« 密室の中でなにかが起こっている!? | トップページ | 嵐の前の »

密室殺人?(魚)事件解明

Rimg0002  昨日の我が水槽で起きた不可解な連続死体事件の謎を解き明かしました。

 結論を先に言えば、犯人は上面濾過装置に間違いないでしょう。なぜなら、僕は大きなミスをおかしていたからなのです。

 写真の白い部分がフィルターで、その下が濾材の砂利。水槽からポンプで水をくみあげ、この中で水の中のゴミやアンモニアや亜硝酸を取り除く役割をはたし、さらにバクテリアを繁殖させて水の中のバランスを保つ大事な装置であります。

 とうぜん、白いフィルターはこまめに洗い、ついこの間は新しいものに交換して安心しておりました。バクテリアも掃除しすぎるとなくなってしまうので、砂利の掃除せず、これで大丈夫とたかをくくっていたのです。

 でも、まてよ。そういえば、この間の水替えのときにこの濾過装置の水があふれんばかりにいっぱいになっていたような。あー!!それだ!フィルターの下の砂利が目詰まりをおこしているに違いない!とその時やっと理解したのです。つまり、いくら上のフィルターをとりかえようが、濾材の砂利が目詰まりしていれば、せっかくくみあげた水は濾過されずに上を素通りしてまた水槽に戻されてしまう。つまり、魚にとって毒性の高いアンモニアや亜硝酸が除去できずに循環していただけ、ということがようやくわかったのです。すぐに濾過装置をみてみると、ああ、想像通り目詰まりをして、水がまったく通っていませんでした。さっそく、砂利を洗い(あまり洗いすぎてもバクテリアをとりすぎちゃうのでだめらしい)目詰まりを解消。これで、本来の状態にやっと戻ったのでした。

 ああ、なんということか、これは盲点でありました。いくら水替えをこまめにしようが、フィルターを交換しようが、ましてや下層用の餌をあげようが、これじゃあ魚にはダメージが大きかったはずです。コリドラス一匹、オトシンクルス三匹を殺した犯人はこの上部濾過装置いやもとい、その目詰まりに気がつかなかったわたくしだったのであります。

 すまんー、天に召されたお魚さんたちよ。これを機にもっと繊細に水槽のチェックをし、立派なアクアリストへの道を目指すので許しておくれー。

« 密室の中でなにかが起こっている!? | トップページ | 嵐の前の »

熱帯魚飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 密室の中でなにかが起こっている!? | トップページ | 嵐の前の »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ