« 作業中 | トップページ | 懐メロ »

記憶される風景と音楽

 たった一度しか聴いたことがないのに、そのメロディーをずっと憶えている。僕にはたまにそんな音楽との出会いがあります。三年半前の夏に聴いた曲のメロディーがずっと忘れられなくて、今日ひょんなことで再びその曲を聴きました。

 それは、2005年の夏に秋田市内でのこと。連れのお方の実家に初めて行った帰りに秋田駅前のカフェに入りました。このときは半年後に結婚することを、連れのお方の両親会って話をした帰りでした。八月の天気のよい朝にそのカフェのテラスで連れのお方とコーヒーを飲んでいると、目の前のビルの大きな画面に、若い男性デュオグループのPVが。

 その曲が実にその時の気持ちよさにぴったりで、いいメロディーを書くグループがいるなあ、と思ったのです。最後にそのグループ名と曲名がでて、そのグループがサスケという名前で曲が「永遠の夏」というのをそのとき知りました。

 そのあと、彼らの曲をなぜか聴くことがなかったのですが、そのメロディーだけはしっかりと頭に焼きついてしまい、たまに思い出すことがありました。でも彼らの活動はまったく知らないまま月日は流れ・・・・。

 それが、先ほどネットでニュースをみていたら、彼らサスケがこの春に解散するというニュースを発見しまして、ああ、あの時のグループだ、と急に懐かしくなりました。そして、You Tubeにてあの夏以来聴くことのなかった、でもメロディーだけは憶えていた「永遠の夏」を再び聴いたのであります。

http://jp.youtube.com/watch?v=8o4x0LKiTRI&feature=related

 やはり、気持ちの良い曲でありまして、もっと売れてもよかったはずなのに、それほど知名度もなかったのかなあ。でもポップスセンスのある名曲だとあらためて思いました。

 それにしても、思い出と音楽というのは、たまにこういう形で心と頭に残っちゃうことがありますね。僕は音楽と風景、情景がセットで記憶していることがけっこうあります。この、ある夏の秋田のカフェとこの曲も、まさにそういう出会いでありました。

 

« 作業中 | トップページ | 懐メロ »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

そうですね~
そのときの
自分の気持ちや状況にリンクして
強く心に 残ることありますね (^_-)-☆

不思議と心に残っちゃうことがありますね。そういう風景と音楽は色褪せることなく、目にその光景が浮かび音が聴こえるのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作業中 | トップページ | 懐メロ »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ