« 夜桜を見て | トップページ | 未だ作業できず・・ »

何十年たっても良いものは良い

Tomy_2  ちっちゃいのも先月で二歳。だんだん言葉をおぼえてきまして、最近は絵本を読んでとせがまれることも多くなりました。もちろん、まだ細かい内容は理解できないこともあるでしょうが、絵をみてきゃっきゃと楽しんでおります。

 さて、絵本は僕も子供の頃、親に読んでもらっておりましたが、今でも印象に強く残っているものが何冊もあります。本屋にいってみると、僕が子供の頃ですから、いまから40年ぐらい前に読んだそれらの絵本が未だに並んでいるのですね。つまり、時代を超えた名作になっているのです。

 特に僕のお気に入りだったのは、このトミーアンゲラー作の「すてきな三にんぐみ」。この表紙の絵だけでも、抜群のデザイン性、センスがわかると思います。もう、これは芸術といってもいいぐらい。物語も素敵な話になっていまして、泥棒の話なのに、ユーモアがあって、大人が読んでも楽しい作品であります。

 ちっちゃいのには、まだちょっと難しいかなあ。そろそろ、読んであげたいなあと思っているのですが。さすがに、僕が読んでいたのはボロボロなので、ちっちゃいのには新しいのを買ってあげようと思っていまして、自分の思い出の絵本を子供に読んであげることができる、というのは嬉しいですね。他にも僕が読んだもので、今でも本屋に並んでいるものがいくつもありまして、そういう良い絵本を当時選んでいた僕の両親の目の確かさにも、あらためてたいしたものだ、と感心しております。

« 夜桜を見て | トップページ | 未だ作業できず・・ »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜桜を見て | トップページ | 未だ作業できず・・ »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ