« 俯瞰する視点 | トップページ | やっぱり変な店だなあ »

ああ、ややこしい

 音楽配信も、いまや、かなり一般的になってきたようでして、iTunesで音楽ファイルをダウンロードするのも当たり前の世の中でありますね。僕も、CDが廃盤になってしまって手に入らないようなものをたまに音楽配信サイトでみつけてダウンロードしたりもしますが、ちょっとややこしい事情があるのです。

 ご存知の方も多いでしょうが、僕はついこの間、えっそうなの?と思ったことがありまして、それはwmaファイルでダウンロードしたものにdrmというコピーガードがついていてCDに焼くことは不可能だったのであります。まあ、焼かないでPC上で楽しめばいいじゃない、と言えば元も子もないのですが、これはCDに焼けないだけではなく、iTunesに落とすためにaccファイルにも変換できず、つまりwmaファイルにdrmがついているものはipodでは聴くことができない、という不便なことになるのです。

 もちろん、このdrmをはずすとなれば、それは法律違反だそうで、だったらなんで音楽配信のファイルを統一してくれないのかなあ。これとは別にソニーはATRAC3というファイルで配信しているし、mp3でも配信がある。そして、問題なのは、こっちが探している廃盤になってしまった音源が、iTunesになくて、ATRAC3にあったり、wmaファイルであったりするということなんですよ。

 それ知らずにwmaにdrmのかかったファイルをおとしたものだから、そういう現状を知ってかなり驚きました。

 問題点は二つなんですが、とにかくファイルに互換性がないために、ユーザー側がとてもめんどくさいことを強いられるということ。もう一点は、配信されているファイルがaccとwma、ATRAC3、mp3とばらばらになっているということ、でありましょう。

 とにかく、コピー防止はやむを得ないと思いますが、ファイルの互換性はねえ、まったくお客のことを無視しているとしか思えません。それに、もしウェッブ上に出すのなら、すべてのファイルで出してもらって、こっちがどの形式で落とすかを決めさせてもらいたいもの。書いていて、馬鹿馬鹿しくなってきますが、あったりまえのことだと思いますがねえ。

 本当にこのあたりを解消しないと、これだけ世の中がネットの利便性を追求しているのに、音楽配信はいつまでたってもダメダメな感じでいくような気がいたします。

(ついでに、音楽配信で望んでいることを書くなら、各レコード会社はすべての音源をネット上にだすべきでしょう。廃盤となって眠っているものも、ニーズがあるわけで、全部だしてダウンロードで金取ればいいいのに。さっさとやればいいのになー)

« 俯瞰する視点 | トップページ | やっぱり変な店だなあ »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 俯瞰する視点 | トップページ | やっぱり変な店だなあ »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ