« 風邪かなあ | トップページ | 天皇賞秋2009予想 »

試行錯誤

Rimg0013  久しぶりに、熱帯魚のお話。我家の熱帯魚飼育も約4ヶ月半になりまして、いろいろな失敗を繰り返しながらわかったことがいくつかあります。

 とにかく、熱帯魚は水である、というのが先ず第一。いかに魚がすみやすい環境、すなわち水をつくっていくのか、ということなんですね。これ、こまめに水替えをすればいい、と最初は勘違いしてました。ところが、水替えだけじゃだめで、濾過の問題を見過ごし、前にも書きましたが何匹かお釈迦にしてしまいました。

 その濾過も、つい最近、また気がついたことがありまして、上面濾過装置の濾過材ですがこの方法が我家のは古い方法だったのであります。もともと、最初に水槽を買った熱帯魚屋がかなり、年季のはいった爺さんのやっている店でして、何もしらない僕はついそれを信じて(まあ最初は当然だが)いたわけです。ところがいろいろ解ってくるとね、その水槽や装置も実は今のモデルより古いものだったのではないか、とか、水のカルキ抜きにつかう薬品がそうとう前のやり方だったり(このやり方だと魚が溶けたりするらしい)、そして濾過するためのろ濾過材も同じく昔の方法だったのね。

 現在はかなり優れた濾過材があるわけで、それにはバクテリアが最初から付着していてしかも目詰まりしにくく、水も活性化してくれるのですが、我家に入っていたのは、ただの砂利のみ。それにゴミをとるスポンジが乗っていただけなのね。やはり、これだと、グッピーの子供などがふえてくると弱いのです。ですので、砂利はすべて取り除き、最新の濾過材に替えたという具合。まあ、いろいろなことが進化しているわけで、ショップもそこらへんついていかないとだめだよあな。

 あと、水ゴケがやたらと水槽や水草につくので、これはどうしたものか、と悩んでおりましたが、これはライトの点灯時間に問題がある、ということがようやく判明。そういや、我家は朝10時から夜10時までの12時間点灯していたのですが、これじゃあ水ゴケが大繁殖するのは当たり前だそうで。9時間から10時間ぐらいに変更すれば水ゴケは抑えられるとのこと。これも、やってみないとわからんわなあ。試行錯誤によって問題は解決されていくわけであります。

 こんな調子で、その間にエビやコリドラス、オトシンクルスがお亡くなりになり、その反面、グッピーが子供をバシバシ産みましてそれを間引いたり、とけっこう変化のある4ヶ月半であります。問題には必ず原因があるのよ、それを見つけていくことが立派なアクアリストへの道・・・・なんでしょうなあ。

 

« 風邪かなあ | トップページ | 天皇賞秋2009予想 »

熱帯魚飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風邪かなあ | トップページ | 天皇賞秋2009予想 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ