« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

天皇賞2010予想

 先週は、大ヒット!この秋、実馬券ではG1、3レースのうち、2つを取り絶好調です。はたして、この好調は今週も続くかどうか。とりあえず、こういうときは攻めの予想をしていきます。

 台風の通過で、雨のために馬場の悪化が予想されましたが、さほどでもなさそう。ブエナビスタの一本かぶりですが、休み明けのブエナ、どうもそこまでの信頼をおいてもいいものか。むしろ、ここにきて本格化してきたアーネストリーのほうを僕はとりたいと思います。先行して、直線すぐに先頭、そのまま押し切るというのが今日の馬場にもっともあっている気がするのでして、追い込みはきても2着3着までという展開を読みました。

 紐はいつものように穴もちりばめて以下のように。

三連単1頭軸マルチ

軸12

相手02,07,10,11,14,16

100円づつ90点9000円

それに

三連単フォーメーション

1着12

2着02,07,10,11,14

3着03

100円づつ5点500円

1着02,07,10,11,14

2着12

3着03

100円づつ5点500円

合計10000円

以上

本日ザジ営業しません

 申し訳ありませんが、本日、台風接近と体調不良のため、申し訳ありませんがお店お休みいたします。来週、月曜より営業いたします。よろしくお願いいたします。

新しいコンロ

新しいコンロ
業務用三口コンロをお店に設置。これは使いやすそう。火力もバッチリ!

せっかく当たったので

 ご存知のとおり(かな)、この一ヶ月で二度ほど競馬で大当たり。とはいうものの、現状、実生活もなかなか苦しいので、大半が店運用資金へ(いちぶは連れのお方へ生活費として)回しました。まあ、それでもね、これはかなり助かったわけです。

 で、それだけじゃあんまりだなあ、と思いまして、とりあえず店で9年使ったガスコンロがかなりボロボロになってきたので、新品購入。それと、連れのお方と僕の枕がだいぶ傷んでいたので、ちょっと高級な低反発枕のテンピュールを2つ購入。マットレスは高反発のマニフレックスを以前から使用しているので、これでかなり安眠が期待できそうです。

 そして、僕自身にもささやかな記念に、なにかと思っているのですが、今考えているのは前から欲しいと思っていた、ちょっと高級でいい音のヘッドフォンがいいかな、と。帰りが深夜なので、そこで音楽を聴こうと思っても今までは無理でしたが、クラシックのシンフォニーやピアノを綺麗な音で聴く事ができるヘッドフォンがあれば、深夜でも酒を飲みながら、音楽にも酔えるじゃないの、と思うのであります。予算2万円ぐらいで、クラシック向きの(ジャズは店で聴いているので、家ではクラシック用で)があればいいのですが。これから(金のあるうちに)探してみようか、と思っております。

 

 

嘘!いやほんと!

 また取れた!菊花賞なんと33万8千円ゲット。ビッグウィークは狙っていましたが、まさかローズキングダムが穴のビートブラックを連れてくるとは。それにしても、スプリンターズステークスに続き大ヒット。この秋は調子いいナー。

菊花賞2010予想

 先週は、アパパネの強さだけが目だったレースでした。狙ったアグネスワルツは直線で失速。はたして、あの早い逃げがよかったのかどうかは、わかりませんが、まあアパパネ完勝は間違いなく、今週こそきっちりと読みきりたいと思います。

 さて、菊花賞、エイシンフラッシュ回避で面白くなりました。なにしろ、ローズキングダムとの2強では馬券のうまみなし。ここはちょっと混迷気味なほうが穴期待でき楽しみです。

 僕としては、それでもローズキングダムに逆らってはいけないと思っていまして、昨年、一昨年と荒れていますが、今年はそこまでは荒れないと読みます。まあ、ローズの1着もしくは2着は間違いなしとして、紐の問題。紐は少し荒れると読み、手広く流すことにします。買うには買いますが、決してトウカイメロディ鉄板とは思っていないので、むしろ飛べば高配当に期待です。

三連単フォーメーション

1着10

2着06,09,11,12,13,15

3着01,02,03,06,09,11,12,13,15

100円づつ48点4800円

1着06,09,11,12,13,15

2着10

3着01,02,03,06,09,11,12,13,15

100円づつ48点4800円

それに

1着10

2着15

3着01,02

200円づつ2点400円

合計10000円

やせ我慢でも、粋に、品よく

 今週は、ちっちゃいのが昨日まで熱を出して保育園をお休み。そのために、ほとんど日中はつきっきりでちっちゃいのとお話したり、遊んだり、お昼寝したり。

 やはり、そうなってしまうと、なかなかパソコンに向かってブログ更新できないものです。という、言い訳を先ず書いてみました。

 さて、季節は秋になり、10月も後半になっているわけですが、自分の店も含め、巷では厳しい状況ばかり聞こえてくるのでありますが、ほんと日本はどんどんシュリンクしていっているようです。もちろん、収入が少なくなれば当然使えるお金も限られてくるのでして、いいもの、しっかりしたものよりも安いもの、と消費がそうなるのもいたしかたないとは思います。ただ、みんなこういうムードで流れていく状況が長くなると、精神的にもしみったれた気分だけになってしまう。しみったれた気分だと、絶対に前向きな気持ちなんてなれるわけもなく、背中丸めて陰口たたく、といった陰湿な感じばかりが蔓延してしまう(というか、現にそうなってきていますね)。

 これを打開していくには、高いものに金を使え、と言っているのではなく、いかに自分をそういうしみったれた状況に置かないようにする気概といいますか、プライドをね、やはりちゃんともって痩せ我慢も必要なんじゃないか、と自分に問いかけているのです。

 ビートたけしが、まえにインタビューで、昔の人は安いものを三つ買うなら、その三つ買える金で一つのいいものを買って長く大事に使っていた、そういう品があった、というようなことを言っていたのを思いだします。そう、品よく生きるということは、ただ安ければいい、という概念はないはずでして、ちゃんと自分なりの矜持を持って、しみったれた気分の中に群れないという断固とした気持ち、これこそが今必要(僕にとってね)だと思っているのです。

 品よく、プライドをちゃんと持ちつつ生きていく、そのために今僕が思っていることは、自分が20代、30代つっぱって粋がっていた頃をもう一度取り戻さないといけないのでは、ということでありまして、僕自身、こういう状況に家庭、子供と守るべきものが増え、いつの間にか保守的になっていて余裕がなくなっているようです。それは、しょうがないことなのかもしれませんが、もし、この状況を打破したいとと思っているのなら、それではいけない。守るべきものは守りつつ、人間の品格は保っていかないとね、絶対にしみったれた親父になってはいかんのです。

 あたりまえのことですが、しみったれた親父、つまり後ろ向きな人生からはなにも生まれるはずもなく、それは結局家庭すらうまくいかなくなってしまうのでして、状況はどうあれ、気持ちは優雅に、粋に、やせ我慢しても品よく生きる、それこそが自分らしくある姿だろう、とあらためて思っているのです。そう思うと、やせ我慢って悪くない生き方な気がしてくるのでして、あの青臭いつぱった若かりし自分をね、まったく同じにはならないでしょうが、そういう気概でこれからやってみるか、と考えているのであります。

2010秋華賞予想

 秋一発目のスプリンターズステークス、実は仮想馬券でははずしているのですが、なんと実馬券では取れちゃいました。実際には香港馬のグリーンバーディ軸の馬券と、ウルトラファンタジーの軸と二種類買っていて、まさかの降着のおかげで、35万8千円ゲットいたしました。うーん、予想的にはダッシャーがきていたので完全にはずれていたのですが、まさかねえ。運があったのでしょうか、くりあがりの2着3着で当たりという奇跡の決着。この運にのって、今回も当たりたいものです。

 さて、この秋華賞も穴から攻めます。こういうときこそ、守りにはいらないでいった方がいいのは経験でわかっておりますので(しかも仮想ではまだ当たってませんし)がんばります。

 で、今回の軸はアグネスワルツ。僕が柴田をG1で軸にすることはまずないですが、この面子ならこの馬。それに人気がなさすぎなのが、ちょっと美味しい。そして、紐は広めに以下の予想で。

三連単1頭軸マルチ

09

03,04,08,13,15,17

100円づつ90点9000円

三連単フォーメーション

1着04,09,15

2着04,09,15

3着05

100円づつ6点600円

1着09,15

2着09,15

3着06,11

100円づつ4点400円

合計10000円

本日、ガージェリーエステラ、お出しいたします

Es  さあ、待ちに待っていた方も多いと思います。ガージェリー、エステラを本日よりお出しいたします。

 現在、ガージェリー23、ウィート、ブラックが大評判のガージェリービールですが、樽のエールビール、エステラ10リットル缶を今月より月に一回取り寄せます。グラスも写真のリュトングラスでお出しする、プレミアムビール、ガージェリーエステラ、今月は今日より空になるまでのご提供です。(たぶん明日あたりまで)

 ガージェリーエステラとは?(ガージェリーウェッブサイトより抜粋)

GARGERY ESTELLAは、新しいスタイルのエールビールです。エールビールは冷凍、冷蔵技術がない時代から飲まれており、苦みが強く、味わいも深いビールです。このように常温でゆっくりと嗜むビールは、日本ではまだあまり親しみがないかもしれません。現在日本で主に飲まれているビールは、冷凍技術の発明とともに世界中で広まったピルスナータイプという種類のビールだからです。

GARGERY ESTELLAは、エールビールでありながら、低温での長期熟成によってこれまでにない味の調和を実現しています。ピルスナービールのようにきりっと冷やして飲んでいただけば、ほろ苦さと甘みの絶妙なバランスによってもたらされる飲みやすさと共に、口の中に奥深い味わいが広がります。また、古典的なエールビールのように常温で飲んでいただけば、ピルスナービールにはないふくよかな味わいと、温度によって変わる様々なフレーバーをお楽しみいただけます。

どうぞお好きなスタイルでお召し上がりください。

商品名
GARGERY ESTELLA(ガージェリー・エステラ)
品名
ビール(アルコール度数 5.5%)
原材料
麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)、ホップ
製法
上面発酵/長期熟成/無濾過(生きた酵母入り)
香味
上面発酵由来の優しいエステル香、小麦麦芽由来の豊かで繊細な泡。熟した果実を思わせるボディ感。モルトの柔らかい甘みとホップの上品な苦みが溶け合うように調和しています。食事と合わせれば白ワインのように振る舞う一方、カクテルのようにゆっくり楽しむこともできるビールです。

 さあ、ある意味早い者勝ちのガージェリーエステラ、ビール好きの方はもちろん、この機会に素晴らしい味わいを存分にザジにてお楽しみくださいませ。

11月もジャズライブおこないます!

Miwako_2  先日、ザジの秋のイベント第二弾、屋形船に乗ろう、も無事終了。9月ガージェリーナイト、10月屋形船の次のイベントは、ザジ本来の姿、ジャズライブを行います。ちなみに今年も12月は毎年恒例の辛島文雄ピアノソロ(12月4日)がありますが、11月も ジャズライブ、女性サックスプレーヤーの登場です。

 MIWAKO(アルトサックス、フルート)と川久保典彦(ピアノ)のデュオを11月14日の日曜日に決定!

チャージ2800円(ドリンク別)

7時オープン8時過ぎより2セット

 ザジに女性サックスプレーヤーは初でありまして、オリジナルも魅力のMIWAKOの個性豊かな演奏をぜひザジにて体験してくださいませ。

予約はザジ伊藤まで(夜7時から電話、またはお店まで)03-3389-4522

MIWAKO

富山県高岡市出身。
ビックバンドで1993年、 1995年カリフォルニアの「モンタレージャズフェスティバル」に、
1999年にスイスの「モントルージャズフェスティバル」に参加。ボビー・シュー(トランペット奏者)、ビル・ワトラス
(トロンボーン奏者)らと共演。
1998年「浅草ジャズコンテスト」で優秀ソリスト賞受賞。バンドで銀賞受賞。
2000年より都内に活動拠点を移し、オリジナル曲の制作に取り組む。
2005年CD『星図』をリリース。8曲中7曲はmiwakoのオリジナルで構成。その珠玉の演奏は国際的に高く評価され、JJazzNetやアメリカの放送局でたびたびオンエアされている。
2006年よりJZBrat(渋谷)、サテンドール(六本木)ビーフラット(赤坂)など東京を拠点に様々な場所で演奏する。
2007年リーダーバンドで大阪、神戸、九州ツアーを行う。好評を博す。
2007年11月2日CD『いろは』をリリース。全12曲オリジナル。『いろは』はディスクユニオンでも発売されている。レコーディングメンバー(敬称略):川久保典彦(pf)
工藤雄一(pf) アラングリースン(w.b.) 久保田徹(ds、アゴゴ) 菅田典幸(ds、カホン、ダラブッカ) 松木理三郎(tp)
栗林緒(gt) 渡辺真位(Harp) スミ☆アヤコ (声)
2008年7月リーダーバンドで金沢、高岡、加賀温泉、大阪、神戸、山口の西日本ツアーを行う。 2008年10月長崎、唐津、福岡の九州ツアーを行う。好評を博す。
2009年2月5日待望の新CD『Diamond Spectrum』をリリース。レコーディングメンバー(敬称略):川久保典彦(pf) 工藤雄一
(pf) 栗林緒(gt) アラン・グリースン(w.b.) 久保田徹(dr) 松木理三郎(tp) 藤井輝記(fgh) 渡辺真位(harp)
RINDA☆(per)

心を大事に歌いあげることをモットーに熱く活動している。

ホームページ:http://www.geocities.jp/sax_miwako/
☆miwako携帯サイト
http://www.waiwai-house.com/music/m/hyouji.php?line=

夕暮れ屋形船

夕暮れ屋形船
雨もまたよし。秋の風情。

今週の土曜日(業務連絡)

 さあ、今週土曜日はザジのお客様で貸切にした屋形船に乗りにいきます。ここで、一応いらっしゃる方に再度告知。集合は勝どき橋の乗船場に午後3時15分集合、3時半出船です、お間違いのなきよう。集合場所は事前に差し上げてありますチラシの地図に書いてあります。もし、お持ちでない方はザジに取りにきてくださいませ。

 屋形船は通常の屋形(船とはちがい、もんじゃ焼きを楽しみながらの食べ放題飲み放題のプランでして気軽にわいわいやろうと思っております。場所は勝どき駅からすぐのところで、そこからレインボーブリッジの下を通ってからユーターンして戻ってくる2時間のコースです。

 もちろん、食べ放題、飲み放題ですが、持ち込みも自由なので、好きな食べ物、飲み物を持ってきていただいてオッケー。さらに、音楽も自由にかけていいということなので、デジタルオーディオプレーヤー持参でいこうと思います(ジャズを聴きながら屋形船というのもいいかも!でも、松田聖子のほうが盛り上がるかしら!?)

 乗船定員は30名プランですが、まだ余裕がありますので、今からでも申し込み可能です、どんどん参加してくださいませ。

 一応、定員にみたない分のロスも含め、お一人8000円の参加費でお願いいたします。

 初秋の東京を、屋形船で優雅に楽しみませんか。ぜひ、ご参加くださいませ。

2010スプリンターズS予想

三連単フォーメーション
1着06
2着09,14
3着03,05,07,08,09,13,14,15
500円づつ14点7000円
1着09,14
2着06
3着03,05,07,08,09,13,14,15
100円づつ14点1400円
1着06
2着13
3着03,05,07,08,09,11,13,14,15
100円づつ8点800円
1着13
2着06
3着03,05,07,08,09,11,13,14,15
100円づつ8点800円
合計10000円

待望の!

Hayakawa  我が師匠の早川由紀子のCD「MY WARDROBE」が、いよいよ今月!10月20日に発売です。ご覧のようにジャケットもカッコイイ期待のアルバム、はやく聴きたいですねー。

 今回の録音のメンバーはライブで今一番息のあった演奏をしているカルテットのこの4人。

ピアノ 早川由紀子

ベース 是安則克

サックス 佐藤達哉

ドラム 木下晋之介

 全8曲はオリジナル中心の、現代のジャズを聴かせてくれること間違いなし。このCDはもちろん、僕もまだ聴いておりませんが、ライブでの師匠のオリジナルはとにかくカッコイイ曲ばかり。

 独特のコードセンスといいますか、ベタなところがまったくない洒落たハーモニーに、一瞬はっとさせられる主張する音の輝き。斬新な展開や複雑なアレンジであるにもかかわらず、それを難しく感じさせない澄み切った流れが常にあり、そこに知的なアプローチのアドリブが水面に光るキラキラした陽射しのごとく軽やかに展開していく。ピアノという楽器からみずみずしくストイックな音の世界を構築し、それとともにカルテット自体がまるで生き物のように収縮し、拡散し、無限の広がりをジャズという音楽をとおして僕らに見せてくれるようです。これは一つの「今」のジャズ、21世紀のジャズというものが早川由紀子のピアノにはあると思っていまして、なぜならジャズという音楽は時代を映す鏡であるべきだと、僕は常々考えているからであります。

 まあ、聴く前からいろいろ言うのもなんですが、とにかくいろいろな人に聴いてもらいたいのでして、ジャズという音楽になじみがない人たちにも、こんなカッコイイ、素敵な音楽があるんだと、解ってもらえるのではないかと思っています。この秋、僕の一押しのジャズアルバム、ぜひお聴きになってくださいませ。(上記のアルバムタイトルにamazonのリンクはってますので、そちらから予約購入できます)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ