« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

最近嬉しかったこと

4  我家のちっちゃいのにデジタルカメラを破壊された、という話は以前したと思いますが、その後デジタルビデオカメラを買いまして、それで写真も撮っておりました。

 しかし、ビデオカメラで写真も、というのはやはりビデオがメインですからどうも写真が撮りずらい。やはり写真はデジカメで、というのが使い勝手よろしいようで。

 ただ現状では新しいカメラ買うのまではちょっとためらっておりまして、しかたなくビデオカメラで併用していたのであります。

 前に使っていてちっちゃいのに破壊されたカメラ、リコーのキャプリオR3は僕としてはかなり使いやすく、今でも残骸が家にころがっておりまして、みるたびにため息が。

 そんな日々を送っておりましたら、この間、お客様のHさんがパナソニックの新しいカメラを持ってお店に。そのHさんは僕のキャプリオの次のモデルR4を持っていたのでつい「前のキャプリオはどうしました。僕のR3ちっちゃいのに壊されちゃったので、もし使ってなかったらくださいよ」とずうずうしく言ってしまいました。すると、「ああ、それならあげるよ」となんと、なんと嬉しいお答え。言ってみるものです。

 実はバイトのK子ちゃんも昨年アメリカに行く前にデジカメが欲しいと言っていたら、お客さんで友人のO氏がそのとき持っていたデジカメを「あげるよ」と言ってゲットしたということがありました。これで、店主と従業員の二人ともお客様からデジカメをもらうという快挙?を成し遂げたということであります。感謝、感謝でしてこれでまた気軽に写真が撮れますなあ。ありがたやありがたや。

昨日で

 今年のすべてのお仕事終了。常連さんたちと忘年会をお店でやりまして、しこたまお酒を飲んで皆で盛り上がりました。

 毎年この忘年会を終えると今年ももうすぐ終わりだなあ思うのでして、一年間またお店を皆様のおかげでやってこれたことに感謝するのであります。なにしろ、ほんと今年は厳しかったのでありますが、この忘年会でいいお客さんというか、仲間が楽しそうにこの店で飲んで騒いでいるのを見ていると、がんばって来年の暮れもまた忘年会ができるようにお店をやっていかないと、と真剣に思います。

 とにかく皆様にほんと感謝。来年もよろしくお願いします。

(年明けは1月5日月曜日からです。お待ちしてます)

有馬記念2008予想

 ついにラスト。有馬記念ですが、予想ではあまり当たってないのですが、実馬券では三週連続当たり。ジャパンカップダート、ジュベナイル、フューチュリティと取りあえずゲットしております。この勢いでなんとか最後の最後も有終の美といきたいものです。

 さて、軸を迷いに迷って10番マツリダゴッホに。最初、マツリダは人気になれば消しにもってこいとの予想をしていたのですがダイワが大外枠に入ってしまい、再度考えました。マツリダも決していい枠ではないのですが、ここで一着になる馬はこの二頭のうちのどっちかであり、またどちらかが1着になればどちらかは連をはずす、という予想をしております。

 つまり外枠に入った2頭で決まることはない、というのが前提です。さて、明らかに前走ジャパンカップが叩きであったであろうマツリダは本番はこちらなはず。ダイワが大外にいったなら、こっちを1着固定に考えるのがいいのではないか。

 もちろん、ダイワの1着も十分あると思うので押さえには1着ダイワ、3着マツリダの馬券も少々。

 あとは5枠までの馬で可能性のある馬をピックアップ。予想は以下のように。

三連単フォーメーション

1着10番

2着1,2,6,7,8番

3着1,2,6,7,8,11,13番

300円づつ30点9000円

それと

1着13番

2着1,2,6,7,8番

3着10番

200円づつ5点1000円

合計10000円

今回はラストなので仮想も実馬券もいっしょです。

本日今年通常営業最後

 12月もいよいよあとわずか。年末であります。ザジは今年は28日が忘年会ですので、明日27日が通常営業最後なのですが、明日はおかげさまで貸切の予約がはいってしまいました。ですので、本日26日金曜日が今年最後の通常営業となります。

 今年は大変きびしい年でありまして、不況の波をかぶりながらなんとか年末を迎えられました。これも皆様、お客様に僕の店が支えられてのことと思っております。来年はさらに厳しい状況も予想されますが、それでもがんばってやっていこうと思っておりますのでなにとぞ、これからもよろしくお願いいたします。

今から投函

 年賀状製作終了。今年もお客様のNさんに協力してもらって無事年内に出せます。感謝。

 それにしても一年は早い。この間、年賀状書いて初めて子供が生まれた報告したのに、あれからもう一年。明らかに子供は成長しておりますが、己はいったいどうだったのか。反省もかなりある一年でありました。

 まあ、今年はもうすぐ終ることだし来年はその反省を踏まえてがんばります。ということで、これから年賀状だしてきます。

ベルギーチョコはじめました

Ber_2  本格的なベルギーチョコレートをお店のメニューにのせました。前からチョコレートを置いて欲しいという声がございまして、ずっと探していたのですがやっと素晴らしいチョコレートを見つけました。

 ウィスキーやワイン、焼酎にもチョコレート実はよく合います。しかも、高級なカカオの香りやナッツやオレンジの味わいは、さらにお酒を美味しくすること間違いなし。

 今回、写真の7種類をご用意させていただきました。オランジェットは1個250円、そのほかは1個300円というリーズナブルな価格にしております。ショコラティエ、ジャンプルートの正真正銘のベルギーチョコです。一個から注文してくださいませ。

なぜか三週連続勝ち

 ジャパンカップダートもそうでしたが、ここに予想アップしたあとに、いや待てよ、やはりここはこの馬をいれねばと昨日もふとひらめき、見事に3連単ゲット。まあ、今回もあまりつかなかったのでほとんど儲けなかったですが、実馬券は絶好調みたいです。

 昨日はべつに返し馬が、というわけではなく、一度は捨てたセイウンワンダーがどうも心にひっかかっていて予想を再考。武のブレイクランアウトを1頭軸マルチでセイウンを含めた馬券で勝負しました。

 つまり、ネットでの予想(つまりは仮想馬券)は失敗しましたが、実際には当たっていたというしだい。この流れで有馬記念で締めくくれればいい話になりますなあ。

朝日杯フューチュリティーステークス2008予想

 今日は簡潔に予想だけ。復帰の武に賭けます。

三連単1頭軸マルチ

軸5番

相手1,2,9,11,13,15番

100円づつ90点9000円

三連単フォーメーションで

1着3,5番

2着3,5番

3着1,2,9,11,15番

100円づつ10点1000円

合計10000円

年末年始のスケジュール

 もう今年もあとわずか。ほんと12月も半ば過ぎなのか、あまりの街の活気のなさに疑ってしまうほど。でも、大晦日まで日は一日一日と迫っております。

 さて、お店のスケジュールですが、12月は27日土曜日までが通常営業。28日の日曜日は大掃除の後、恒例の忘年会であります。 年明けは1月5日月曜日から。

 こんな時代ですから、これから12月終わりまでは、パァーとやって明るく年を越したいもの。ぜひ、お店に来ていただいて、美味な酒飲んで、楽しい語らいをしましょうぜ。お待ちしております。

毎日解散でいいのか

 衆議院はいつまでたっても阿呆さんのせいで解散しませんが、その他は続々解散。昨日、オンワードがアメフトから撤退とでていたら、今日は西武がアイスホッケー部解散。スズキとスバルはカーラリー撤退で本田はF1撤退。なんだか、凄いことになってます日本は。

 僕は知らなかったのですが、三菱ももうとっくにカーラリーやめていたらしいですね。僕の父親は三菱自動車に勤めていたので、ランサーがラリーで活躍していた頃はよくパンフレットなどを会社から持ってきてくれました。別にラリー好きではないですが、ちょっと寂しい話です。

 まあ、景気がこうも悪くなれば会社もそういうことはお荷物と考えるのは当然なのでしょうが、できればそういうものを何とか存続させて支えていってもらいたいものです。なぜなら、それは企業広告になるという試算だけではなく、大企業だから育てていけることでもあるはず。確かに景気で屋台骨がくずれては元も子もないでしょうが、でもこれじゃあますます社会や文化はダメになってしまいます。

 ヨーロッパだとこの点は少し違うのではないでしょうか。ツールドフランスという自転車レースは文化として企業や個人が一生懸命支えているそうで、バブル全盛のころは日本企業もこぞってスポンサーになっていました。しかし、バブルがはじけると、ほとんどの日本企業はツールから挙って撤退。フランス人からかなりの反感を買ったらしいです。そういえば、バブルの頃は大手企業がみんなメセナとか言って、文化事業に自分たちはこれだけ貢献しているみたいなことをやたら自慢していましたが、今はメセナなんて誰も言ってないですね。なにか自分たちは誰がなんといおうとこれを責任をもって育てよう、なんて人たちはもう日本にはほとんどいないのでありましょうか。

 新興のIT企業も金になるかならないかだけで動いていて、スポーツや文化を支えていこうという気概をもってスポンサーになった、という話はほとんど聞きません。みんな、目先だけにつられて、ほんとつまんない世の中になってしまいました。苦しい時に文化的なことやスポーツのようなことすら関心をなくしてしまったら、もう人間らしい暮らしではないでしょう。僕はこういう状況だからこそね、文化に目を向けないといけないと思っています。だって、そうじゃないと僕自身が息苦しくてたまらないですから。ただ飯食うためだけみたいな生き方になっちまったら人間やめた方がいいぐらいです。

 何度も言いますけど、お家の事情だからいたしかたないのかもしれない、でも、調子のいいときだけ大きな顔してスポンサーというのはずるいような気がします。もっと、大局を見て決めてもらいたい。だめだからすぐつぶすじゃ、人も文化も育たないのです。

笑えない

Tero  世の中、ほんとひどいものがありますね。この写真、子供の遊ぶブロック玩具レゴのミニフィギュアです。これはテロリストだそう。こんなものをどうして作ろうと思うのでしょう。

 もちろん、レゴのオリジナルではなく、アメリカのマニア向けのカスタムパーツ屋が作ったのだそうです。(詳しくはこれ

 格好から明らかにイスラム系でして、狂っているとしかいいようがない。これ見ると平和なんて、この世の中に存在しない概念のようにすら思えてしまいます。ある意味これが21世紀を象徴しているのだとしたら辛いことであります。

行きたいライブ

2009年3月3日(火) 19:00 開演(18:30 開場)
サントリーホール
S席 \8,000 / A席 \7,000 / B席 \6,000
出演: ブラッド・メルドー(Pf)、ラリー・グレナディア(Bass)、ジェフ・バラード(Drums)
 
三月三日ひな祭りですね。火曜日かあ。この不景気に店を休みにしていけないよなあ。でも、いきたいなあ。S席8000円かあ・・・・。

土曜日のライブ

 先週土曜日のザジ7周年記念ライブには多数の皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました。21名のお客様で辛島氏の演奏も大変エキサイトしまして、素晴らしいパフォーマンスだったと思います。お客様からも、また辛島氏ご本人からも「今までのザジ記念ライブで一番いい演奏だった」と言っていただきまして店主としても嬉しい限りであります。

 7周年を迎えて、一言だけ。ここまでやってこれたのは皆様のおかげです。辛島さんからもまた来年も呼んでくれ、と言われなんとしても店をがんばってやっていかねばと思いました。8周年もこのように迎えられるように一生懸命がんばりますので、引き続きザジをよろしくお願いします。

阪神ジュベナイルフィリーズ2008予想

 この間、スポーツ新聞を呼んでいたら元ジョッキーの大西の談話がでていて、阪神ジュベナイルのような2歳競馬は言ってみれば、幼稚園児のかけっこ、みたいなものだと言ってました。まさにそんな雰囲気でありまして、どの馬が来てもおかしくない、と毎年書いているように思います。

 まあ、幼稚園のかけっこ、ですから能力的にはもの凄い開きがある馬たちが一緒にでている、ということでありましょう。ですのでこの中に段違いにレベルの高い馬がいるか、どうか、ということから見てみますと、僕はやはりブエナビスタが一段上にいるように思います。この馬だけ抜けていてあとはどんぐりの背比べではないのでしょうか。

 この切り口で考えると、当然紐はかなり手広く買いたいところ。ということで、今回は変則的フォーメーションで予想しました。

三連単フォーメーション

1着13番

2着2,4,9,11,17番

3着2,4,6,7,9,12,14,17番

100円づつ40点4000円

1着2,4,9,11,17番

2着13番

3着2,4,6,7,9,12,14,17番

100円づつ40点4000円

1着9番

2着2,4,6,7,11,12,14,17番

3着13番

100円づつ8点800円

1着2,4,6,7,11,12,14,17番

2着9番

3着13番

100円づつ8点800円

1着13番

2着12,14番

3着12,14番

100円づつ2点200円

1着12,14番

2着13番

3着12,14番

100円づつ2点200円

合計1万円なり(先週当たったので実、仮想おなじで)

本日7周年記念ライブ

Karasima1 僕の店、バーザジはこの12月で7周年となります。そして毎年、恒例になりました記念ライブを本日おこないます。もちろん、演奏は辛島文雄氏のピアノソロ。ザジ登場もなんと5回目となります。素晴らしいパフォーマンスをぜひ、体験なさってくださいませ。

辛島文雄ジャズピアノソロライプ

(ザジ7周年記念ライブ)

12月13日土曜日

夜7時オープン、演奏は8時から2セット

チャージ4500円(ドリンク別)

予約は03-3389-4522 伊藤まで

安かろう、良かろうの大満足

Crios  最近お店にて始めた700円のグラスワインが大好評。今までの高品質のグラスワイン1200円はもちろん評判は良いのですが、今回のお値打ち700円でお出ししていますこの赤、アルゼンチンのクリオス、カベルネソービニョンは、はっきり言って凄い!

 パーカーポイント90という、この価格のワインではありえないポイントを獲得。そのポイントに嘘はなく、僕も初めて飲んだときに、この価格帯のワインではありえない味に驚きました。

 僕の感じでは味わいは凝縮された葡萄の果実身がストレートにでておりまして、しかもカベルネ特有の香りもあります。そしてさらにスパイシーな胡椒のようなテイストも。もちろん、ボルドー的な複雑さはないですが、それでもワインの力強さ、上品さははっきりとでております。飲み飽きない味わいはまさにグラスワインにぴったり。

 冬に飲むにはぴったりのアルゼンチンのこの赤を、ぜひ、一度お試しくださいませ。

やっぱりなあー

 神様は凄い。

お客様各位

12月13日(土)、14日(日)東京国際フォーラム ホールA にて予定しておりました【ジョアン・ジルベルト / 50 Years of BOSSA NOVA】公演は、来日に向け腰痛の治療を続けて参りましたが、ブラジル-日本間の長距離渡航が可能になるまで回復せず、やむを得ず中止させて頂く事となりました。

公演を楽しみにお待ち頂いておりました皆様には、度重なるご迷惑をお掛け致します事を深くお詫び申し上げます。

平成20年12月10日
主催一同

 それにしても、主催者は大変ですね。ジョアンを来日させるというのは大博打なわけです。過去、三回はその博打が成功したのでラッキーだったのですが、さすがに4回目、11月の公演をまず延期して12月にしましたが、結局大キャンセル。これは痛い。

 とにかくジョアンはボサノバの神様ですが、ワガママでも有名な人ですから今回もほんとにくるのか、と僕のお店のお客様と話していたのです。案の定、腰痛という理由でキャンセルですかあ。この理由でこないというのはジョアン=神様だから通る言い訳でありましょう。まあ、僕は延期した日程と店のジャズライブが重なったので、どの道行けなかったのですが、こうなると次回の公演はあるのかどうか、心配なところでもあります。

ジャズであろうがなかろうが

Patm_2  音楽、とりわけジャズが好きで長いこと聴いているのですが、最近はどうも食傷気味。なにを聴いても新鮮な感動も無し、かといってなにも聴かないというのも寂しいし。もちろん、その時その時でいい音楽はあるのですが、僕自身がジャズバーなんぞをやっているせいで、どうもジャンルに縛られた聴きかたをしているのかもしれません。

 もともと自分はクラシックやワールドミュージックも好きであまりジャンルにとらわれないようにして聴いてきたはずなのに、いつのまにかジャズというカテゴリーに囚われ過ぎてしまったでしょうか。

 自分がいいと思えばなにを聴いてもいいわけで、これがジャズであるかどうか、なんてどうでもいいことなんだよなあ。実際にここ最近いいと思ったものは、一般のジャズの世界からは逸脱したものの方がグッときているわけです。ハービーのグラミー賞とったボーカルものとか、クラブ系のメデスキーとか。

 そんな中で、ここのところヘビーローテで聴いているのがお客様のSさんにいただいた、パットメセニーとポーランドの女性ボーカル、アナ・マリア・ヨベックのコラボアルバム。これは、たぶんジャズじゃない、という人がいると思いますが、そんなことはどうでもよくて、ここには明らかにメセニーとヨベックのオリジナルな世界があります。この世界観というか、オリジナリティはジャズ的か否かということではない、ジャンルを超越した凄みがあります。僕自身気づかされたというか、なにも考えずこの音世界にどっぷりと浸かればいいじゃない、という気持ちになりまして、もっと先入観や頭で先に考えるのではなく、自分の感性にどう訴えているのか、そういうある意味ワガママな聴きかたをしないといけない、そう思ったのであります。

 なにか評論家的に聴いてしまい、自分をがんじがらめにしていたのではないか、でもパットとヨベックは自分たちのやりたいことをやったまでで、彼らはこれがジャズだとかはどうでもいい、と思っていることでしょう。ポーランド語で歌っているということも、なにか斬新でありながら暖かい味わいでして、ほんと心で聴いてみてしみじみ胸に染みまして、ちょっと原点に戻れた気がした一枚であります。

7周年記念ライブにぜひ!!(席まだあります)

Karasima   再再度、お知らせ。来月、僕の店、バーザジは7周年となります。そして毎年、恒例になりました記念ライブを今年もおこないます。もちろん、演奏は辛島文雄氏のピアノソロ。ザジ登場もなんと5回目となります。素晴らしいパフォーマンスをぜひ、体験なさってくださいませ。

辛島文雄ジャズピアノソロライプ

(ザジ7周年記念ライブ)

12月13日土曜日

夜7時オープン、演奏は8時から2セット

チャージ4500円(ドリンク別)

予約は03-3389-4522 伊藤まで

こういうこともある

 昨日、ジャパンカップダートの予想を書いたのですが、その予想は見事にはずれました。1着固定のヴァーミリアンがこけまして、3着。あららー残念。

 という結果だったのですが、実はテレビでレース直前に馬がコースに出てくる返し馬を見ていたら、急に10番カネヒキリが凄くよく見えたのです。僕はだいたい馬を見る目はないと思っておりまして、返し馬判断で当たったことなんてまずありません。それなのに、昨日はやけにキャンターが軽く、強く、いい走りっぷりに見えたのです。

 まあ、だいたいこれで付け足し馬券を買うとさらに墓穴をほる結果になるのですが、昨日は違いました。1着カネヒキリ2着ヴァーミリアン固定の三連単と、1着カネヒキリ3着ヴァーミリアン固定の三連単を9頭にながし1800円を付け足し購入。これが見事はまって69000円ゲット!これが不思議なことに最初に買った馬券には5番メイショウトウコンを切っていたのに、付け足しの方ではこれもひらめいて5番をちゃんと購入。そして結果は、1着カネヒキリで、メイショウトウコンが上手いこと2着に入ってくれて3着にヴァーミリアン。あれま、あっさり取れちゃったというしだいであります。

 うーむ、こういうことで勝つということは、やっと流れが向いてきたということかしら。毎度、こういうひらめきがあればいいのですが、たまたまね、天啓があったのでしょうか。仮想馬券は残念でしたが、とりあえず気分はよし。あと有馬まで三レース。いい流れでいきたいですねー。

ジャパンカップダート2008予想

 今年は阪神にコース変わってしかも1800メートル。どうみても、今までの長い直線のダート競馬というイメージではないようです。そうなると、やはり追い込み馬が難しいか。四角で先頭からあまり離れていないところで競馬をしていないといけないでしょう。

 ですので、前で押し切れる馬ということだと、どうみてもヴァーミリアンの一着は堅いのではないでしょうか。結局は2着3着当てのレースになると見ました。

 さて、では2着、3着にはなにが、ということですが、二番人気のサクセスブロッケンをどうするか。ヴァーミリアンとブロッケンの二頭でのワンツーという絵がどうしても僕には浮かびません。あまりにも馬連もこの二頭で売れすぎていますが、はたしてそう簡単に決まるのか。

 ここはこの二頭の1着2着はないとみて、ブロッケンは3着までとします。むしろ、ブルコン、カジノを上にとりまして、あとワイルドワンダーと外国馬ティンカップチャリスを2着、三着に。3着としてブロッケンとカネヒキリという買い方にしてみます。

三連単フォーメーション

1着6番

2着8,11,1215番

3着7,8,10,11,12,15番

実馬券は200円づつ20点4000円

仮想馬券は500円づつ20点10000円

以上

今日の晩御飯

今日の晩御飯
この間のミートソースを使って作ったラザニア。やはり手作りは美味い。

一年に一度

 今日はこれから区民検診へ。それとインフルエンザの予防接種も。備えあっても憂いあるのかもしれませんが、やらないよりはやっておいた方がね。せっかく区民税も払っていることだしね。ただ、最近の鳥インフルはちょっと怖いですね。パンデミックでしたか、人から人へ感染しだしたら大変なことになりますね。こういう恐ろしい病気がでだすと、なにか人間に対しての戒めのようにすら思う今日この頃。はっきり言って日本政府はちゃんと対策練っているのでしょうか。あまり期待できませんなあ。まあ、とりあえず、普通のインフル予防だけでもしておくしかないですね。

さらに新メニュー

081203_235723_3  ちょっと解りづらいですが、お豆腐の上に葱がのっております。題して「石垣島ラー油を使った葱塩ラー豆腐」です。

 これは石垣島ラー油というラー油を使っているのがポイントでして、これが今大評判のラー油。ラー油といってもそれほど辛くはなく、独特の風味と味わいが素晴らしい調味料であります。デパートでは入荷すると朝一番で売り切れるという人気のラー油でありまして、このラー油を使った変わり冷奴を作ってみました。

 はっきりいって、焼酎にばっちり、葱と塩とラー油だけでこれだけ美味いか、というほどの病み付きになる味です。とにかく、石垣島ラー油を使った一品、ぜひ一度お試しくださいませ。

正論

 もう、僕はぼやくのは止めてやることをやっていこう、という気持ちに切り替わっておりますが、やはり巷はかなり鬱憤が貯まっているようです。お店に毎日出入りしている氷屋さんも顔をあわせるたびにため息まじりのぼやき。とにかく、年末なのに氷がでていかないそう。しかも、氷屋さんはいろいろなお店を回ってますから、あちこちでやはり嘆き節を聞いてきます。まあ、どの店も体力勝負になっているようで、最後には「この国のトップはこの状況をまったく解ってないでしょ!」と怒りの言葉を残して、氷屋さんは毎日帰っていきます。

 当然、このようなやりきれなさは氷屋さんや僕ら飲食だけではなく、この間の雨の日。タクシーに乗って家に帰る時も、乗ってから降りるまでずっと、運転手さんのこの閉塞した世の中への怒りと不満を聞き続けることに。もう、話しているうちに止まらなくなってしまったらしく、国や政府、そして首相への怒りで声まで大きくなってしゃべっておりました。

 これは、ほんとやばいですね。末端はもうへとへとになってるわけです。食うだけのことすらも難しくなっているのが現状なのに、あの庶民感覚ゼロの人がトップですから。なんだか、フランス革命前のマリーアントワーネットみたい。下々の人間に数万円やればなんとかなると思ってる浅はかさ。これじゃあ、歯止めが効かなくなった狂人がでてくるのも当たり前でしょうか。

 確かにね、集団の暴動や抗議行動というのは起こりにくい国民性なのかもしれない。ただ、それで高を括っていると切れるか切れないかぎりぎりのところで抑止されている人間がはじけてしまうかもしれない。というか、もうはじけた人が出始めているじゃないですか。それが理由などどうあれ、自暴自棄になって人を傷つけ社会を混乱させ、倫理もルールも崩壊しだしているのではないか。

 ある社会学者の説ですが、社会病理とはかなりの部分が経済状況によって増えたり減ったりするそうです。つまり、自殺や抑うつ症や、この間の無差別殺人をするような人間などは、経済状況が好転するだけでかなり減少するのです。もちろん、社会システムの形骸化という問題もあるのですが、それでも経済が上向きというだけでその手の社会病理をかなり抑止できるわけです。

 先ほどのフランス革命だって民衆はパンが食えなくなって動き出すわけで(もちろん革命が社会病理だと言っているわけではないですよ)、先ずは飯が食えて普通に生活するレベル、というのをちゃんと国が支えるというのがすべての改革の前提になければいけないでしょう。だからこそ、補正予算なり、経済対策なりをどんどんやる必要があるのに・・・。タクシーの運転手さんも同じことを言って怒っておりました。日本のトップはまさにアホウ首相としか言いようがありません。

 あのタクシーの運転手の怒りはまさに正論。ごもっともな意見でありまして、その声は大豪邸のおぼっちゃまには決して届かないのでありましょう。

 

数日中に入荷のお酒

Ichiban_7  今ではなかなか入手するのが困難な黒糖焼酎、長雲の一番橋が数日中にザジに入荷します。心待ちにしていた方も多いと思いますが、なんと2本もゲット。もちろん、プレミアのついた価格ではなく、ほぼ定価での入荷です。ですので、皆様にもリーズナブルな価格でご提供できると思いますので、ご期待くださいませ。

Ichiro17_3  それと、日本の素晴らしいモルトウィスキー、イチローズモルトがまたまた入荷。今回は17年でバーボンウッドフィニッシュです。17年でこの値段はかなりリーズナブル。しかも、12月はザジ特価でお一人様一杯1200円(通常価格1800円)で提供いたします。はっきりいってこれが日本のウィスキーか、と思うぐらい本場スコットランドの味、香がそかはかとなくする、新しい日本のウィスキー。はまる人続出でありまして、この機会にまだの方、ぜひお試しくださいませ。

続々新メニュー

Sany0015a  本日は我家にて特製のミートソースを仕込みました。これで、当然ながらザジにてボローニャ風スパゲティをお出しいたします。赤ワインにばっちりのコクのある味わい。本格的イタリアンであります。

 それに、このソースを使って新しい一皿を考案。題して「ザジ風ナチョス」。よくメキシコ料理屋などであるメニューでして、タコスチップスに豆と挽肉、サルサソースにチーズという料理ですが、ザジ風は本格的ボローニャソースにタコスチップス&チーズというフュージョン料理にしてみました。スナック感覚で気楽にオーダーしてみてくださいませ。これマジでいけます。焼酎でも、ウィスキーでも小腹のすいたときにどうぞ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ