« 多摩動物園の鯉のぼり | トップページ | のどかな休日 »

邂逅

184_3   大変はずかしいのですが、お客様のHさんから昨年、出たばかりの村上春樹、1Q84BOOK1,2借りておきながら、この1年まったく手をつけず。BOOK3が出たというニュースを見て、これはまずいなと思い、Hさんに詫びをいれて、BOOK3は僕が買ってそれを差し上げるということで お許しいただくことに。

 そんなわけで、ここのところ1Q84を読んでおりまして、もうすぐBOOK2読み終わるところです。まあ、読書感想はともかく、1Q84というだけあって、ジョージオーウェルの1984年にかけた題ということは解っておりましたが、そういえば1984年って大学時代に手にはとったものの途中で読むのをやめたことを思い出しました。なにしろ、SFなんだけどあの当時の僕には難解で、どうもピンとこなかったのです。

1984  そんなことを思っていたら、無性に今度こそ1984年をちゃんと理解しないとと思いまして、1Q84のBOOK3に入る前にオーウェルのを再度読んでみることに決定。まあ、もともとそんなにSF好きというわけではなかったのですが、開高健がオーウェルについて確か書いていて、当時、僕は開高にはまっていたので、それで手に取ったのです。やはり、途中で放り出した本って、なんとなく気持ちの中で落ち着きが悪く、どこかで一度ケリつけないと、と思っていたのね。これはちょうどいい機会でありましょう。今の自分が読めば、あの当時モヤモヤしていたことが解るかもしれませんし。それに1Q84への理解もさらに深くなるかも、というのもありますね。

 20数年たってもう一度めぐってきた1984年、これも邂逅ですな。開高からはじまって・・・・・ね。

« 多摩動物園の鯉のぼり | トップページ | のどかな休日 »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

お〜
読みたいと思ってますが
図書館では競争率高いようで~す f^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩動物園の鯉のぼり | トップページ | のどかな休日 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ