« またまたまた復調 | トップページ | 今日で七月終わり »

同時期に二人逝ってしまうとは・・

Beck  2008年の7月は二人のフュージョンギタリストがあの世に旅立ってしまいました。

 ジョーベック、7月22日逝去、享年62歳。

1964年にプロ・デビュー後、1967年から1971年にかけてギル・エヴァンス・オーケストラに参加。また1967年にはマイルス・デイビス・バンドの初のギタリストとして参加。
1969年にはフュージョンの元祖的存在のマイク・マイニエリ率いるホワイト・エレファントにも参加、70年代には数多くのCTI作品のレコーディングに参加している。
1975年にはサンボーンとのコラボ作である名盤「Beck & Sanborn」をリリース。
1985年以降はDMPで数枚のリーダー作を制作している。

Hiram_2 ハイラムブロック、7月25日逝去、享年52歳。

1955年大阪生まれのハイラム・ブロックは70年代後半からニューヨークのスタジオシーンで活躍し、デビッド・サンボーン・バンド、24丁目バンド、ギル・エヴァンス・オーケストラなどに参加して多彩な演奏で人気を集める。

 

 二人とも70年代、80年代、そう、僕の青春時代に活躍したフュージョンギタリストでして、そういう人たちが次々とこの世からいなくなってしまうのはとても寂しいことです。なにか、僕の中のキラキラとしたあの時代の輝きが、一つづつ色褪せていくような感じがしてしまいます。それにしても、62歳、52歳、若すぎるなあ。今日は二人のアルバムを聴いて追悼します。合掌。

Pete Levin Bandでのジョーベック

1988年ライブアンダーザスカイ、デビッドサンボーングループでのハイラムブロック

« またまたまた復調 | トップページ | 今日で七月終わり »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

ハイラム・ブロックは大好きなギタリストで本当に残念。52歳なんて若すぎですよね。初めて生で見た88年のライブアンダーのハイラムはかっこよかった!

ええ~!ショックです。ジョーベックも聞きましたがハイラムブロックは24丁目バンドも聞いたしまだ若いじゃないですかッ!
なんか最近はメタボ振りが凄かったからヤバイなぁとは思っていたけど・・悲しいですね。そしてなんか他人事でない気がするとこが怖いです。さようならブロック!

いのさん、ハイラムブロックは日本のフュージョンギタリストにもかなり影響を与えたのではないでしょうか。あの独特のカッティングやソリッドな音はフュージョンギターの王道でありましょう。

T.S弟さん、そうそう最近のハイラムブロックはそうとうオデブでしたね。昔の面影がまるでなくて僕も写真見てびっくりしていたのです。それにしても、52歳は若すぎるなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまたまた復調 | トップページ | 今日で七月終わり »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ