« 問題 | トップページ | 2.11 »

できるだけ自分に忠実に

 音楽を批評する、または音楽に客観的に光をあてる、このようなことの難しさについて、最近よく考えています。今、これだけ情報が氾濫していると、純粋に音楽だけ聴くということがとても困難なわけで、巷の音楽批評なるものがそういうことをちゃんと考慮しているのか、というと全然その点に注意が払われていないと感じます。

 僕自身が、よくそういう罠といいますか、ある情報による勝手な思い込み、で聴いていて、あとからしまった!と思うこともよくあります。最近だと、アバド、ベルリンフィルは凡庸な演奏ばかり、といった批評や情報を鵜呑みにして、そういう先入観で聴いて、それがかなり間違っていたということを、このブログでも先日書きました。これは、クラシックだけではなく、料理なんかでも思うのですが、これは素晴らしい、感動した、美味い、というのも、その人のその時の気分でどうとでも変わるもの。むしろ、そういうその時の感情や体調を排除して、完全なる客観性で、その上、すべての情報もシャットアウトしてなんて、はっきりいって無理なことでありましょう。

 ですから、音楽の理論や構造上の問題を批評することはできても、音楽の演奏自体がどうだ、こうだ、というのは主観的な見方がはいるのは当然なことなんですね。であればこそ、世の中の批評家たちがいっていることは、その程度のこと、つまり、あくまでもその批評家の好みや気分、またはその年齢などで変わってくることなんだ、と思っていたほうがいいのです。

 僕がいいたいのは、ようは批評家の耳はどうあってもその批評家の耳。僕の耳は僕の耳でいいんだということ。そして、情報(ここに批評家の感想などもはいってきます)はなるべく補足的なものとして、自分がいいと思うかどうか、ここに重点をおくべきなんです。ところが、クラシックだとよく、名盤うんちゃらとか、名演奏100選みたいな本がたくさんでていて、またある批評家がいいといったものが、そのまま世間の評価になってしまっていたりね。

 僕がサラリーマン時代に、よく社長のお供でCD屋に昼休みいくことがありました。僕がクラシックを多少知っているということで、連れ出されたわけですが、その社長はいつも自分の在庫CDリストを持っていて、CD屋にいくと僕に「いまねえ、ベートーヴェンの交響曲第七番がほしいのだが、この中だったらどれがいいんだ」とCD屋にならんでいるベト7を指差して言うわけです。僕としては、そりゃあどれか買って帰って、好きか嫌いかは社長が判断しろよ、と心の中で思っていたのですが、「え、どれがいいの、巷ではどれが評判いいのか教えろ」と。じゃあ、これなんかどうですかねえ、とテキトウに奨めると、後日「君ねえ、この本だとあの演奏はたいしたことない、とか書いてあるじゃないか」と怒られるはめに。うーん、自分の好みとか、この社長はないのか?人が権威付けしているものだけいいと思い込んで聴くのか、とあきれ返ったのを思い出します。

 まあ、これは極端な例でしょうが、そこまでではないにしろ、名も知れない指揮者の演奏を正当に自然に聴いて判断できるのか、どんなに有名で権威がついたものでも、自分としては合わなければノーといえるのか。ましてや、評論家が名盤だといっても、それに流されずに自分の耳で判断できるかどうか。

 また、簡単なことを難しく、と思われるかもしれませんが、僕としてはこれ、けっこう難しいことだと思っておりまして、裸の王様にならないように注意してできるだけ本質を抽出する、というのはこの情報化社会ではなかなか大変であります。あとは、それが自分の今の(まさに今です、午前と午後でも違うだろうし、お腹がいっぱいと空いているでも違うはず)好みにぴったりなのか、どうか、そこが真実なんじゃないだろうかと。

 最近、このブログでもちょくちょく取り上げておりますが、クラシックを十数年ぶりに興味をもち再び聴くようになっておりまして、あまり人の感想とか、情報とかに振り回されず、今の自分にどれがぴったりくるのか、それを探しているところです。思えば、中学、高校とクラシック小僧だった時分、レコード芸術なんぞを読んで、これがいいと書いてあるから、いんだろう、なんて思いながらレコードを買っていたこともありました。まだ自分の嗜好もよく解らない頃ですから、しょうがないことなんですが、さすがに40後半にもなれば自分の耳にわがままに、そして、それは絶対的なことでもない、という自覚をもって聴いていきたい、と思っております。

« 問題 | トップページ | 2.11 »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

そうですね (^^♪
とりあえず聴いたこと無い演奏家の場合
いいものを聴きたいという願望から
すべてを聴けるわけじゃないんで
一応そういうものを参考にするってことは
間違いじゃないと思います

演奏も出会いなんでしょう~ね (^_-)~☆

そういうことだと思いますよ。参考程度ですね。あまり情報にまどわされないようにと、自戒の意味でありまする。

おめでとうございます。
少し半端な気もするけどオリンピックなら2度目と言う事でスゴい事かも…(∋▼∈)
今回は簡潔過ぎましたね。
今後も楽しく拝見させて頂きます。
結局何を伝えるかをどこまで考えてるかですね。

そうですか。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題 | トップページ | 2.11 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ