« 5月に大人BBQをやりませんか! | トップページ | 今年もやります、第四回ザジ親睦温泉旅行 »

カツ丼について考える

Katsu_2   最初に言ってしまうが、僕はカツ丼が好きである。嫌いではないから、あえて言いたいことがある。

 ご存知、カツ丼とはとんかつを割りしたと卵でとじたものでどんぶりものの定番で、日本人で知らない人はまずいないのではないだろうか。今回は当然、このカツ丼のことで、ソースカツ丼や、デミグラカツ丼などの話ではない。まあ、多少はそれらにも関するとも言えなくはないが。

 さて、なぜカツ丼の話、かというと最近あるチェーン店のカツ丼490円を食べてふと思ったのだ。カツ丼は490円のこれでいいのだ、と。

 いきなりなにを言うのか、と思う方もいると思うが、結局カツ丼という食べ物は490円にすべて集約されている、と言っても過言ではないと今、僕は考えている。カツ丼が好きだからこそ、所詮カツ丼はそんなものだ、と言い切ってしまおう。

 では、その理由なのだが、その前にそう考える一つのある僕個人の出来事があった。それは某中華屋が出しているカツ丼を食べてのことだ。

 その中華屋はどこにでもある普通の町の中華屋だが、なぜかカツ丼が一番人気で、それは某有名評論家が絶賛したから、ということらしい。実際にその店に言ってみると、ほとんどの人がカツ丼を注文している、中華屋なのに。実際、別の日に僕は敢えてカレーライスを頼んだら、満員の店内でカツ丼以外を食べているのは僕だけであった。

 さて、そのカツ丼であるが、値段もリーズナブルでカツ丼も美味しかった。普通に。そう、昔ながらの普通のカツ丼である。甘じょっぱい割りしたに卵がとじてある、グリーンピースがのった普通にうまいカツ丼、なのだ。

 だから、このカツ丼に文句はない。いいじゃない、と思う。ただし、だ。なぜ、これを某有名評論家は絶賛するのか。それが理解できなかった。だって、この美味いカツ丼の味はそんなにとびぬけているのか、どこの店のカツ丼だって似た様なものじゃないか。

 さて、ここでカツ丼は490円でいい、という最初の結論に戻る。カツ丼とはなにか。それを考えると、それはカツであってカツではない、ということだ。

 美味いとんかつとは、豚の肉がいいかどうか、ということはさておき、揚げ方が重要なのは間違いない。カラッとそして、中はジューシーに火を通しすぎず絶妙なタイミングで揚げるからこそ、職人の技が勝負になる。衣がベタベタではだめだし、黒ずんでいてはだめだし、火が通り過ぎたら肉は硬いし、もちろん火の入りがよくなければ食べられないし。

 ところが、カツ丼と言うのは、このとんかつの持ち味をある意味殺す食べ物なのだ。割りしたで泳がすのは結局カラッとあげた衣の意味を無くす(もちろんだからカツ丼の美味さがでるのだ、それは解っていてあえて書く)。そして、当然絶妙の火加減で揚げたとしても肉はだいたい均一に火が入っていく。もちろん、そこまで計算して早めに揚げて、割り下に通す火加減を計算して、なんて職人がいるのかもしれない。とはいっても、僕が食べたカツ丼はだいたい普通に火が入ってしまっているものばかりだったし、たとえ、いい火加減だとしても、もう一つ割り下という問題がある。

 これは肉の良し悪し、にも関係する話だが、甘辛いという味覚は肉の良し悪しをそれほど気にならなくする、という効果があると思っている。しかも、衣が浸っていてカツ丼というのは、とんかつと比べれば、肉の味が引き立つ食べ物というわけではない。むしろ、その甘しょっぱい割り下、卵、カツの衣とその脂、そして豚とごはん、それが渾然一体となったところを味わうものであろう。だから、とんかつ、という食べ物とカツ丼はまったく味わっている部分が違う、と考えるべきなのだ。

 だからこそ、中華屋のカツ丼が存在し、それが美味しいということなのだ。しかし、それはチェーン店のカツ丼も高級トンカツ屋のそれも、味わいという点ではさほど差はない。何度も言うが、豚の良し悪しや、使う材料に差はある。ただし、それが結果として大きな差になるとは、思えないのだ。それ故、僕は490円のカツ丼を食べていて、その某有名評論家の絶賛するカツ丼を思い出した。いっしょじゃねえか、この味は、と。

 味覚に自信があるのだったらほんと、ブラインドテストでもやってその違いが解るのかね。僕からいわせれば某有名評論家はそのチェーン店のカツ丼も絶賛して欲しいものである。いや、僕ははっきり言う。某チェーン店490円のカツ丼はリーズナブルでマジで美味い。それがカツ丼、というものだからだ。

« 5月に大人BBQをやりませんか! | トップページ | 今年もやります、第四回ザジ親睦温泉旅行 »

酒、料理」カテゴリの記事

コメント

全くもって同意です。カツ煮、カツ丼って、トンカツの持ち味を完全に破壊する、元よりかなりジャンキーな食い物ですよね。揚げたパン粉に再度水分を染みこませるわけですし。

故郷のカツ丼(もしかしたら西日本共通?)はどこの店に行っても、デフォルトでダシが丼底までヒタヒタになっている、いわゆるツユダクな代物ばかりでした。僕はそれがとても嫌で...。関東のカツ丼も普通に好きですが、案外「カツ載せ丼」が好きだったりします(笑)

評論家ってI氏のことですかね(笑)しっかし、B食神格化ブームにはほんと辟易...。大手町のOLが雑誌を見て谷中のホッピー屋を予約するだとか...。いいけど、いやですー!!

M氏だね。なんでもかんでも言うのはどうかと。そんなとこまでネタにするあざとさを感じるね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月に大人BBQをやりませんか! | トップページ | 今年もやります、第四回ザジ親睦温泉旅行 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ