやもやがすっきりして、素晴らしい場所で子供の頃過ごしていたんだなあ、と実感しました。いつか、またここに帰ってきたいものです。

生きている実感

 もう、しつこいぐらい体調の悪さについて書いてしまったので、今日はその話はなしで。というか、ほんとのほんと後一歩で完全に復活、というところまできまして、もう陰気臭い話はやめようと思います。

 さて、この一ヶ月こんな調子でしたので、ランニングもまったくできず、もうイライラするぐらい。やはり身体をコンスタントに動かしていると心も前向き、日々なにかを充足している実感があるのですが、それがない日々、しかも体調悪し、というのは僕としては辛い、辛すぎる訳でして、あと数日ですか、様子を見てまたランニング再開しようと思っております。

 最近、お店のお客さんにも走りだした人たちが何人かおりまして、飲み屋のお客が健康的に朝や夜に走っているというのも妙な感じもいたしますが、僕としては仲間が増えるのはありがたいこと。今まで、ランニング雑誌読んで、へえ、こうやって走ると効率がいいのかあ、と感心したこともこれでやっと話せる人たちが出てきたのでして、皆で広げようランニングの輪、といった感じですなあ。

 まあ、僕としてはあまりガツガツというよりも、長く気持ちよく走り続けたいわけでして、世の中、景気が悪かったり、陰惨な事件が多かったりと暗い話につい流されそうになりそうな中、ランニングはいいリセットボタンの役目をはたしてくれまして、生きている実感というのは、実はこんな原始的で単純なことにあるのかもなあ、と最近僕は考えるのです。じめっとした部屋の中から一歩、外へ足を踏み出し、輝く日の中を颯爽と(本人のみそう思ってるのですが)街を走り抜ける、これほど生きている実感、快感が簡単に味わえるとは。40過ぎていまさらにして思った、まさに体感したことなのであります。

ようやく

明らかに咳が軽くなりました。 はあーもうかれこれ体調悪くしてから約一ヶ月あまり。今度こそ治ってきた実感が。チクショーこの借りはまとめて返す(誰に?)それにしても長すぎたね。身体が軽く感じるぐらい楽であります。泣ける!

ヴィクトリアマイル2008予想

 ウォッカ、この馬の真価が問われる一戦でありますね。一週間、ずいぶん考えましたがどう見てもこの面子、ウォッカに比べると役者が一枚二枚落ちるといいますか、普通ならウォッカの1着は固いとみていいでしょうね。もちろん、ぜんぜんだめかもしれませんが、冷静に見て不安視している人が今回はまだいるのでオッズとしては美味しいのではないでしょうか。ですから、やはりココは軸でいいのであります。

 とはいえ、手広く買っては儲からないのであまり大穴は狙わないことに。絞ってこのぐらいの紐で勝負してみます。

三連単フォーメーション

1着9番

2着2,4,5,13,17番

3着2,4,5,13,17番

400円づつ20点8000円

1着2,4,5,13,17番

2着9番

3着2,4,5,13,17番

100円づつ20点2000円

以上

ウォッカで祝杯!にならんかなあ。

しつこい

未だにほんと咳とまらず。症状は軽くなってきているのですがどうにもこうにもならず。疲れますなー。

新しいこと

なにかまた始めないといけないのかも。だいたいこんな状況の時はその前触れみたいなことが多いわけで、ここは踏ん張りどころなんだと思います。また次のステージに向かうときは苦しみが伴う、ある意味必然なのかもしれません。

気力が

どうもなあー。体調はまあまあになってきたけど気持ちがアップしない。頑張って前向きにと思うのですがなんででしょうか。こんなときこそ走るといい気分転換になるのですが、まだ咳が完全に止まらないのでそれもむり。メランコリックな日々であります。

ようやく

 えらく長引いている体調不良も日に日に回復へ。まだ、咳がのこっておりますが、明らかに状態は上向き。はやく完全に治してまたランニング再開したいものです。あとちょっとだなあ。来週には再開できますように!

バイオリズム

 体調がずーっと悪かったのですがやっと抜けそう。体調とともに、色々なことのバイオリズムがさがりっぱなしだったような気がするのですが、体調がよくなるにつれてその他のこともアップしていくといいですね。気持ちも落ちているとなにも前向きに考えられないのではやくこの状況を脱せねば。まあ、僕はだめな時はいっぺんにだめになり、良くなる時はすべてが好転する人みたいでして、過去もそんな感じで山あり谷ありでございました。まあ、この程度はひどい底というのでもないですからね、とにかく一に体調、そしてそこから前向きにすべてを考えて行動、それしかないでしょう。

こういう食べ方もいいね

Rimg0002a  昨日、家でワインを飲みながらちょっとまたイタリア風居酒屋ってなノリで料理をいたしました。ちょうど実家から食材が届いたので見てみると、その中にソラマメの鞘つきがありました。

 これをワインに合うようにとちょっとイタリアンに。あるレシピ本参考にしたのですがオープンで鞘ごと蒸し焼きにしちゃいまして、それを開いたらオリーブの実をソラマメに乗せてその上からオリープオイルをかけて、さらにパルミジャーノチーズをふりかけたのがこの写真。

 ソラマメは鞘ごと焼くのが理にかなっていて本当に美味。それをイタリアンテイストにしてみたのですが、これまた粋な一品になりましてワインともばっちり。今まさに旬のソラマメ、こういう食べ方もなかなかでありました。

NHKマイルC予想

 今回も荒れそうなマイル戦。というか、毎年あっとおどろく馬が飛んでくるので難解であります。とはいえ、こういう平均的な馬ばかりで皆が荒れると思うレースって結局さほど荒れなかったりする気も。ああ、いろいろ悩むのであります。

 こういうときは大逃げの馬にかけてみるのもいいかも、と思いちょっと人気薄のダンツキッスイ1頭軸マルチで勝負してみようかと考えました。まあ、鼻切れば直線までは楽しめますしね、藤田の大逃げに期待してみます。紐は人気どころいれ手広く。

3連単1頭軸マルチ

軸18番

紐4,5,9,11,15,16番

100円づつ90点9000円

三連単フォーメーション

1着11,18番

2着11,18番

3着1,3,7,14,17番

100円づつ10点1000円

さあて、どうだ。

結局まだ完治せず

うへー咳が未だにひどい。昨日はまた病院にいき薬をもらってきました。もうかれこれ半月こんな状態で凄い疲労でへとへと。はやく治りたーい。

絶妙なバランス、これが大事

Minami Like Someone In Love      Hiroshi Minami Trio

最初に言っちゃいますが、僕はこの南博というピアニストが好きなんですね。南氏のアルバムは初期のを除いてほとんど聞いているのですが、皆僕の好みであります。今回のピアノトリオもすでにヘビーローテでかけていますが、いやあ、素晴らしい。

 ジャケットも毎回洒落ているのでありますが、南氏の音楽も洒落ているというか、粋な、という言葉がぴったりのピアノ。僕はいつも思うのですが、今、この現代にジャズを弾くとはどういうことか、というのを南氏は考えて弾いているように思います。

 タッチはクールで粒立ちがしっかりして一音一音を大切にしています。神経質なぐらいに研ぎ澄まされていて磨かれている音です。無駄なというか、必要のない音をいかに弾かないのか、そして厳選されたかのような音だけが紡ぐフレーズは、優美でありながらヒンヤリとしたそこはかとない孤独すら感じてしまいます。間違っているかもしれませんが、僕としてはクラシックのピアニスト、ベネゼッティミケランジェリのピアノをちょっと思い出してしまう、南博はそんな知的なジャズピアニストなんです。

 僕はなぜ南氏のピアノが自分にすっと入るのか、と考えてみると、甘すぎず辛すぎず、というか微妙なさじ加減、バランスが実にいいジャズだと思うのです。カッコイイと思うぐらいクールでコードも絶妙な現代的響を選んでいながら、ちゃんとエッセンスとしてのセンチメンタルもある。このセンチメンタル加減が塩コショウ少々というぐあいの、隠し味的に僕にはくっとくるセンスなんです。21世紀にジャズを聴く身としては、センチメンタルにずぶずぶというはちょっと辛いのでして、クールに振舞いつつ、心の隙間にちょっとだけ甘さが入り込む、というのがいいのです。

 ドラムの芳垣安洋氏がまたスリリングなドラムでして、このトリオに緩みのない適度な緊張感を与えていて、これがまた知的な世界の構築に一役かっております。また、鈴木正人氏のベースもユニークでありながらやはり現代的なセンスのよさが光っており、そんじょそこらのセッションバンドなんてこの三人の緻密な世界を聞いたら馬鹿馬鹿しくて話しにならないでしょう。

 そう、僕はこういうピアノトリオを聴きたいのです。この21世紀生きている者として、この東京という都市に暮らす者として、この時代精神を共感できる者として・・・・。

回復してきたが

 咳だけ止まらず。これがまいるのよ。咳って体力かなり消耗するし、気力はなくなるし、ぼぅーとするし、ああ憂鬱。ほんといやになっちゃう。とはいえ、仕事はちゃんとしないといけないし、ゴールデンウィーク明けなんでがんばらないと。そんなわけで、ぜひわたくしめを元気付けるつもりでお店にいらしてくださいませ・・・・ね。

なんとなく中華風鍋(でも美味)

Rimg0021a  まいったまいった。この連休、ずーっと体調悪くて元気なし。外にもいけず、結局最後の一日だけちょっと外出。ですので、ご飯もずーっと家でとっていました。

 しかも体調悪いので腕を振るう気力もなし。そんな状況で、テレビを見ていたら芸能人が台湾石鍋なるものを食しておりました。ふーん、あんなのであんなお値段取るのかあ、と思っていたらじゃあ自分でテキトウにやってみるかとなりました。

 もちろん、本格的にやる気力はなし。ですので、実際のものとはかなりかけはなれた鍋になりましたが、それでもベリー美味しかったです。まあ、手抜くとはいってもやることはやるのでして、スープは鶏の挽肉、しょうがみじん切り、葱みじん切りでちゃんと先にとっておきまして、鍋を熱くしたところに多めのゴマ油をひきそこで牛肉を炒めてからそのスープ投入。それに中華風なんで餃子を事前に作っておきまして、アペリティフに焼き餃子でビールを一杯やったあとの残り(もちろん焼く前のね)も入れてみました。あとはエビだの豚バラだの、豆腐だのエノキなんぞいれまして、一応中華風なのでレタスを大量にどばどばっといれて完成。つけだれは市販のごまだれにカンズリ(前にも書きましたが新潟の唐辛子調味料です)をお好みの分量で混ぜていただきました。

 うーん、書いてみるとあまり手抜きじゃないかあ、でもかなりいいかげんにつくったのですが、味はそうとうよいのであります。ゴマ油の香がよろしくてレタスがまた美味い。これなら何いれても大丈夫ですしね、鶏のつくねや魚介類いれても美味しくいただけると思います。

 最後は中華麺をいれて食べましたがこれまたばっちりでありました。初夏でもこれなら問題なしの鍋料理、これから我家の定番鍋のひとつになりそう、ぜひお試しあれ。

やっと外出

今日はだいぶ調子がよくなったのでちっちゃいのと公園へ。そのあと買い物をして帰ってきました。咳は相変わらずですがやっと休日らしい感じでした。明日はもっとよくなるといいですね。

やっと少し回復

いやあー長引くねー。咳あいかわらずですがちょっとよくなってきました。こんなにひどいのは久しぶりだなあ。気力も失くなるわけで健康はほんと大事ですねー。

天皇賞2008予想

 ゴールデンウィークだというのに体調悪し。家から一歩もでてないのでせめて競馬ぐらい当たりたいものです。今年の天皇賞、荒れる要素がかなりありますね。昨年の菊花賞馬アサクサキングスが気になるのではありますが、果たして今年はどうか。そして、サムソンの復活はあるのか。いやあ、難しいですね。

 こういうときは1頭軸マルチにします。ずるいといわれてもわからないのでして。

三連単1頭軸マルチ

軸8番

2,3,7,11,12,13

100円づつ90点9000円

フォーメーション

1着8番

2着12番

3着2,3,7,11,13番

100円づつ5点500円

1着8番

2着2,3,7,11,13番

3着12番

100円づつ5点500円

合計10000円

病気療養中

咳がひどいです。マイコプラズマ肺炎かも。ああつらい。

ゴールデンウィーク前だというのに

 かなりしつこい風邪にやられていまして、熱はひいたのですが咳が止まらず。このままだと実家にちっちゃいのを連れて帰省すらできそうもありません。実家にいって両親に風邪うつしても事ですし。こりゃ家で家族三人おとなしくしているしかないようですな。しくしく。

まだやられてます

 さきほど医者にちっちゃいのと行き、いっしょに僕も診察してもらいましてやはり風邪で喉と肺をやられているとのこと。ちっちゃいのをその足で保育園に連れて行き、薬局でお薬をもらい先ほど帰宅。仕事は昨日も行きましたが、やはり風邪からくる身体のだるさはとれません。これから出勤まで少し横になって身体を休めることにします。いやあ、まいったね。ただ熱はないし当然、店は開けますのでよろしく。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ