« これはお好み焼き? | トップページ | この夏はまった味 »

やっと脱却か

 身体の調子や夏の暑さによるだるさ、そして生活のリズムの乱れ、この数ヶ月どうにも調子が上がらず、もやもやした日々が多かったのです。走ることもなかなかできないし、仕事もあまり景気がよくなくて、ちょい凹み気味だったり、いろいろなことがありまして、べつに腐っていたわけではないですが、やはり今思えばウダウダした日常でありました。

 こういう時って、もがいてもどうにもならず、ある一線をふっと越えたときにスッと今までの状況が嘘のように変わる、いや状況は変わらないのですが、見え方が違ってくるのであります。それが、ここ数日いきなりきまして、それまでの自分の日々を反省し、(まあ、体調などしょうがない部分もあるのですが)次へとりあえずどうしていくか、つまりネガティブなポジションからポジティブ側にやっと移行できたようです。

 僕はいつも頭の中にチャートといいますか、自分がどの立ち位置に今いて、それがネガティブなのか、ポジティブなのかという問いを自分にするのですが、頭でわかっていてもなかなか脱却できないわけです。それでも僕という人間はしつこく、頭の中でシュミレートして目の前の状況に対し、自分はどういう気持ちで臨んでいるのか、ネガティブの中にいても考えるのです。とにかく、それを毎日のようにやっているとある日、スッと、キター!(織田裕二のものまねで)と一気に抜けるのでして、それが今週にキター、という訳です。

 抜けるとなにが違うかというと一番は時間の使い方ね。それまで漫然と時間の流れにいたのが、これをしたら次にこれを、という具合にきっちり整理して動けるようになるのです。限られた時間の中でなにをしてどう成果をあげていくか。それがまたゲーム感覚である意味楽しめるようになる。こうなるとしめたもので、なにかが動き出す時はこういうときなんでしょう、僕にとってはね。

 こう書くと、かっこいいのだけれど、これが毎日毎日できればなあ、そりゃあいい日常なんですが、知らず知らずにまたネガティブ側にふっと入っていたりします。つまり、ここに書いたことの繰り返しなんですね、生きているって。ただ、こういう流れの中で、今自分はどこに立っているのか、それだけでも解るとけっこう楽なんですね。つまり、きつい状況の中に立っていても、そうそう絶望しないでもいい。だって、気持ちはいずれ抜けていくし、状況が絶望をもたらすというよりも、自分の気持ちが絶望的状況を作り出しているということが解っていればね、滅多な事じゃ投げ出さないで生きていけますから(まあ、たまには凹むこともありますが)。

 ということで、体調も問題なし、八月最後にしてやっと、もやもやを脱却した模様。よかった、よかった。

« これはお好み焼き? | トップページ | この夏はまった味 »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

そうですね~(^^♪
気持ちの変化というのは~
なにかのきっかけで 
あっと いうまに変わりますね

行動あるのみかもです (^_-)-☆

最近わかったのは体を動かす、つまり走ると一度気持ちがリセットされて、前向きなほうへシフトしやすくなるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これはお好み焼き? | トップページ | この夏はまった味 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ