« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

めっけもん

Rimg0006  数日前、連れのお方と近所の商店街を歩いていましたら、一週間ぐらいで店が入れ替わっていく催事用のスペースでガラクタ市のようなことをやっておりました。面白そうなので入ってみると、通販の売れ残りや、夜逃げした店に残った品のようなものが、いろいろあり、二束三文で売ってます。しかも、最終日だったようで、店頭の兄さんは、「まとめて買ってくれたら勉強するよー」とのこと。

 もともと安い上に更に安くしてくれる、というのですから、まあ元々の値段はいったいいくらなんだか。それでも、収納ボックスやら、スパゲッティをつかむトングやら普通じゃ買えない値段のものをレジへ。そのレジの脇にオレンジ色のフライパン発見。

 そういや、我家のフライパンはテフロンがはがれて、やきそばなんかつくるとくっついてしまってストレスがやたらとたまっていたっけ。連れのお方もそろそろフライパン新しくしよう、といってましたので、手にとって見るとこれがなかなかちゃんとしたもの。もともと4000円のものが2000円でと値段が書いてありましたがあながち嘘ではないでしょう。テフロンで蓋付の26センチは2000円では売ってないですから。

 しかも、驚くことにさらに値引いて1500円でいいとのこと。兄さん言うには「夏はフライパン売れないからさー、まあいいよ」と意味不明のコメント。冬なら売れるのか?!とはいえ、よくみると、これ「IH対応」にもなっている。我家はガスレンジなんで関係ないですが、これで1500円は安すぎ。というのでもう迷っている場合でない、と連れのお方もオッケーとなり購入。

 さっそく昨日、焼きうどんをつくってみましたが、実にいい具合で使いやすく、これはいい買い物でありました。あの場所でフライパン買う人もなかなかいないでしょうが、よく見て判断すれば掘り出し物もありますなあ。ラッキー!!

夏休み対策

Rimg0004  ああ、暑い。ついに夏本番であります。7月ももうすぐ終わり、あっという間に8月ですね。お盆には毎年恒例になりました連れのお方の実家、秋田へ。一週間ばかり東京を留守にするわけですが、今年はちょっと心配なことがあります。

 それはこの数ヶ月前から飼っている熱帯魚。熱帯魚って寒さに弱いのは当たり前ですが、熱帯とつくわりには暑さにも弱いって知ってました?水温は平均26度あたりをキープしなくてはならず、そのために照明をリフトで水槽から離し、さらに水温をさげるための専用扇風機(サーモスタット付)を購入したのは、以前ここでお話したとおり。けっこうデリケートなのでちょっと気がかりなんであります。

 そして、熱帯魚だけではなくて、水槽の中にある水草、そして水槽全体の状態、すべてがこの真夏の一週間、まったく自分がみていない状態でどうなのか、というのが問題なのです。水槽の掃除プラス、水の入れ替え(約三分の一程度)は前日に済ましていく予定ですが、一週間の間の照明と餌やり、これもどうするのか・・・・。

 ということで、この間、苔対策のときに熱帯魚屋へいったついでに、この写真にある二つのスペシャルな道具を購入。右はタイマーで作動する自動餌やり機で、左は照明を設定時間通りにオンオフをする専用タイマー。これがあれば、自動的に朝、照明が入り、その後餌を与え、また夜になると自動的に照明が落ちるという訳です。

 さらに言えば、その日中に水温が上がれば、サーモスタットにより自動的に扇風機がまわり、万が一逆に水温が下がるのであれば(まず無いとは思いますが)、またサーモスタットにより自動的に今度はヒーターがはいるのであります。ここまでやっておけば多分大丈夫でじゃないかしら。大停電とか、大地震とかなければね。

 備えあれば、憂いなし。一週間、こんな感じで水槽は無人で管理されることになるのでして、至れり尽くせりですなあ。ここまでやって問題がおきたらしょうがない、人事を尽くして天命を待つ、といったところでしょうか(大げさな・・・・)。

人生って・・・

 今年はなんだか、若くして亡くなる有名人が多い気が・・・。忌野清志郎58歳(ロックシンガー)、三沢光晴46歳(プロレスラー) マイケルジャクソン50歳、アベフトシ42歳(ミッシェルガンエレファントのギター)昨日も川村カオリという女性シンガーが38歳で逝去されたそうで、僕はこの人をあまりよく知らなかったのため、動画サイトで検索をしていたら、癌で闘病する姿を映したドキュメントを見つけました。昨晩、それをPCで見ているうちに涙がね、とまらなくて困りました。離婚していて、小さい女の子を育てながらシンガーをしていたそうで、38歳で幼い子を残してというのは、あまりにも辛い。一生懸命生きていたのになぜ、こういう人が死んでいってしまうのか。

 自分も子供を持つ身になると、命について本当によく考えるようになりました。もう、自分ひとり生きようが死のうがどうでもいい、という訳にはいかないですし、それ以上に、この子を連れのお方と一緒にひとり立ちできるまで責任を持って育てなければいけない。親とはそういうものだと思います。(最近はそうでもない親たちもいるようですが)

 きっと、亡くなった彼女もそれが無念でならなかったに違いないでしょう。でも、人生にはどうしようもできない運命があるのね。いくら、願っても、真面目に生きても、やさしい気持ちで人に接していても、来るべき日が来ればお別れ。それが、いつなのか、自分で決められないのが人生なんですね。(自殺はべつだけど)誰にも、明日がくるかこないか、それはわからないのです。

 月並みなんですが、だからやはり今日を大事にして生きるしかないのでしょう。こんなに一日一日をかみしめるように生きて死んでいく人もいるのだから、刹那的に日々を生きるというのは人としてダメなことだ、とあらためて思います。貧乏だろうが、仕事が辛かろうが、命があるということは、それだけで感謝であり、ましてや親となった今、生きることについてもっと真剣に考えていかないと、亡くなってしまった彼女のような人たちに申し訳ない、と思うのです。

日曜日のわたくし

Rimg0033  こんなものをつくったりします。このわたくしが・・・・昔じゃ考えられんなあ。ちなみに左の黄色いのは連れのお方作です。

苔取り、三匹が斬る!

Rimg0025a  昨日、連れのお方が休みだったので、ちっちゃいのを保育園に預けてからお気に入りの練馬の熱帯魚屋さんへ。今回の目的は、いろいろあったのですが、一つは苔対策。

 水槽を持っている人なら、必ず悩まされる苔問題。特に夏場は繁殖しやすいので、頭を悩ましておりました。水草にも苔がはえて、美しい緑が台無し。これは、苔を食べてくれるプロフェッショナルに任せるしかない、と連れのお方と考えた末の結論となり、魚、貝、エビの苔スナイパーの皆さんにお集まりいただいたのであります。

まずは、コードネーム001、オトシンクルスであります。この魚はとにかく苔専門で食べる魚でして、ほぼ水槽の下のほうにおります。つねに苔をカジカジしておりまして苔がなくなるまで食べつくすという強い味方。苔が餌なので、苔があるうちは餌をやらないでいいらしいですが、それでほっておくうちに苔がなくなり、ほかに食べるものがないために餓死することがあるらしいです。コリドラスの餌をいっしょに食べていたので、我家のは大丈夫でしょう。三匹投入。

Rimg0029a  コードネーム002、イガカノコ貝別名サザエ石巻貝。こちらは水槽のガラスや石の表面の苔を窓拭きのようにきれいさっぱり取ってくれるにくいやつ。見た目は某漫画のトモダチのようですが、どうしてどうして、一日水槽にいれただけで、見事に岩やガラスがピカピカ。すげー必殺仕事人であります。わずか、二センチぐらいなのですが、この仕事ぶりはハンパじゃない。とにかく、たえず移動して苔をさがしております。やるじゃねえか。こちらも三匹投入。

Rimg0030a  コードネーム003、チェリーレッドシュリンプ。わずか二センチと小さいですが、見事なレッドで美しいエビちゃん。連れのお方が欲しいといいまして、ほんとは苔取りとしてなら我家の45センチ水槽だったら40匹ぐらい放たないと役にたたないと店員に。とはいえ、このエビ、5匹で2900円もしたのよ。40匹っていったいいくらに!ということで、5匹を繁殖で増やすということで、苔取りはあまり期待せずに購入。ほんとちっちゃくて、水槽のどこにいるのか、よくわかりません。とりあえず、水草の奥のほうに一匹いたのを接写。あまり、よく解りませんが、緑の奥に小さな濃い赤が見えるのがなかなか美しい。小さいながらも苔も一生懸命たべてます。

 というわけで、また水槽に仲間が。だいぶ充実の内容になってきましたなあ。うむ、余は満足じゃ。

土曜日の営業時間が変更に

 ザジのお客様へ。ご存知の方もいると思いますが、2週間前より、ザジの土曜日の営業時間が午後7時から午前2時までだったのが、午後7時から午前12時までに変更になりました。また、土曜日だけ、お店にちっちゃいのがおります。大人の店ではありますが、なにとぞご了承お願いいたします。ちょっとうるさい時もありますが、ちゃんと面倒をみてくれる人もおりまして、また、同じようなお子様連れの方も土曜日は大歓迎しますので、ぜひ。

 月曜から金曜までは今までどおりの午後7時から午前2時までの営業です。日曜日と、祝日はお休みです。

 また、来月、夏休みの予定ですが、8月12日水曜日から8月18日火曜日までお休みです。

 以上、よろしくお願いいたします。

100円ショップでオッケーお手軽料理(7)

Rimg0016a 本日は46年ぶりの皆既日食だったそうで。先ほどテレビで見ておりましたが、完全に太陽が隠れる南の島は嵐だったのね。遠くまで時間とお金かけていってお気の毒に。まあ、僕はそんな現場を見ていたらあることが閃いたので、キッチンへ。

 ひさしぶりに、100円ショップクッキングでもいたしませう。本日はいつものように、100円ショップで売っているうどんと挽肉(70グラム)それにマーボー豆腐の元といいますか、クックドゥーのインスタント調味料を使います。これで何を作るかというと、今回は肉味噌うどんであります。S君、肉だよ肉。肉味噌、いい響きでしょ。この肉味噌うどん、まえに紹介したカレーうどんに勝るとも劣らない美味さです。期待してね。

第七回「46年に何度も食べたい、快気肉食うどん」

 あぁ、閃いたってこれ・・・・なのね。

 はい、材料であります。(今回は二人前です、当然一人で二玉食べてもよし)

豚挽肉70グラム

うどん(二玉)

マーボー豆腐の元(二人前)

きざみ高菜(大匙三ぐらい、好みでもっと入れてもよし)

葱(三分の一本)

あと、好みで生卵の黄身

作り方

Rimg0018a いつものようにお手軽ですから、超簡単。まず、葱三分の一をみじん切りにして、フライパンでごま油をたらして炒めます。ごま油なければ普通の油で可。

そこに挽肉もいれて炒めます。そして、きざみ高菜も投入。肉の色が変わるまで良く炒めます。

Rimg0021aそして、そこへマーボー豆腐の元を投入。マーボー豆腐の元の箱(クックドゥーの)には、とろみをつけるための小さな袋もはいっていますが、それは今回は使いません。捨てちゃってね。

ある程度、混ざれば肉味噌はこれで完成。ここまでわずか5分です。

Rimg0024a_2 うどんを茹でて、器にもって、上に肉味噌をのせて好みで小口切りにしたねぎをトッピング。最後に、真ん中に卵の黄身をのせれば完成。

 ほら、黒っぽい肉味噌に、輝かしい黄身で皆既日食ならぬ、快気肉食なうどんの出来上がり。

 クーラーで涼しい家で皆既日食の映像をみながら、この肉味噌うどんをいただくとこれが一番でありますなあ。いつものように、こんなに簡単なのにめちゃくちゃ美味でして暑い夏を乗り切るのにもぴったりのちょい辛目の肉味噌。これでご飯食べてもいいかもね。ということで、46年に一度の日にこのレシピをお伝えいたしましたー。

 

落ち着きが無い・・・当たり前か

Rimg0030_2  本日は我家のグッピーがかなり成長した写真を。連れのお方が子供のちっちゃいグッピーをもらってきてから約一ヶ月。雄のグッピーはこんなに立派な尾を持つ姿になりました。

 最初は雑種、と聞いていたのであまり美しい姿は期待していなかったのですが、いやいや、見事な色のグッピーであります。

 身体にも赤や青の色が入って美しいですね。写真でちゃんと静止したところをじっくりみると、なおさらよく解ります。

Rimg0031_2  ところで、この写真、僕のポータブルデジタルカメラ(リコーキャプリオR4)で撮影しましたが、ほんと難しい。なにしろ、ちっちゃい上にすばしっこい。ですので、撮影モードはマクロにして、望遠で狙って、そこでピントを合わすというのは至難の業。魚は横だけではなく、前と後ろも動くでしょ。そうなると、ほんとピント合やしない。ですから、テキトウなところにピント合わしておいて、そこに入ったところをフラッシュで瞬時のタイミングで収める、という繰り返し。何度も、何度も撮影して、やっとこさ何枚かが撮れたという訳です。

Rimg0044_2  ちゃんとしたデジタル一眼だったらわけないのかもしれませんが、いやあ骨が折れました。それとも、もっと上手くいく方法があるのかしら。だれか知っていたら教えて欲しいものです。

 ちなみに本日は水槽の水替えをして、水槽のチェックを。なかなかいい感じに水草も育っているようです。

水槽購入から一ヶ月

Rimg0002a  暑い日が続くので、清涼感のある水槽の写真で和んではいかが。先月6月の15日に水槽を入れてから、すぐに水草を増やしたり、蛍光灯増やしたり、混泳できるコリドラスをいれたりして、あっというまに本格的に。そして、夏の暑さ対策にライトのリフトアップをし、さらに水温を下げるための扇風機も設置。

 あれから、水替えもきっちり一週間づつやっておりまして、毎日水槽とにらめっこ。やはりCO2を入れた方が水草の発育にはいいのではとか、コリドラスは専用の餌にするべきか、等いまだに考えること多し。

 とはいうものの、水草はしっかりと育っておりまして、ウォーターウィステリアは水面に届きそうですし、ヘテランテラもだいぶ茂ってきたようです。アマゾンソードもタイガーロータスもちゃんと水槽に定着したようですし、今度はトリミングも考えないといけないかなあ。

 それと八月の秋田への一週間の帰省中、やはり証明のオンオフをするタイマーが必要ではないか、それにその間の餌は・・・・水槽はなかなか考えることがいろいろありますです。

爽やかに~

Corcor25_2  以前、ここでもご紹介しました南大東島のラム、コルコルですが、お店では大変好評でありまして、ロックはもちろんライムとトニックで割ったカクテルもいけると評判です。

 そのコルコルラム、赤ラベル、緑ラベルともに40度だったのですが、今回入荷のは25度。世界でも25度のラムというのは大変珍しいそうで、25度といえば焼酎、泡盛の度数なんですね。

 つまり、こんどのコルコル25は焼酎感覚でお飲みいただけるのでして、ロックでよし、水割りもよし、やわらかですっきりとした飲み口をお楽しみいただけると思います。

 真夏の夜の蒸し暑さもこのコルコル25で爽やかになること間違いなし。ぜひ、飲んでみてくださいませ。

今年の夏は冷えたスパークリングで!

Creman_4  いやあ、暑い暑い。ついに夏本番ですね。

当然、こういうときは冷えたビールが美味い・・・のですが、今年はちょっとお洒落にこれでいきましょう。

 今週より、ザジではキンキンに冷えたスパークリングワインをグラス700円!にてお出ししております。

 このスパークリング、700円ではありますがただもんじゃない。シャンパンとはシャンパーニュ地方で作られたものをいい、それ以外はヴァンムスーというのですが、今回のクレマン・ド・ブルゴーニュ、タストヴィナージュ ブリュット “ラ・メゾン・デュ・クレマン(うーながー)はシャンパン地方で作られる製法とまったく同じで作られている優れもののスパークリングワイン。

 ちなみに、セパージュはシャルドネ70%、ピノ・ノワール20%、アリゴテ10%

 はっきり申しますが、普通グラス700円でこの味はありえません。素晴らしい香り、フルーティーな余韻、すっきりとした辛口の味わい。どこをとってもシャンパンに勝るとも劣らない出来だと思います。

 この暑さしのぎ、ビールもいいですが、このクレマン・ド・ブルゴーニュで爽やかにリフレッシュするのはいかがでしょう。暑い夏を乗り切るための、ザジからの提案であります。

PC奇跡の復活劇

Rimg0004a  先ほど調べてみたのですが、今回ちっちゃいのに壊されたと思われるPCのイーマシーンズ J6446 、2005年の10月に購入しております。そして2008年6月にメモリーの増設をして、その一年後の2009年の7月、ついにというか、うんともすんとも言わない時を迎えたのでありました。

 3年9ヶ月にして、初めての重大な事故でありまして、デバイスを調べたり、BIOSの初期化など自分で出来ることはやってみましたが、すべてだめ。これはPCの師匠Hさんを召還するしかあるまい、ということで家にきていただきました。

 それで、結論はマザーボードがダメになっていてこのPCは修復できないとの悲しいお知らせ。ハードディスクだけはなんとかなりそうなので、中古のPCを秋葉あたりで探して、それをベースになんとかしましょうとのこと。

 ああ、ついにお別れとなるのかあ、ハードディスクだけなんとかいかす、ということは元通りにするにはかなりめんどくさいなあ、とちょっとショック。

 師匠が手ごろな中古を事前に探してきてくれまして、それで目星をつけ、二人で秋葉へ。

 話はちょっとそれますが、秋葉といえば昨年の6月の日曜日、この壊れる前のPCのメモリー増設を師匠にしてもらっている、まさにその時、あの忌まわしい通り魔事件がおきたのでした。師匠はその前日に秋葉で僕のメモリーを買いにいってくれていたので、二人して冷や汗を流したのを憶えております。

 さて、その秋葉、僕としては10年ぶりぐらいに(たぶん)歩いたのですが、ほんとに街のあちこちにメイドが立っているのね!おじさん、びっくり(今更ですが)してしまい、ご苦労様ですと声をかけそうに。そうこうするうちに中古PC店に到着。取り置きしてもらったPC見たのですが、他もついでに見てみることに。すると、おっ、僕が使っていたイーマシーンズの中古が17800円で出ているじゃないですか。J3036という2006年夏モデル。僕の使っていたのよりすこしCPUがよくなっていて、メモリーは256ですが、壊れた方に2.5ギガあるので、それを使えればかなりいいのではないかと師匠。CDの読み取りに難があり安いそうですが、それも壊れた方のCD/DVDプレーヤーを使えれば問題なし。そして、このマザーボードなら前のハードディスクをそのまま使って、それをメインにして、もともとのハードディスクをサブにすれば壊れる前とまったく同じ状態で使えるかも、と師匠の心強いお言葉。それなら、これを買うしかないでしょ。ダメもとでやってみましょうということになりまして、即購入して家に戻りました。

 僕は細かいことは解らないので、すべて師匠におまかせ。ドキドキしてマザーボードを見てみると、ハードディスクはどうやらつきそう。メモリーは256を2ギガにアップはできましたが、メモリースロットが2つしかなく以前の2.5ギガ(前はもともと512のところに空きのスロットに2ギガ足してました)にはならず。まあ、CPUが前よりいいですから、それでチャラでいいでしょうとなり、今回メモリーは2ギガとなりました。

 さて、いろいろ調整を師匠にしてもらい起動してみると・・・・おおっ、僕の使っていたデスクトップのちっちゃいのの写真が画面に。前とすべていっしょじゃないですか。凄いです、師匠!これは不幸中の最大幸いでありますなあ、もっともベストな方法で復活したといって過言ではありません。(場合によってはPC新しいのを購入という最後の手段もあったしね)価格もこれ以上ない安さであがりましたし、しかもおまけでサブのハードディスクまでできました。これでバックアップも完全にできるし、ついでに画面の解像度まであがってしまい、いやあ至れり尽くせりであります。ほんとH師匠、感謝です。

 ということで、上の写真はお疲れ様いままでのイーマシーンズ、そしてよろしく新しいイーマシーンズの図です。キーボードもいっしょならスピーカーもいっしょ。これはストレスフルで在り難い。先週はお先真っ暗だったのに、僕はまだツキがあるな!と思うほど、奇跡的PC復活劇でありました。

PC復活!

 いやあ、師匠は凄い!一番ベストな解決方法にてPC復活しました。マザーボードがやられていたので元々のPC修復とはいきませんでしたが、お金もあまりかからずに、しかもオマケもついてPCが帰ってきたのです。このお話は明日にでも詳しくお伝えしましょう。とりあえず、今は喜びの声を・・・・でありました。

自力復旧不可能

PCですが昨晩も自力で直そうと試みましたが徒労に。今回は重傷な予感。とほほー。

週末まで

PCは修理すらできず。それで直る保証もないし。いやー今修繕不可能はきつい。祈るしかないですなー。

もうーいや

またもやPCダウン。どうやらちっちゃいのがバンバンおしまくって壊したらしいです。
今までもそれでフリーズしたりすることはたびたびありましたが、今回はそのレベルではなさそう。電源切って再び入れてもウインドウズが立ち上がる前でエラーに。しかも復元用のCDも読んでくれない。画面も細かく震えた感じで安定しないし。ヤバーイ。
もう僕の手では無理。これは師匠に頼むしかないであります。助けてくださいましー。

本日ジャズライブ!

早川由紀子トリオのライブ、本日です。8時過ぎから演奏、2セット入れ替えなし。

チャージ2800円(ドリンク別)

ぜひ、ザジにて素敵な夜をお過ごしくださいませ!!

美味いビール入れました

23_2  素晴らしい味わいのビールを今月よりお出ししております。ガージェリー23という名前のビールでありまして、これは正真正銘の日本のビール。これがかなりのこだわりのビールでして、発売もとの説明は以下の通り。

(GARGERY23は、これまで工場の熟成タンクで行っていた熟成を壜内で行うことにしました。ヴァイツェンタイプというちょっと特殊なビールでありながら、コンディションを保ったままお客様にお届けするにはどうしたらよいか。その答えが壜内熟成なのです。

GARGERY23は主発酵が終わった段階で壜詰し、そのまま冷蔵保管されます。最短でも60日の保管の後、順次出荷する体制としました。60日経過しても壜内での熟成は徐々にではありますが進んでいます。従って、出荷後もその味わいは刻々と変化します。どの段階が最良ということではなく、その時々の香味を楽しんでいただく・・・そんなスタイルが壜内熟成ビールの醍醐味だと考えています。)

 この説明のように、つまり瓶熟するので、常にいい状態でお客様にお出しできるのでこれはありがたい。しかも、味わいもいい具合になっていく(変わる前も、変わっていく味わいもどちらも捨てがたいのですが・・・)ので、その時、その時の開ける楽しみがあります。

 これだけのこだわりのつまったビールはなかなかありません。もちろん、味も最高に美味。そして、このビールは店頭販売しておらず、置いてある飲食店でしか飲むことはできないのです。ですので、ぜひ、僕の店にてこのガージェリー23を味わってみてくださいませ。リッチな味わいに喉も心も癒されること間違いない、と思います。

今度の日曜日ライブです

Photohayakawa  ひさしぶりにザジにてジャズライブです。しかも今回はピアノトリオ。我が師匠、早川由紀子のピアノトリオであります。

 過去、何度もライブをやっていただいておりますが、ピアノトリオでのライブはなんと初!今まではベースとのデュオや、カルテット、それとベース、サックスとの変則トリオでありました。それだけに楽しみでありますねー。実は僕も師匠のピアノトリオでの演奏を聴くのが初めてかも。ピットインで演奏する時もカルテットですし。(以前はサックス二本フロントというのもやってました)。

 という訳で、ぜひジメッとした気分を爽快なピアノトリオを聴いて吹き飛ばしましょう。

7月5日(日曜日)

早川由紀子 ピアノ

西川輝正 ベース

山田達也 ドラム

時間 7時オープン 演奏8時過ぎから2セット(入れ替えなし)

チャージ2800円 (ドリンク別)

 ピアノトリオでの登場はもしかして初めてかも。いつもサックスといっしょに出てもらっていたのですが、今回はピアノを存分に堪能していただこうと思っております。

 予約はザジの伊藤まで。電話03-3389-4522です。

 初夏の夜、クールなジャズピアノでひと時を。

100円ショップでオッケーお手軽料理(6)

Rimg0004  えー、この企画、元はといえば僕の店のお客であるSくんが「100円ストアで美味い料理できないっすかねえ」と言ったのがきっかけでありました。そのSくん、某会員制のサイトにてブログ公開してまして、そこでこの僕のレシピを実際に作って報告をしているのです。つまり、連動企画?!になっていまして、そちらもあわせてみると二倍面白いのですが、さすがに会員制サイトですから(あの有名なね)誰でもと見る事ができるわけではありませんが、もし、参加されていて僕のハンドルネームを知っているのでしたらそこから、探してみてねー。けっこうオモロイよ、Sくんの自虐的文章。

 さて、今回は最初に紹介したコーラを使ったレシピの応用編。これSくんからの希望で、豚バラの角煮を、とのことでしたが、さすがに100円ストアでは豚バラの塊は売ってないのよね。ですので、肉はちゃんとしたスーパーで買ってくるとして、そのほかのものをすべて100円ストアで揃えて作ることにします。しかも、超超超かんたーんにやっつけます。もちろん、それなのに味はグンバツに美味いのを教えましょう。ほんと、こんなにラクチンに美味いものつくっていいのか、とすら思えてしまうやり方ご紹介いたします。

第6回「ほんとにこれだけ?何度も確認したくなる、角煮の簡単つくりかた」

 うぅ、くるしい・・・。

 はい、これコーラの肉じゃがの応用ですので、当然コーラを使用。先にも書きましたが材料は肉以外はすべて100円ストアで売ってます。

材料

コーラ500ミリリットル 一本

すき焼きのタレ 一本

カップの日本酒 1カップ

(100円の酒あるのねー、合成酒だって!飲んだら一発で悪酔いしそうですが・・・・料理ならいいでしょう)

それにしょうが

豚バラ肉塊(だいたい450グラムから500グラム)

Rimg0005_2  これだけです。ちなみに豚バラのぞけばしめて420円。しかも作り方が猿でもできる方法でして、要はコーラとすき焼きのタレと日本酒すべて鍋に開けて、豚バラいれてしょうがのスライス入れて煮るだけ。

Rimg0006_2  ぜんぶ入れてから火にかければよろしい。豚バラは5センチ角ぐらいかな、まあテキトウな塊に切って入れてください。それと生姜はひとかけをスライスして入れます。

Rimg0007_2  唯一、ちょっとだけ料理っぽいことをするとすれば、火にかけて煮立ってくるとアクがでてくるので、これはすくったほうがいいでしょう。ざらつく感じがなくなりますし、味も澄んだ感じになると思います。

 沸騰したら弱火にして、あとは1時間半から2時間ぐらいコトコト煮て下さい。やわらかくなれば完成。

Rimg0009  ね、猿でもできそうな方法でしょ。この材料とこれだけのことで、ええーと思う美味な角煮ができるのです。

 この豚バラをさらに薄切りにして丼に並べて食べても美味いですし、またパンにオイスターソースを酒でといたものをぬってその上に豚バラ煮のスライスを置いてトーストすると、中華風カナッペのような感じなりこれまた美味(僕はたまに店のお通しでだします)。

 あと、残った煮汁ですが、これ捨てるともったいない。豚バラと玉ねぎ、キャベツを炒めてしあげにこの煮汁をジャッとからめると、これまたうんまい豚野菜炒めができます。ご飯がすごーく進む味なので、これもぜひ試してみてねーSくん。

 豚角煮は辛子や白髪ねぎなどを添えて食べると本格的。これで一杯やったらたまらんねー。メタボを気にしなければ。

 

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ