« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

三流映画の主役にどうです

 魚だ肉だ鰻だ、と偽装大国日本は凄いことになってますな。中でもあの飛騨牛の社長、これぞ日本の成り上がり社長というのを絵に描いたような人、でありますね。人間あそこまである意味ステレオタイプ的エゴイスティックで、ワンマンで、強欲なシャチョー(こっちのほうがぴったりくるか)の姿を漫画チックに体現しているとは驚きであり大笑いです。人間やはりどんな点でも頂点にいっちゃうと怒りよりも笑っちゃうのはなんでありましょう。もう品性のかけらもないお姿でそれを自分でまったく認識しておらず、そしてあの堂々たる態度、ここまでくると敬服いたしますです。

 それにしても、偽装を指示した人はみななにか同じ匂いがありますですね。あのミートホープのシャチョーとか、船場吉兆のオカミとか、飛騨牛シャチョーとおなじ醜悪さがお顔ににじみ出ているじゃありませんか。いっそのこと三人で組んで偽装三兄弟、とか期限切れトリオとかいうグループで売り出すのもいいかも。あれだけアクの強い三人は芸能人にもいませんぜ。とほほ・・・。

 

ふぅ!

予想載せたあとにやはりサムソン2着の裏も100円づつ押さえておこうと急に思い、2000円追加したら見事的中。あとで付け足しで買うとだいたいはずれるものだけれども、やっと運がむいたかしら。とりあえず、春G1最後に取れました。バンザーイ!!

宝塚記念2008予想

 最後の最後でなんとかしたい。毎年、宝塚と有馬では思うわけですが、今年はほんと春は当たっておりません。まあ、最後ですが気を取り直して予想を。

 ここはもうどうしたってメイショウサムソンでいいのではないか。なにしろ、前走の天皇賞は再び闘志に火がついた感じで、あれ武がもう少し前につけていればなんとかなったと思うのは素人考えでありましょうか。今回は調教万全だそうですし、道悪も問題ないでしょうし、ここで1着固定にしないといかんでしょう。

 とにかく、2着3着探し、つまり馬単を当てる感覚でいきますが、当然沢山買っちゃあ意味がないので相手は5頭にしぼります。

 相手一番がやはりアサクサキングス、菊花賞馬で天皇賞2着には逆らえんでしょう。それとやはり天皇賞5着アドマイヤフジ。一発がある可能性も。あとはここで美味しいインティライミ。やはり道悪得意ということで。穴の魅力。そして内田が騎乗のエイシンデピュティ。ここ近走が素晴らしい。そしてココ臭うドリームパスポート。人気薄で気楽にのれるエビショー面白いです。

ということで以下の予想で。

1着2番

2着1,7,9,10,11番

3着1,7,9,10,11番

500円づつ20点10000円

とにかく圧勝するサムソンこれがないとね。武、頼む!

おいしい水(Água de Beber)

Sirakami_2  僕の店で使っているミネラルウォーターは連れのお方の実家の近く、秋田藤里町でボトル詰めされている「白神山水」であります。その名のとおり、ブナ林で有名な白神山地の水、以下はその特徴を書いた、宣伝文より引用。

「ブナは秋になると葉を落とし、地表はその「腐葉土」で覆われます。白神山地に降った雨は、スポンジのような腐葉土にしみ込み、その養分をいっぱいに吸い取って、土に返ります。長い年月を経て、良質な地下水が地中深くに蓄えられてきました。この水を外気に触れさせずにボトリング。特殊殺菌フィルターを使用して、採水地で直詰めするため、一切の加熱処理をしていません」

 僕の飲んだ感想ではとてもやわらかい、つまり軟水でありまして日本人向きの甘い水とでも申しましょうか。ヨーロッパなんかの堅い喉のとおりの悪い水とは正反対の、スムーズに飲めるやさしい美味しさ。この水でコーヒーを入れると抜群であります。もちろんお酒のチェイサーとしてもグッド。お店にいらしたらぜひお水も頼んでみてください(もちろん、お金はいただきません)。秋田白神の美味しい水の素晴らしさをぜひ味わってみてくださいませ。

新コース

 今日はいつものコースを変更して、初めて練馬区の江古田の森公園に走りにいってみました。自宅から公園までは2km、そして公園の外周が約1kmちょっと。僕がいつも走るコースのなかで中野区の平和の森公園を周回することが多いのですが、平和の森公園の芝生回りはまったく木陰がなく夏にはかなりしんどいコースです。この江古田の森公園は森というだけあって木陰の中を走れるのが嬉しいですね。それと、人が少ない。とにかくお年寄りがちょっとだけ散歩しているだけ。つまり芝生がなく小さな森なので子供を遊ばせいる場所じゃないんですね。犬の散歩や、ゲートボールをするお年寄りばかり。これは走るのにはいい環境?かもしれません。

 ある意味、ちょっとした森林浴もできるわけで、マイナスイオンも多少吸いながらリラックスして走ることができました。夏場はこの公園に走りにいくほうがベターかも。これからちょくちょく走りに行くことになりそうです。

T.K.G

Tamago  すごいね。世の中にはいろいろな本がありますが、「365日たまごかけごはんの本」とは!?365日卵を賭けて飯を食うための博打の本というわけではありません(当然ですが)。とにかく、たまごかけごはんのありとあらゆるレシピが載っている本だそうで、これだけで一冊の本ができるとはね。これぞ、究極のカテゴリーキラーであります。

 それにしても日本人はすきなのね、たまごかけごはんが。ちなみに僕は邪道かもしれませんが、目玉焼きの黄身だけがトロトロの状態のものをご飯にのっけて、醤油を垂らしてぐちゃぐちゃにかきまぜて食べるのがとても好きです。この本にはかなりいっちゃているレシピもあるそうで、かずのこ、黒豆、かまぼこをトッピングして醤油をたらしたものは「正月おせちでT.K.G(たまごかけごはん、のことね)」というらしい。いやあ、これはレシピ本というより笑える本ですね。

 もしかするとそのうち、たまごかけごはん専門店、なんてできたりするのでしょうかねえ。

さっさとやりゃよかった

 とっても私的な話でありますが(というかいつも私的な話ばかりですが)僕は自宅にはあまりジャズ系のCDを持っていません。あるのはポップスやクラシック、ロックなどで、ジャズ系はすべてお店に持っていっています。しかし、家にいてもジャズやフュージョン系の音楽を聴きたくなることがしばしば。しかし、そのために家に持って帰るのもめんどうであります。

 それで、一つ考えたのは自宅のPCに、店のCDでお気に入りのものを入れておくということ。現在もかなりの量がPCには入っているのですが、これはほとんどipod用にしておりました。なにしろ、PCに付属の卓上スピーカーが貧弱でどうも音楽を聴くという感じではなかったのでそんな状況でした。とはいってもわざわざ卓上スピーカーのいいのを買うのも大げさだし、と思いながらどうしようかと。

 でも、よく考えてみれば自宅には立派なオーディオがあるわけで、これから音を出せばいいじゃないですか。つまり、PCのジャックから長いコードでオーディオのアンプまで繋げればよろしいわけで、早速買ってきて現在繋いで音を出しております。それほど音質も悪くなくこれなら家でもかなりの量のジャズ系を聴くことができるようになりました。こんな簡単なことさっさとやりゃよかった。何事も思い立ったらすぐに行動にする、大事であります。

やられたー

Sany0003a_2  僕の3年ちかく使っているデジカメ、ちっちゃいのに破壊されました。なにしろ、最近ちっちゃいのは僕の携帯電話とか、ポータブルラジオとか手当たりしだいに掴み取りまして、ぐっちゃぐちゃに動かしてしまいます。デジカメも持って遊んでいるなあ、と思っていたらいつの間にか電源がはいってズームボタンを押してまして、そのうえ、その望遠にのびたレンズをガシガシ回しているうちに、どうやら壊してしまったらしいです。返してもらうと望遠はのびきったまま戻らず、ウィーン、ウィーンと変な音をしたままであります。きっとひっかかっているのだろうと思ってスイッチを切ってみたら今度はカメラの中で、カランカランとなにかが落ちた音が。そのまま電源は入らず、振ってみるとカランカランとむなしい音が・・・・。

 結局そのまま望遠のレンズは元には戻らず、電源も入らず。うぅ、とりあえず静止画も撮れるハンディビデオカメラ、買っておいてよかった・・・。

雨の中を

 今日の天気予報は午後60パーセント雨。なんとも微妙な確立でして、走りにいこうかどうしようか迷っていましたが、結局決行。空模様はなんとかもちそうに思ったのですが、走り出したとたんにぱらぱら。そしてかなりの降りになりまして、それでも5キロ走ってきました。

 今まで雨は敬遠、というかipod使用で雨に濡れて壊れてもなあ、と思いやめていたのですが、夏の午後の雨の中を走る、というのもなかなか気持ちのよいものでありました。どしゃぶりじゃなければこれは暑い夏は逆に走るのにいいかもしれません。ipodもちゃんとケースに入れてある程度保護すれば大丈夫そうですし。

 先週に久しぶりに10キロ走ったと書きましたが、やはり翌日は筋肉痛。ランニングは止めるとすぐにもとの筋肉や体形に戻ってしまいますね。だからやり続けないといけないのですが体調が悪かったのですからしょうがない。また一からというわけですが、それでも約一年前に走り出したときに比べればフォームもできてきているし、心肺機能も上がっていると本人は思っていますし、雨で気温も涼しげだったということもあり先週よりもずっと楽に走れたと思います。やはり今日も走りに行って良かったですね。

 梅雨だからといって走らないのはもったいないかもしれない、雨天決行、けっこういいじゃないですか。

来年のが決定

6月17日 産経新聞より

 来年3月22日に開催される第3回東京マラソン(日本陸連、東京都主催、産経新聞社など後援)の組織委員会が16日、東京都庁で開かれ、マラソンの定員を2万5000人から3万人とし、正式に賞金レースとすることも承認された。

 賞金は企業からの協賛金を充てる方向。一般の参加申し込みは7月22日から9月22日までで、インターネットや郵便振替で受け付ける。

 第3回大会は来夏の世界選手権(ベルリン)男子代表選考会を兼ねて行われるが、将来的には女子でも五輪や世界選手権の選考会として位置づけられることを目指しており、今回、女子も含めて男女計200人のトップ選手が参加できる枠組みを作った。また環境問題への取り組みとしてチャリティーを実施することが決まった。

 ということで、3月22日なんですねー。5000人増だし、ますます人気の大会になりそうであります。来年も走ることできるでしょうか。

評判のいいこのモルト再び入荷

Ichiro15_3     ここで何度もご紹介しております、日本の素晴らしいモルトウィスキー、イチローズモルトの15年が入荷します。とにかくこれが日本のウィスキーとはとても思えない深い味わい、そしてうっとりする香、まだ飲んでらっしゃらない方はぜひこの機会にどうぞ。この15年物はワンショット1500円にて。

二ヶ月ぶりに

 やっと、ほんとようやく走ることができました。とにかく、4月の中頃に先ずちっちゃいのの病気(最初は水疱瘡ね)あり、その後、自分の病気あり(これが長かったなにしろ1ヶ月半ちかく咳がとまらなかったのですから・・・)そしてこれで連鎖は打ち止めにしてほしいのですが、ちっちゃいのが一週間近く入院!とほんと余裕なし。おまけに、4月5月とお店のほうも厳しい状態で、心身ともに疲れました。

 そして、今日からちっちゃいのも保育園に復帰ということになり、僕もなまった身体に喝をいれようと思いランニングに復帰ということなのであります。

 それにしても、東京マラソン以来、どうも思うように走ることができなくてもやもやしていたのですが、そんなこともあり今日はいきなり10キロやっちゃいました。まあ、ゆっくりと楽なペースにしたのですが、それでも5キロ過ぎからは身体も重く、しんどい。梅雨ということまって湿気も多いのでけっこう辛いのです。それに、この二ヶ月あまりフラストレーションの影響で暴食気味でかなりメタボ的お腹に。これが走りをまた重くしているわけです。

 残り、3キロ、ほんときつくてきつくて途中で歩こうか、とも思ったのですが決めた以上はやり抜かないとと思い力を振り絞ってなんとか10キロ完走。でも、走りきってみれば気持ちよいことこの上なし。またスポーツドリンクがこの世で最高の快楽のように美味なんですね。自分は若干マゾ体質なんでしょうかね、辛い後に待っているこの気持ちよさを知れば知るほど、走りたくなるのであります。ほんと、人生つまんないとか、やりきれない、とかね、鬱々しちゃうときは何も考えず走って、しかもしんどいところをちょっと踏ん張ってみると、そのあとに生きている意味のようなものを実感するかもしれません。というか、僕は実感するのですが。(誰にでも効くかどうかはわからんですが・・・)

 自分の弛緩した体と心にこんな風に走ることで喝をいれてみると、スッと一瞬のうちになにかがリセットされるような気がします。たった2ヶ月休んだだけなのに、すっかり忘れていました。こんな気持ちの切り替えをね。さて、またこれからがんばろっと。

ついに映像に手を・・・

 結局ハンディな小さくてかわいいビデオカメラを買いまして、今はその画像をPCに取り込んでから編集、そしてDVDに焼くまでのプロセスを勉強中。

 実はビデオでとった画像は簡単にPCにおとしてからすぐにDVDに焼くことができると勝手に思っていたのですが、それなりの手順を踏まないとできないことがわかりました。なるほど動画のMPEG4というファイルは相当に重いというか、そのままだと扱いづらいのでAVIファイルに変換する必要があるのね。それを今度はウインドウズムービーメーカーというソフトで編集するためにそのソフトにそのデーターを移してから編集、そしてその編集したものをまたAVIに変換して保存してから、ここでようやくDVDに焼くことができるということをやっと理解しました。

 そっかあ、やはりそれなりに時間がかかるものなんでして、でもこの手順をしないとさらに果てしない時間がかかるらしいです。でも、編集もムービーメーカーの使い方さえ解ればかなり高度なことが簡単にできますし、一昔前を考えればこれはそうとう早く作業ができているということでありましょう。映像の編集が自宅のPCでできるのですからねえ。驚きであります。

夏がくると

夏がくると
ラタトゥーユ。ズッキーニ、トマト、茄子、いんげん、アスパラガス、パプリカ。夏野菜にはパワーが溢れてますね。そしてこの色彩、眩しい美しさであります。

再開

ブログ止まっていてご心配おかけしました。実は我が家のちっちゃいのが緊急入院しましてそれどころではありませんでした。幸にも大きな問題なく完治して5日で退院できほっとしました。まあ人の親になるといろいろありますです。

私事にて

 すみませぬ。今日から数日間ブログ更新できないと思います。よんどころない事情により・・・です。お店は開けてます。よろしくお願いします。

PC復活

 強い見方、お店のお客様でPCのプロフェッショナルであるH氏に、昨日は我家のPCを診断していただき、不必要なものを徹底的に掃除してもらい、その後ウィルス対策ソフトにてチェック、さらにメモリーの増設(512から2ギガに)、そしてさらにさらにビデオの画像取り込みから、DVDで見ることができるようになるまでの変換の手順までのレクチャーと素晴らしい手腕を発揮していただきました。もう、水の流れる如し、あっという間に動きの悪くなっていたPCが甦り、今ではスパスパとものすごく機敏に動いております。

 やはりプロ、僕の稚拙な質問にも的確にお答えをいただき、日々のPC内のチェックや掃除はちゃんとやらないといけない、ということもよくわかりました。これであと2,3年はなんとか大丈夫。CPUが対応できなくなるまではこれで万全でありましょう。ほんとH氏には感謝であります。

 さてこれにて環境は整ったわけで、というのも、前にも書きましたが我家のちっちゃいのを動画撮影したものをDVDに焼くということが最大目標でありまして、これからその手順を理解していかないとね。いやあ、昨日の安田記念のウォッカみたいに我家のPCも完全復活というわけであります(馬券はまたはずしたけど・・・)。

安田記念2008予想

 今日はこれからPCの改造をおこなうために予想を先にあげておきます。まあ、あまり考えすぎない方がいいのかもしれないとも思いますし。それで、安田なんですが、ここはやはり気になるのが香港馬。とにかくこのレースは走る。過去をみてもどうして、というぐらいに相性がいいですね。ですので、力が拮抗してわからない日本馬よりも軸には香港馬、グッドババでいくほうがいいと僕は思います。この馬、かなり強い、しかも日本の馬場にグッドババというわけで1頭軸マルチで。

 紐はやはりウォッカ、スーパーホーネット、スズカフェニックスとこの3頭はかかせませんが、穴で狙いたいのがハイアーゲーム。前々から追っているのですが、ここは人気も落ちて面白い。それに香港馬の残り2頭。これもどちらも不気味。この6頭が相手です。

三連単1頭軸マルチ

軸7番

相手1,5,11,15,16,17番

100円づつ90点9000円

それにフォーメーション

1着7番

2着11,17番

3着2,6,8,12,14番

100円づつ10点1000円

合計10000円

ああ、ここでなんとか・・・。

久しぶりの今月のこの一本

Rose  ここのところお休みしておりましたが、6月ひさしぶりに今月のこの一本をだします。これは、グーな一本。ローズバンク1981、20年カスク62.3パーセント。

 もう蒸留所が閉鎖されてずいぶんと経ちますが、そろそろ在庫も貴重になってまいりました。あと数年後にはこのボトルも相当な高値になること間違いなし。だったら今のうちに飲んじゃいましょう。高くなるまで待ってから売るなんて、せこい商売はしたくありませんので。

 ということで、今月グーな価格でワンショットいっちゃいましょう。通常なら2000円(それでも安いと思いますが)のところ、いいです、1500円でお出しいたします。一度飲んだら病み付きになること請け合い。飲みきりごめんで、お一人様一日ワンショットまでとさせていただきます。では、6月のこの一本、お楽しみくださいませ。

美味しい発泡酒の飲みかた

友人O氏から教えてもらいました。発泡酒をどうしたら美味しく飲めるか。トマトジュースでわってレッドアイ、もしくはジンジャーエールでわってシャンディガフ。これかなりいけます。むしろビールよりスッキリしていいぐらい。なるほどこれはいい案です。オススメ!

PC

我が家の使用しているPCも、買ってからはや4年。だいぶ動作環境があやしくなってきました。もちろんデフラグや不必要なソフトを抜いたりしてますが、それでなんとか今はなっているのですが。

買い替えるにはなあー金もかかるしと思っていたらお客さんでSEのHさんが僕のデスクトップの機能アップの相談にのってくれることになりました。考えていたより安くできるみたいです。やはりプロは違いますねー、諦める前に相談、大事なことですね。

これはモーツァルトだ(と僕は思った)

Rollins_2  近頃、お気に入りなのがソニーロリンズって・・ねえ貴方、なぜ今ロリンズを僕は聴いているのでありましょうか。

 もうテナーサックス界ではコルトレーンかロリンズか、という二大巨頭なわけで、それに人気もあるプレイヤーであるのですが、僕は大学生時代から今までどうもロリンズはダメだったのであります。

 何ゆえ今までダメだったか、と申しますと、代表作サキソフォンコロッサス(サキコロとジャズ好きはいいますね)の一曲目、St. Thomas を学生時代に聴いたときにあのノーテンキな臆面も無くあっけらかんとしたテナーの音がどうしても身体が受け付けなかったのであります。まあ、なんと申しましょうか、コルトレーンのあの切羽詰った感、叫びのような脳髄に突き刺さるようなあのコルトレーンサウンドこそジャズだと若気の至りで思い込みまして、対極にあるロリンズの楽しくてホットでノリノリのがね、当時はどうしても許せなかったのであります。

 まあ、許せないというのは大げさにしてもですね、どうも演歌のようなださださな感じに僕には聴こえたわけでして、それは実はロリンズのせいではなくて演歌のバックで吹いているサックスプレイヤーがロリンズのまね(というか誇張したような吹き方、そのぐらいサックスプレイヤーのお手本なわけでコルトレーンをお手本にした人はあまりいないはず)を皆していたのだなあ、ということがあとになってわかったのですが、だからこそ日本人に大人気なロリンズが天邪鬼な僕は大嫌いになった、ということなのです。

 ところがです、最近40も過ぎていつまでも意地張ってロリンズは好かん!なんてこといっていたらどこかのジャズ評論家みたいだなあとも思いましたし、聴かず嫌いをせずにここらでもう一度ちゃんと聴いてみようと、まずは20数年封印していたサキコロをCDで買いなおしてみました。すると、あんなに虫唾がはしるぐらいに嫌いだったロリンズサウンドが妙に気持ちいいじゃないですか。あのSt. Thomas もださださに聴こえたのが、とてもチャーミングでユーモラスで、おおっこれもジャズの面白さじゃないか、とハタと膝を叩いてしまいました。

 そこで僕として理解したことは、ソニーロリンズってジャズ界のモーツァルトなんだ!ということなんですね。つまり逆に僕がそれまで好きだったジャズはクラシックで言えばベートヴェン以降、音楽を純粋に音楽としてということより、そこに思想とか哲学とか、メッセージとか人生の哀歓とか、ジャズでいうなら黒人の悲哀だとか、白人の神経症だとかその他もろもろ、そういうものを漂わせているもの、そうコルトレーンだったりマイルスだったりエバンスだったりメルドーだったり、ブレッカーだったりということだったのです。

 もちろん、音楽にメッセージがあるというのはいいのですが、これは年をとったから(とは思いたくないですが)なんですかね、純粋に難しいこと言わずただ音と戯れミューズの歌を奏でる(実はこれが一番難しいかも・・)、まさにモーツァルト的なサックスがロリンズではないか、と今気づいたのであります。そう、だからノーテンキ、で臆面も無くあっけらかんでいいのでありまして、その無邪気でユーモラスで、それでいてテクニシャンでサックスの隅から隅までを鳴らしきる腕前、もう聴きかたが自分の中で変わった瞬間からロリンズがほんと楽しめるようになったのであります。

 そんなわけで、今のお気に入りが(すみませんねー今頃お気に入りとかいって・・)上記写真の ROLLINS PLAYS FOR BIRD 、これほんと空からロリンズにミューズが降りてきている一枚でありまして、ジャズはいつまでたってもいろいろな発見がある音楽なんですね。

台風はこなかったが

一日雨でさっき止みました。こういう時はお店は静か。ゆっくり飲みたい方は今からでもどうぞ。

ありがとうございました

土曜日はライブに多数御来場いただきまして誠にありがとうございます。これを機会にまた二ヶ月に一度ぐらいのペースでライブできるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。

ダービー2008予想

 サンデーサイレンス亡きあと、ほんと競馬は難しくなりました。やはり大種牡馬がいないとまさに戦国ダービー。どれがきてもおかしくない、ということで穴馬だらけで頭が痛いのであります。

 こういうときはあくまでも自分の物差しで考える、それではずれれば悔いなし、というのがいいですね。僕としては馬場も乾いてきたことを考えて、一瞬の切れる足がいいのではないか、それとジョッキー、ダービーという特別なレースで一番このレースをわかっているジョッキーこそ混戦を制す、ということでブラックシェル、武豊で勝負することにしました。

 なにしろ、誰もが憧れるダービーをここまで4勝、武だからこそ5勝でも6勝でもまだまだいけるでしょうし、なんといっても頭を使って策を練ってくるのは間違いなし。実は2枠のもう1頭タケミカズチとブラックシェル、どちらを軸にしようか迷っていたのですが、やはり柴田には大事なお金は預けられません。武ならまかせていい、そしてブラックシェル、この大舞台で花開く予感がいたします。

紐はやはり皐月組でしょう、そして今年は青葉賞の1着2着馬も。そして穴馬もちょっと入れてこんな買い目にします。

三連単フォーメーション

1着3番

2着1,4,5,8,9,10,18番

3着1,4,5,8,9,10,18番

100円づつ42点4200円

1着1,4,5,8,9,10,18番

2着3番

3着1,4,5,8,9,10,18番

100円づつ42点4200円

それに

1着3番

2着1,4,5,8,9,10,18番

3着15番

100円づつ7点700円

1着1,4,5,8,9,10,18番

2着3番

3着15番

100円づつ7点700円

1着15番

2着3番

3着9,10番2点200円

合計10000円

ダービーはほんと取りたいレースだなあ。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ