« 本日より | トップページ | 来週1月18日にライブあります »

2011年

 やはり、一年一年というのは区切りでもあり、ただ時間が経過しているに過ぎないにしろ、新しい気持ちで何かをやっていこうと思うものであります。四季にしてもそうですが、そういうものが生きていくうえでメリハリになっているのであり、せっかく一月なので昨年の反省も踏まえ、今年をどうしていくかを考えております。

 正直、2010年は僕にはけっこう厳しい年でありました。それはすべて仕事に関することなんですが、僕の力不足もあり思うようにいかず、もちろん経済不況が大きくのしかかっている訳で、精神的にも後半かなりネガティブになっていたと思います。ほんともう、潮時かとすら思っていたわけで、今も状況はさほど変わっていないので今後どうなるかはわかりませんが、ただ気持ちはだいぶ昨年よりも前向きになっております。

 精神的に余裕がなくなると、自分自身の本来あるべき姿がまったくわからなくなります。自分が好きな世界さえ放棄しかねないのでして、もちろんそれは家族ができ、子供を守っていかねばという想いからなんですが、それが本末転倒になり、つまり自分らしさを失いそのせいで店もそのほかの活動も消極的になりそれがさらに精神的に辛い状況になる、こんなことをやっていた一年だったと気づいたわけです。

 自分が力を発揮できるのは(僕にとってですが)、心のどこかに余裕を持っていないとだめなようです。それは仕事以外の世界、音楽であり、人間関係であり、また知識の探求であり、世界の俯瞰であり、そういうことを今は余裕がないから、といってないがしろにすることは逆に僕自身がまったくわからなくなり、前向きにもなれず力もでない状況になるということを本当に2010年痛いほどわかりました。

 そんな心持で前が見えるわけがないし、開けていくわけがない。自分と言う人間は時間を削ってもそういう世界を実生活の中で守っていかねばだめな人間なんでありましょう。仕事だけ考えていてもだめなわけで、余裕とは精神の充足をはかることに他ならず、それが満たされて仕事にも全力で打ち込めるし、アイディアもでてくるのでしょう。

 ですので、今年は原点、そう、自分が本来あるべき姿に戻っていろいろ考えていこうと思っています。余裕がないからといってピアノにもほとんど昨年はむかうことをしませんでしたが、レッスンを受けることを再開しようか、とも思っています。そして、本も映画ももっとちゃんと接していこうと思います。そしてこのブログも更新する回数が減っていたのですが、できるかぎり、その時の思い、考えを綴っていきます。

 とにかく、アイディアがでなければ手足を動かす、目を鍛える、耳を研ぎ澄ます、脳を働かす、常に前を向き続けるということをしていなければいけないのでしょう。そうこうするうちに次の新しいなにかが見えてくるはずです。

 まあ、昨年以下に落ちるようじゃ僕と言う人間のたいしたことはない。あとは上がるしかないと思って今年は楽しもうと思っております。

 祐ちゃんじゃないですが、暮れの忘年会で僕の店にはたくさんの仲間が集ってくれ(それに親友二人が別の日にわざわざ飲みに来てくれ)ああ、自分はとても幸せな人間であるとあらためて解りました。そして、かけがいのない家族も含め、皆様に感謝しつつ、これを年頭の挨拶とさせていただきます。今年もよろしくお願いいたします。

« 本日より | トップページ | 来週1月18日にライブあります »

わたくしの日常」カテゴリの記事

コメント

Hello! aaafcdf interesting aaafcdf site!

おめでとうございます 

仰ること 
よ~くわかります
自分も 余裕がないと
力を発揮できないタイプですから (^^♪

今後ともよろしくお願いします 

なんとしても、今年は道を切り開いていきたいと思っております。今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日より | トップページ | 来週1月18日にライブあります »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ