« ジャズ50バカその5 | トップページ | ジャズ50バカその7 »

ジャズ50バカその6

6. ジャズは酒と煙草、女にドラッグ、退廃的な奴じゃなきゃいいジャズはできないとマジで力説するバカ

 こういうこと言っている奴が、実はぜんぜん関係ないところで、自分は高見の見物みたいな立場なんだよなあ。21世紀にもなってさ、まだこんな無責任な前近代的なこというバカがいるんだよ。

 そりゃ、そういう時代があったのは事実ですよ。時代の必然みたいなところで、有名ミュージシャンがみんなドラッグにはまったというのと、ジャズがね、だからいいものだった、みたいのはあまりにひどい短絡的な説明だと思う。でも、これ、かなり有名な評論家が言っているから始末に悪い。それをそのまま鵜呑みにしたバカ、増殖させちまっているのだから。

ふざけんなと思うのはさ、それなら今の世で、ドラッグやらないで、酒、煙草吸わず、家族を大事にしているミュージシャンは、それだけでまともなジャズできないってことなのかい。もう、子供だって解ることじゃないか。こんなくだらない論理。

 ほんと、朝早く起きてサプリメント飲んで健康的な生活送ってる奴にジャズができるか、って言った評論家がいるからちょっと常軌を逸しているとしか思えんね。バカ百回言ってもいいと僕は思うぜ、こんな奴。

 じゃあなにかい、みんな覚せい剤打って、警察に捕まるかどうかみたいな生活しろっていうのかよ、ジャズやるなら。

 そういうてめえこそ、健康に気つかって生活してるんだろうが。もう、そういう時代じゃないし、でも今の時代はそうじゃなくてももっと違う精神的にプレッシャーがあってさ、だからこそ表現しようというエネルギーがあるのにさ。そういうことをいうのってくだらなすぎるったらありゃしないね。

 本質はなんなのか、人の胸を打つ音楽をやるか、やらないか、であって、ドラッグ、酒、煙草、女にはまるかどうかじゃない。当たり前すぎて説明するのも馬鹿らしいけど、そういうことです。それなのに、こんな戯言を言い続ける馬鹿オヤジどもがいるのは、ちゃんと音楽に向き合っているミュージシャンに失礼極まりないと思うね。

 はっきり言わせてもらう、もうこの時代に、素晴らしいと思うジャズはそんな理由じゃ絶対にできない。いかに、今僕らがかかえている問題、時代のどうしようもない深い穴に首をつっこみ全身全霊で考え、それをどう具現化するか、それを知的にやったものが今のジャズをできると僕は考える。異論はあるかもしれない。でも、じゃあダメ人間がこの時代に果たして、素晴らしいジャズをやったのが一度でもあるのか。そんなものは聴いたこともない。今の時代は今やるべきことがある。それがジャズだ。

« ジャズ50バカその5 | トップページ | ジャズ50バカその7 »

ジャズその他音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ50バカその5 | トップページ | ジャズ50バカその7 »

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ