« 宴の準備 | トップページ | 責任を転嫁するな! »

バーニャカウダ

 昨日も連れのお方の兄さん夫婦と飲みまして、夜はいつもの仲良し焼き鳥屋さんで。休日をリラックスして過ごしましてブログもお休みしてしまいました。

 一昨日の宴も無事終了。イベリコのローストもホタテとバジルのトマトスパゲッティも大変好評でしたが、前菜にだしたバーニャカウダが子供たちにも喜ばれました。スティック状の胡瓜やニンジン、パプリカといっしょにバーニャカウダというイタリアピエモンテの郷土料理のソースを出したわけですが、作りかたを教えてとのことでしたのでここに書いておきましょう。

材料

ニンニク3個

アンチョビ一缶

牛乳、オリーブオイル

作りかた

ニンニクを皮を全部むきます。(僕はニンニクの下部を庖丁で切り電子レンジで約1分加熱します。すると皮からぴゅっと簡単にニンニクを取り出すことができます)

そしてそれを沸騰した牛乳にいれて弱火で約20分から30分ぐらい煮ます。

牛乳からニンニクを取り出して、庖丁の腹ですべてつぶします。(簡単につぶれるぐらいまで煮てください)

そのつぶしたものを小さな鍋にいれてひたひたにオリーブオイルを注いで、そこにアンチョビ一缶を加えて加熱。かきまぜているとアンチョビが崩れてまざっていくのでニンニクの水分を飛ばしながら混ぜ続けます。てきとうに水分を飛ばしたらできあがり。

食べ方は生野菜(胡瓜、パプリカ、ニンジンなど)か温野菜(ブロッコリーやアスパラ、カリフラワーなど)につけて食べるのが一般的。パスタソースに混ぜてのばして使っても美味ですし、いろいろ応用できると思います。沢山作って常備しておくといいでしょう。冷蔵庫で2,3週間はもちます。(ちなみにバーニャカウダとは暖かいソースという意味だそうです)

« 宴の準備 | トップページ | 責任を転嫁するな! »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宴の準備 | トップページ | 責任を転嫁するな! »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ