« ああ、ややこしい | トップページ | この時代錯誤な大作はまるでドンキホーテ »

やっぱり変な店だなあ

 昨晩は寒い夜でありました。お客様はさほど多くはなかったのですが、なかなか濃い話で盛り上がりました。最初は、お客のU君と好きな映画はとか、昨年のワースト映画はとか、邦画は今後どうなるのか、芸人ばかりが監督をやる現状はなど、映画話で盛り上がりました。ジャズバーなんですが・・・・。

 その後、音楽好きのOさんがいらして、今度はクラシックのシンフォニーの話をえんえんと。ブックナーの何番のシンフォニーが好きかとか、マーラーだったら何番とか、ブラームスの四番のカルロスクライバーの演奏は好きか嫌いかとか、とにかく、マニアックなクラシック話で盛り上がりました。とりあえずジャズバーなんですが・・・・。

 そのあと、深夜にいらっしゃるお爺さま(といったら怒られるかしら)Eさんが参入。Eさんがこれまたクラシックからジャズまで幅広い知識をもっている賢人でありまして、三人でマタチッチの指揮が、とかチェコフィルは素晴らしいとか、一番技術が高いオーケストラはベルリンか、クリーブランドか、はたまたシカゴかとか、またまた深ーいクラシックの話で大盛り上がり。ええ、たしかここはジャズバーなはずですが・・・・・。

 すると、今度はOさんと入れ替わりに、時々顔を出してくれるHくんとその友人の二人が店に。そのHくんはプロの歌手なんですが、彼はポップスから演歌、そして1600年ごろの初期バロックの歌曲まで歌うというハイレベルの人。ここからは、Eさんが、古楽にかなり精通していて、HくんとEさんとで、モンテベルディがどうのとか、カメラータがどうのどか、この時代はベルカント発声法ではおかしいとか、えらくマニアーックなお話で盛り上がっておりました。Hくんはピアノで古いイタリア古楽の曲を歌ってくれまして、それは見事でありました。そうそう、ここ、きっと、たぶんジャズバーじゃなかったのかなあ・・・・・。

 最後はCDで流している音楽まで、ジャズではなくベートーヴェンのハンマークラーヴィーアというソナタをかけながら、閉店まで。うーん、これでいいのか、そう、これでいいのだ。

 

« ああ、ややこしい | トップページ | この時代錯誤な大作はまるでドンキホーテ »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

むかしから
jazzを楽しむ方は
幅広い雑学(失礼)に精通されてる
という~イメ~ジです (^^♪
ですから
自然な流れかと (^_-)~☆

確かに。僕の店のお客様は幅広い方多いです。というか、ジャズファンじゃないけど常連という方もたくさんいるのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ああ、ややこしい | トップページ | この時代錯誤な大作はまるでドンキホーテ »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ