« 年明けに | トップページ | これはいける! »

最近嬉しかったこと、その2

 これは自分の中ではけっこう嬉しかったことがありまして、それはつい2日前の仕事中。というか、お客がいない深夜のことであります。

 このブログでも過去に何度も書いたことがあるのですが、僕の右手の中指の動きの問題がついにこれ以上はないだろう、という解決をみせたのです。そう、10数年前に突き指をして以来、正常なピアノの運指が解らなくなってしまったという大問題。約6年ちょっと前にジャズピアノを始めてからずーっと悩み、ああでもない、こうでもない、と試行錯誤を繰り返し、もういいかげん諦めたらどうよ、という心の声を聞きながらも、カウンターの下で右手の人差し指と中指を動かしておりました。

 これはやったことがないとなかなか解りにくいことなんですが、人の体の機能というのは、ほんとバランスなんです。ピアノを弾くのに人差し指を鍵盤に落とし、その次に中指を隣の鍵盤に落とす、これだけのことが一度バランスを崩すと、ほんとどう動かしていいのかがぜんぜん解らなくなってしまったのです。6年前に決心して再度ピアノに真剣に向かった頃は、ひどい状態でそれが少しづつですが、中指の機能が回復していった、というか正常ではないが、取りあえず弾ける状態に戻していったというのが正解でしょうか。

 そんな感じで、数年前にそこそこのところまでたどり着いて、まあ結局ここまでか、と半ば諦めて、その中指をカバーするような引き方でうっちゃっていた、というのが現実でありました。

 でもね、僕はしつこいのよ、心のどこかでまだ諦めていなかったわけで、最近はピアノを練習することがめっきり少なくなってしまったにもかかわらず、カウンターの下でお客様と話している間も指を動かしていた、というわけです。

 するとねえ、あるんだねえ、奇跡的にふっとひらめいたのよ、指のどことどこに力を入れて鍵盤を押さえるのか、というのが。まさに天啓ですか、これ説明ほんとできないのですが、ちょっとした指の置くポイントと力の入れ具合ね、それが自然とつかめるのに、苦節6年弱ですよー。

 もちろん、突き指で右手中指は若干曲がってますから、そうスムーズではないですが、機能的には完全復活といっても過言ではない運指になりまして、これならクラシックだってまた挑戦できるかも、とすら思ってしまうほどであります。

 これはいろいろなことを暗示してるかもね。ほんと、どんなことも諦めちゃだめだって、諦めなければなんとかなるんだって、深夜の誰もいない店でしみじみ思ったのです。

« 年明けに | トップページ | これはいける! »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

いま~
大江健三郎さんがテレビで
あきらめちゃ~だめだというようなこと
仰ってます (^_-)-☆ 

ほんと何事もあきらめちゃだめですね。なんとかなるものなんですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年明けに | トップページ | これはいける! »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ