« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

今日で七月終わり

来月から心機一転、前向きにいきます。体調も万全、夏を乗り切っていきますよー。

同時期に二人逝ってしまうとは・・

Beck  2008年の7月は二人のフュージョンギタリストがあの世に旅立ってしまいました。

 ジョーベック、7月22日逝去、享年62歳。

1964年にプロ・デビュー後、1967年から1971年にかけてギル・エヴァンス・オーケストラに参加。また1967年にはマイルス・デイビス・バンドの初のギタリストとして参加。
1969年にはフュージョンの元祖的存在のマイク・マイニエリ率いるホワイト・エレファントにも参加、70年代には数多くのCTI作品のレコーディングに参加している。
1975年にはサンボーンとのコラボ作である名盤「Beck & Sanborn」をリリース。
1985年以降はDMPで数枚のリーダー作を制作している。

Hiram_2 ハイラムブロック、7月25日逝去、享年52歳。

1955年大阪生まれのハイラム・ブロックは70年代後半からニューヨークのスタジオシーンで活躍し、デビッド・サンボーン・バンド、24丁目バンド、ギル・エヴァンス・オーケストラなどに参加して多彩な演奏で人気を集める。

 

 二人とも70年代、80年代、そう、僕の青春時代に活躍したフュージョンギタリストでして、そういう人たちが次々とこの世からいなくなってしまうのはとても寂しいことです。なにか、僕の中のキラキラとしたあの時代の輝きが、一つづつ色褪せていくような感じがしてしまいます。それにしても、62歳、52歳、若すぎるなあ。今日は二人のアルバムを聴いて追悼します。合掌。

Pete Levin Bandでのジョーベック

1988年ライブアンダーザスカイ、デビッドサンボーングループでのハイラムブロック

またまたまた復調

 ようやく、また体調が戻りました。ほんと憂鬱な日々からまた抜け出ることができて嬉しいのでありますが、風邪やらなんやらすべて悪いことはこれで最後、といきましょう。とにかく、毎週末いつもぐったりしていたのでここのところ酒ほとんど飲んでません。それに、食事もまともに取れなかったので体重も減少。ある意味、逆によかったのかも、と思うことにしよう!、そう思ったほうが良いじゃないですか。まあ、8月からすべていい方向に流れが向くようになればいいなあ。

時がたって

Horii1_2  最近、ちっちゃいのが保育園に行く前に、いっしょに教育テレビの子供番組を見たりしているのですが、近頃の子供の歌ってなかなかお洒落。というか、バックのコードにテンションが入ったサウンドがさりげなく使われていたりするわけで、「へえ、ちょっとカッコイイ なァ」と思い作曲者をチェックしてみるとこれがおっと思わせる人たちなんですね。

 たとえば、シティポップス(死語ね)のシンガーソングライター、中西圭三が子供の体操の歌を書いて歌っていたり(「Woman」という曲がヒットしましたねー、「Choo Choo TRAIN」の作曲者でもあります)、なるほどそうかあ、という人を発見するのです。

 そして僕としてはこんなところでまた再会・・といった感じの人が、80年代から90年代にかけて夏の爽やかフュージョンサウンドの堀井勝美。この人はよほどのフュージョン好きじゃないと知らないと思いますが、それは彼は主に作曲編曲をしていて、彼のプロデュースで選りすぐりのスタジオミュージシャンを使い作った、いわばコンセプトアルバムを彼の名義で出していたからであります。ですので、彼自身は顔もほとんど表に出ていませんでしたし(テレビのライブでも彼のキーボードブースだけなぜか照明が当たっていなかったりします)他の人のアルバムにプレイヤーとしては、ほとんど参加していなかったはず。とはいえ、参加した面子は有名ミュージシャンばかりで、ジャケットはやはり当時を象徴するイラストレーター鈴木英人。

 サウンドはもう80年代のフュージョンサウンドはこれだっというぐらいのある意味ベタな爽やか系(って矛盾か)。確かに今聞くとちょっと恥ずかしい感じもありますが、もうすでに一回りしちゃって逆に今だから聞いてもいいかしら(パフュームも流行っていることだし)。このジャケットですからね、想像できるのじゃないでしょうか。とにかく、高中と門松とスクェアと皆足してしまったような感じっていったら怒られるかなあ。

 それで、この堀井氏、最近は子供の歌を作曲をたくさんしていて、僕としてはとても懐かしくなったしだいであります。ついついユーチューブで往年の堀井勝美プロジェクトを見てさらに当時を思い出してしまい、こんなことを書いてしまいました。

休養中

体調不良のため本日は一日中ぐったりです。

今日も

胃と腸の調子が思わしくなくあまり飯食えず。うーん連鎖だなー。

また風邪ひいた

 なんでこうも体調がよくないのか。また昨晩から調子がイマイチ。今朝起きたら微熱があり、身体がだるい。あきらかに風邪の初期症状。今回はちっちゃいのからもらったわけではなさそうなのに、なぜに具合が悪いのかしら。無理したりしてないのになあ。まあ、今は一年の中でそういうとこなんでしょう。気を取り直して、風邪治して、がんばろー。

頭が働かん

 暑さの始まり、といいますか夏の最初というのは身体がまだ暑さに慣れていないので、どうも調子がよくないです。熱中症というのも、だいたいこの身体が熱さになれる前の状態で起こるらしいですね。しゃっきとなにかを始めればいいのに、どうもうだうだしてしまう。そういう自分を自分で見るのは嫌なんですが、ここはちょっと喝をいれないと。商売もなかなか大変なご時世でありまして、やはりなにかアイディアをだしていかないとまずいのでありますが、いまのところ何も浮かばず。じゃあ、日常はというと、これもぱっとせず。こういうときは焦ってもしょうがないのですが、根がもともと貧乏性なのでなにかしなくちゃ、と気持ちだけが焦っておりまして、しかもこの暑さ。こたえますなあ。頭が働かないのなら、いっそ走って気持ちを切り替えればいいのでありましょうが、これもこの陽射しの中にでていく勇気がねえ。本でもゆっくり読んだりピアノを弾いたりすればいいのかしら。どうも、空回りしている昨今でありまする。

走ろうと思ったが

 さすがに日中、外を走る勇気なし。うう、昨年は強引に決行したのですが、どうも今年は体調が万全でないことが多くつい躊躇。さすがにこの暑さの中を走るのは自殺行為でありましょうか。今日は家でおとなしくしていましたが、曇り空にでもなれば明日あたり走りたいのでありますが。40過ぎて無理は禁物ですな。ばったりいったら洒落にならないしね。

かわいー

Ice2  なんともユーモラスでポップなデザイン。さて、これはなんでしょう。

 これはイタリア製のアイスクリームメーカーであります。連れのお方が自家製アイスクリームをちっちゃいのに食べさせたい、とのことで東急ハンズに見に行ったのですが、色々ある中でこのデロンギ製のデザインがとても気に入りました。

 アイスクリーム、シャーベットなどができるのですが、これの保冷ポットはワインクーラーとしても使えるらしいのでその点でもグッド。

 まあ、アイスクリームメーカーというのは実はかなり単純な構造でありまして、冷えた容器の中で牛乳、生クリーム、グラニュー糖、をゆっくりと攪拌すればいいのであります。ですので国産のもいろいろあるのですが、イタリアってどうしてこうグッとくるデザインのものを作るのでありましょうか。この白と黄色の感じや、波のような形状ね、このデザインにする必要性って普通考えないでしょ、合理的な日本製だと。

 これだとほんと美味しそうなアイスクリームができそうに思えてくるから不思議!生活にも遊びがないとね、なんたってアイスクリーム作るんですから。

休暇のランチ

Sany0012a  久しぶりにニ連休。お昼にちょっと贅沢なパスタを作って少しだけ優雅なランチを。家に冷凍のエビとホタテの水煮缶があったので、それをトマトソースにしました。ニンニクの香をオリーブオイルにうつして、玉ねぎのみじん切りを炒めて、エビとホタテの水煮缶を汁ごと投入。そこに白ワインを入れて煮詰めたところにトマトホールを手でつぶしながらいれて、ちょっと煮て塩で味見て完成。アイスコーヒーといっしょにいただきました。

 ホタテの味わいがトマトソースにばっちり絡んでとても美味でありまして、缶詰も使い方でかなりいけますです。

娘が父親を・・辛すぎます。

久しぶりに食指が

Sato_2  僕の店でも何度か演奏していただいているサックスプレイヤー、佐藤達哉さんが新しいアルバムを7月14日に出しました。今回はギターの高内春彦氏とのデュオ。哉さんのサックスとギターのデュオは僕の店でもやってくれたことがあるのですが、ギターのハーモニーにサックスがのるというのもなかなかです。マイケルブレッカー亡き後ブレッカースタイルを踏襲していくのは達哉さんしかいない。僕は活躍をいつも期待しているのであります。高内さん(松坂慶子さんの旦那さんでもありますね)のギターは僕はまだちゃんと聴いたことがないのでこれも楽しみですね。さっそくアマゾンで買っちゃおう。

今度こそ!

 もう、いやになっちゃうぐらいに走り出すたぴに頓挫。4月からまともにランニングできてません。うーん、しょうがないっちゃあしょうがないが、今月こそと思って走り出したら、一週間でまたまた病に。疲れますなあ。やっとまたまた回復してきたので、今度こそ走りたいのですが、季節は真夏に。あんまり無理すると今度はランニングで身体悪くしちゃいそうなんで、ほどほどにしないとね。とりあえず、熱中症を予防して水分をとりながら5キロぐらいを走るのがいいのかも。曇り日と晴れの日で走る距離をかえるのも手ですね。とにかーく、これですべての憑き物が落ちてくれればいいなあ(なにか憑依していたのか!?)ダメな時は、あとは上がるだけと思えばね、前向きにいけますです。

パーフェクト

 先週からの病、手足口病がやっと少し良くなりだしました。口の中はまだ口内炎があるのですがピークは過ぎた模様。4日間固形物がまったく喉を通らなかったのですが、少しづつ食べることが出来るようになってきました。おかげで約2.5キロのダイエットに成功。といよりやつれましたな。

 口が痛くて食事ができない、しゃべるのすらおっくう、な状態に人間なってみると、その他の身体機能はなにも問題ないのにどこかぎくしゃくとした、バランスの悪さを感じ気持ちが悪いですね。ランニング中に膝を悪くした時も思ったのですが、人の身体は、すべてが絶妙なバランスの上に成り立っていて、どこか一部分壊れると、それがすべてに影響するようです。普段はそんなことまるで気にしてないのですが、こういう状況になると普通になにも問題ない、ということが本当に奇跡的に寸分のくるいもない関連性というか機能性というか、神がかり的な合理性とでもいうのか、そんなことをあらためて認識するのであります。

 やはりパーフェクトということは大変なこと。自分はなにか欠落した存在ではないか、時として人生では悩む時もあるのですがとんでもない、これだけの完全なるもの、として自分が存在している、生きているということ、それに思いを馳せることができればまた日々の見え方が違ってくるはず。世の中がどうあれ、生きている意味や答え、それはこういうところにあるようです。

八月旅程決まる

 今年も連れのお方の実家、秋田へ。8月12日火曜日より8月17日日曜日までに決定。飛行機で行くのも考えましたが、値段があまりにも新幹線と違いすぎる!大人二人でお得なフリー切符でも56000円なのに、飛行機だと二人で13万。これじゃあ、いくら便利でも使えないなあ。ちっちゃいのが最近じっとしてないので長時間の列車の旅は心配なのではありますが。

未だ飯食えず

ゼリーやお粥でしのいでおります。身体が浄化されていく感じ。ダイエットにもなるしーこれはこれでいいかあ!

休養療養

 昨日書いたように、口の中が大変なことになっており、しかもウィルス感染ですから身体もだるい。思考能力ゼロ、飯食えない、やる気なし。明日には良くなるとよいなあ。

次から次へと

 手足口病。ちっちゃいのが先週、保育園からもらってきた病気です。そして、ちっちゃいのは完治したようですが、今度はまたもや僕に感染。口中(ほんと唇から舌から喉までいっぱいに)口内炎が多発中。もう、食事食べるのも大変、口の中が痛いので集中力なし。まだまだ続く、この連鎖。ひえー、ちっちゃいのからのプレゼントはなかなか手強いであります。

ブラックジョーク

その一

 原油高騰問題をオイル満載の専用ジャンボジェットでやってきた人たちで話し合われ、食料危機問題を贅を尽くした晩餐を食べながら考え、地球温暖化について空調のばっちり効いた豪華なホテルで議論しあう。さぞ素晴らしいアイディアと成果があったことでありましょう。

そのニ

 ダガーナイフのを売らないぐらいじゃ手ぬるい。どうせなら、すべてのナイフ、庖丁、フォーク、千枚どおし、彫刻刀、ハサミ、その他、刃物類全部売らなければ問題なし。いっそのこと、車も販売禁止、バイクもトラックも乗り物すべて、とにかく考えつくすべての人傷つけそうなもの全部廃止。そうすれば凶悪犯罪は減る、ほんと?

その三

 お年寄りがアルツハイマーにならないためにはやはり刺激が必要と思われます。自分で考え頭を働かしてより良い老後を送っていただきたいと社会保険庁は考えております。そのため、わたくしどもは年金台帳をワザとミスをいたしまして、一人一人でチェックしてもらってボケ防止に役立てていただきたいと考えました。さらにこれだけじゃ刺激がちょっとたりない方もいると思われるので、今度は厚生労働省に協力してもらい医療保険で適度な怒りをお年寄りのみなさまにもっていただき生きる活力を取り戻し、長寿をまっとうしていただきたい、このように考えております。

 

 

夏は辛いものがグー

Bacakara_2  またまたこんな本発見(あきれたグルメガイド、という副題がいいですねー)。これは連れのお方にぴったりかも。とにかく辛いものが尋常ではないほど好きなので。この本は極限に辛い一皿を紹介してあるそうで、考えるだけで汗がでそう。

 僕も辛いものは嫌いではありませんが、人並みです。都内某所に北極ラーメンという激辛ラーメンをだしているところがあるのですが、連れのお方は僕の目の前で完食しておりました。僕は、それよりもランクしたのラーメンで大汗をかいてぼろぼろ。辛さというのは人によって感じ方が違うのでありましょうかねえ。まあ、あまり辛いものばかり食べていると痔になりやすい、ということもあるそうなので、ほどほどにがいいでありましょう。でもなぜか、真夏の暑いときには辛いものが食べたくなりますね。実際、タイやインドなど暑い場所に辛いものあり、という感じもしますし、辛いものは香辛料のおかげで腐りにくくなるとか、発汗作用で逆に暑さしのぎにもなるということもあるのでしょう。

 僕が今まで人生の中で一番辛いと思ったのはタイの唐辛子。ビッキーヌというやつね。あれは一口いったら数時間口が痺れてなにも感じませんでした。いやあ、怖い!それなのに、連れのお方は辛いといいながら一応食べてましたからね、やはり相当なお強さでありまする。

またくるの!?

Joaog  ジョアンジルベルト、なんとついに今年も来日決定。

11月1日、2日が東京国際フォーラム11月3日が横浜だそうです。これ実現すると4回目の来日、あのジョアンがですよ!生きている彼を見ることは日本では不可能と言われたジョアンがねえ。

 僕は初来日と2回目を行きましたが、さすがにここまで日本好きになってしまうとは思いもしませんでした。これだけ立て続けに来日すると有り難味もちょっとなくなってきましたねえ。もちろん、ジョアンのパフォーマンスが超一流で、ジョアン、イコール、ボサノヴァ、ですからね、人間国宝といっても過言ではないでしょう。聴きに行けばそれは素晴らしいでしょうし、これが最後かもしれない、と思うと(そう思いつつ4回目なのよ!!)無理しても行くべきか。連れのお方も大ファンだし、ちっちゃいのをどこかに預けてもね、なんとかした方がいいのでありましょうか。うーむ、悩むなあ。

生活

 今年もお盆は連れのお方の実家、秋田へ。やはりちっちゃいのがいるのでどうしても一年に一回は秋田に行かないとね。それに僕も秋田に行くのはとても楽しみだし。

 とはいえ、このご時世、店お休みにして出かけるのはちょっと考えますなあ。ほんともう少し景気がねえ、ちゃんと末端まで良くならないと心配なくお休みも取れませぬ。こういう商売、世の中の景気にすぐ左右されてしまうわけで、頭の痛いところなんですが、まあくよくよしていてもなにも変わりはしない。むちゃしたり、怠けたりしているのではないのだから、今は日々一生懸命がんばるしかないですね。生活とは、活き活き生きるということなのに、時として日々生きることに精一杯で活き活きとしているのかどうか解らなくなること多々有。

 世の中、見渡すとその生活に疲れちゃった人も多いみたいで、病んでしまったり、壊れてしまったり。僕もその一人になりそうで、こりゃまずいなあーとにかく気持ちはいつも前向きに明るくいかないと、と最近思います。そりゃね、この国のあり方、行政の現状には言いたいこと山ほどありますが、それを恨み節のようにぶつぶついっているとさらに気持ちが後ろ向きになってしまうからね。それはそれとして、でも自分はどんな時も次をみて明るくしていないと。それが接客業だし・・・なんて、こう書きながらですね、自分のモチベーションをあげているわけでして、活き活きするもしないもすべて、自分しだいですなあ。気持ち一つで見える景色も変わってくる、せっかく夏休みに素晴らしい自然のある場所に行くのですからポジティブな自分で行くことができるようにね、日々活き活きと生きる、そういうことでありましょう。

今から東京へ

今から東京へ
湘南新宿ライン平日の昼間のグリーン車がらがら。

帰省中

葉山の実家におります。ゴールデンウイークはちっちゃいのに移されたマイコプラズマ肺炎で帰ることができず、六月はちっちゃいのが入院のためやはり帰省できず、やっと今月であります。

努力してます

Ichiban_2  やっと見つけた!もう定価で本当に買えなくなってきて、凄く頭に来るぐらいプレミア価格(なんと5000円から7000円!)にされてしまっている黒糖焼酎の長雲一番橋。僕はとにかくプレミアつけて売るというのは絶対に許せないのでありまして、手に入りにくいからといって高値をつけて売る酒屋は矜持を正せと言いたい!ケチくせー商いしやがる輩がこういう質の高い酒を汚しているような気がしてね、ですので僕は意地でもプレミアのついた価格では買いませんし、もちろんプレミア価格で売ることもいたしません。

 当然、僕の店では普通の焼酎を同じ値段でこの一番橋お飲みいただけます。数日中にはお店の棚に並んでいますので安心してお飲みくださいませ。

小風邪

 またもや、ちっちゃいのより風邪うつされました。もともと風邪ひかない人だったのに、こうもしょっちゅう小風邪をひくことになるとは。ちなみに小風邪とは、僕が勝手に言ってますが熱はでないで鼻水と咳が止まらない状態。ちっちゃいのが数日前、鼻ずるずるだなあ、と思っていたらその後僕と連れのお方の鼻もずるずる。そしてちっちゃいのはすっかり治って元気に飛び跳ねているという、はぁ・・・。今日なんて曇り空で、走りに行くのに絶好なのに・・・・。

今年も半分終った

 今年もあっという間に半年経ってしまいました。はやいはやい。ちっちゃいのがいる、というのもありますが日々生活に追われて時間だけがどんどん流れていってしまいます。

 確かに今、ちっちゃいのを中心に我家は回っている感じがしますが、40代もあと少しで半ばにさしかかり、やはりね、人生のあり方をもう少し考えなければ、と思うのであります。仕事にしても、ライフワークにしてももっともっと何かを仕掛けていかないと、気力だけがどんどん無くなってしまうのではないか、という怖さがとてもありまして、またここらで次の何かを見つけないとなあ。

確かに流行りだが

 このあいだ、お店にてバイトのK子ちゃんとお客のHさんの会話。

Hさん 「もうすぐ夏だし、今年の新作の水着買おうとおもっているんだー」

K子ちゃん 「えー!今流行のあれですか、なんでしたっけ、スピード!」

(おいおい、レーザーレーサーは普通の人は買わんぞ、K子ちゃん!)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ