« 2009桜花賞予想 | トップページ | 区切り »

ゆったりと帰ってくるはずが・・・

 昨日、実家の葉山から東京に帰ってきました。僕の実家には電車の駅がないので、隣町の逗子から湘南新宿ラインに乗ったのですが、ちょっとすると車内アナウンスがあり、川崎と横浜のあいだで人身事故があったので、大船で降りろとのこと。僕らが乗っていた電車は回送になってしまい、そのまま大船駅で待たされることに。

 まあ、ここまではしょうがないなあ、と思っておりました。結局40分ぐらい待っていると、東京行きが動き出したので、新宿方面はそれに乗って品川で乗り換えろとの指示が。もちろん、それで帰ってもいいのですが、僕らはちっちゃいのが寝そうだったのでグリーン車を取っていました。ですので、できれば大船から新宿まで乗り換えなしでいきたいのでして、結局、その電車と次の東京行きを見送り、やっと来た籠原行きに乗車。

 この籠原行きは乗る直前に新宿止まりに変更になったとアナウンスがあり、連れのお方に新宿なら問題ないね、と確認して乗車。ところが、川崎を出たあたりで、また車内アナウンスがあり、急遽、この電車は品川止まりに変更というじゃないですか。

 これは、ちょっと頭にきました。ダイヤが乱れるのはしょうがないとはいえ、だから確認して、電車見送って、しかもグリーン車で新宿まで買っているのに、あまりに乗客のことを考えないで勝手に変更しすぎです。平日の午後三時過ぎだから、乗っているお客も少ないし、そんな問題ないだろう、ぐらいのことなんじゃないか、と疑いたくもなります。ちっちゃいのがやっと寝たと思ったらまた降ろされるのですから、ぜんぜんグリーンの意味なし。

 結局、品川で降り、駅員にスイカに入れた新宿までのグリーン券情報はどうなるのか、と尋ねると、品川、新宿間の差額は払い戻すとのこと。そりゃ、そうだろうけど、品川で山手線に乗り換えて、荷物沢山抱え、ちっちゃいのは寝ているし、こっちは大変な思いをして新宿着ですから、なんかグリーンとって損した気分であります。

 確かにね、人身事故なんて予測つかないから、駅員責めてもしょうがないので、大声あげるなんて馬鹿なことはしなかったですが、なんともやりきれない感じが残りました。やはり、乗客のことをもっと考えて、運行してくれないとね。二時に実家をでたのに、なんだかんだで我家に着いたのは5時半。はあ、疲れたー。

« 2009桜花賞予想 | トップページ | 区切り »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

あの路線は割とそういったケース多いですよ。

以外と多いのが社内急病人。私は何度も見ています。ご存知の様に駅間が長いので誰かが非常ボタンを押して停止すると、車掌が来て確認おわるまで停車して…なんてのがありかなりの時間をロスしますよね。

ちょっと違うケースかもしれませんが先日例によって(??)隣で気分の悪くなったおっさんがいきなりダウン。とりあえず椅子に座らせて窓を開けてそとの空気を吸わせたところ、気分は悪いけど意識もはっきりしているしそのまま次の駅で…なんて話をしていたら、何を思ったか隣にいた若い、多分頭が良いとは逆のお方がパニくって非常ボタン押しちゃうし(私は押すと長く停まるし戸塚がもう近いですよっていったのですが…)、しまいにゃ救急車までよんでしまうし…。横で聞いていた限りだと、キレて「とにかく早く救急車を手配して!」の一点張り、状況もろくすっぽ説明できてなかった。落ち着かせようとするとまたキレていきりたつから誰も止められない。倒れたおっさんが困惑していた始末です。

多分正義感の強い人なのだろうけどアレはどうも…。

別にそんなに急場じゃないはずがそのバ○女のおかげで雰囲気は修羅場さながらと化していた(笑

今度ああいう場面に遭遇したら誰かが倒れた瞬間に「だう~ん!わぁん!とぅ~!」って大きな声で数えるかな。
そしたらすぐに立ち上がるかも。

なんてくだらない冗談です(笑

失礼をいたしました。
m(..)m

そう、駅と駅の間がながいから、そこが大変だよね。自分でも気をつけるようにしてますが、とにかく電車が遅れていらいらしても、回りの人や駅員にぶつけないようにしないとね。特に駅員にその怒りぶつけても、彼らも言われたように動いているだけだろうし。とはいえ、やり場のない怒りもあるわけで、大人はぐっと飲み込まないといけないのでありましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009桜花賞予想 | トップページ | 区切り »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ