« ザジスペシャルライブのお知らせ | トップページ | 今日は久しぶりに »

どうも解せない

 僕は西武新宿線の沿線に、現在住んでいるのですが、いつもこれはおかしいのではないか、と思っていることがあります。

 それは、踏切のことなんです。西武新宿線という私鉄は非常に踏切が多い線でして、しかも開かずの踏切がいくつもあることで有名です。当然、僕の家の近くの踏切も開かずの踏切と言われていて、朝や夕方はえんえんと右から左から電車が来て、車や人がひどい時は10分から20分も待たされることがあります。

 今日も、雨が強い中、保育園にちっちゃいのを自転車で送り届けた帰り、踏切で立ち往生。今日は電車が線路内の信号が赤だったらしく踏切内でとまって動かないのよ。こっちは雨に打たれながらずっと止まった電車の前で待っているわけで、おかげでずぶ濡れ。

 まあ、車掌のせいじゃないのだけれど、しばらくしてやっと動いたので窓から顔を出している車掌を睨んだら、睨み返されまして、おい、おまえら申し訳ないという気持ちはないのか、とちょっとキレました。

 だってね、西武新宿線って私鉄じゃないですか。私鉄って私的利益をあげている会社ということで、それが公共の道を止めているというのは、ほんとはおかしい。確かに、私鉄だって公共性のたかい乗り物ということはわかりますが、それでも公共じゃないのです。ほんとだったら高架にするとか、線路の下にトンネル掘るとか、ちゃんとそこまでして走らせるのが筋なんだけど、西武といやあ、あの堤のところですから、そういうことはケチって利益追求しているということなんでありましょう。

 実際、その駅の工事がやっと始まって、今まで改札が僕の家からいくと、踏切を渡ったほうにしかなかったのを、線路をまたいでコンコースをつくって改札を線路の真上につくるような駅になるらしい。つまり、人が線路の上を階段をつかって超えていけ、ということらしく、当然、自転車(知らないけどコンコースは通れないでしょ)車は今までどおり、踏切ということ。

 結局、これにしたって、電車に乗る人のために両サイドに階段つけたという発想で踏切の問題の解決とは違うのよ。(しかもだよ、中野区の税金も投入されているそうで、こんなの西武の金だけでやれよ!)

 これね、ほんとおかしい。なんで、西武のために僕らが足止めくらって、あげくに区の税金使われて、それでも多分開かずの踏切はなんの解消もされず、あいかわらず開かずの踏切のままでね。公共の意義なんて、日本ではこれっぽちもないのかしら。

 この問題はね、ずいぶん前に父からきいたのですが、父親にある英国人が、「日本では公共の道を私的利益を追求する鉄道会社が止めているが、あれはけしからん」というようなことを言っていたという話を思い出しました。ヨーロッパは個人主義が確立している前提で、公共の意識というのが日本より高いのでしょう。私であるということと、公共であるということ、これが日本はほんとあいまいのままでここまできてしまっていると思うのです。

 賛否両論ありますが、あれだけ金つっこんできた公共事業だって公共の意味をどれだけ解って作ったり作ろうとしているのか。ある地域の一部の私的意味合いだけで、作られたりもしてきた事実があるからね、それも税金ふんだんに使ってね。

 やはりこれからは私であるということ(個人とは何かということも含め)はどういうことか、そして公共とはなにか、何を享受して何を自らしなくてはいけないのかということを考えないと。踏み切り問題からして、欧米とは違う日本の事情がふかく根ざしている気がいたします。せっかく、政権も変わりいろいろなことが見直されようとしているのだから、ここをきちんと考えていかないといけないと。新政権も国民もこのあたりちゃんと理解していかないといけないでしょうなあ。

« ザジスペシャルライブのお知らせ | トップページ | 今日は久しぶりに »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

出雲人には
開かずの踏み切りなんて
想像できません

信号でさえ邪魔くさいですもん (^_-)~☆

いいですねー。もうイライラしまくり。右からくるという合図が消えると、左がつき、左が消えるとまた右がつき、と言った具合で、踏み切りの棒をへし折りたくなりますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザジスペシャルライブのお知らせ | トップページ | 今日は久しぶりに »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ