旅度々旅

2010、8・13~18、秋田での夏休み(2)

Dvc00119a_2 8月16日月曜日(4日目)

 さあ、やっと晴れまして、この日は朝から快晴の秋田の空の下。連れのお方の父上がちっちゃいののために子供用プールをだしてくれまして、ちっちゃいのは待ってましたとばかりに、おおはしゃぎ。水温はぐんぐん上昇して、ちょうどいい具合。木陰の下のリゾートが完成であります。

 ちっちゃいのが楽しそうに水遊びしているのをみると、なんて贅沢なんだろうと思ってしまいます。もちろん、都会は都会の贅沢もあるでしょうが、人間として心の底から潤うこんな贅沢、いくらお金出しても買えないです。ちっちゃいのを待っているおじいちゃんとおばあちゃんが秋田にいて、そこには本当の自然があり、空気があり、人の温かさがある。もちろん、ここには冬の厳しさがあり、僕らにはわからない苦労もたくさんあるのでしょうが、それでもね、ここにしかない楽しみ、生きているという喜びがある。べつに天秤かけてどっちがいい、というのではなく、幸せだと感じることは一つじゃないし、都会的ステレオタイプな幸せに酔っていることなんて、ほんと馬鹿馬鹿しいと思わずにはいられないですね。ちっちゃいのには、こういう体験をしながら本当の意味での喜びや幸せをね、知っていってもらいたいです。

 で、ちっちゃいのがお昼寝したので、ここからは大人の喜び、幸せ・・・贅沢な時間を。このプールに足をつっこんでビール片手の昼下がり。木陰のプールサイド?でリゾート気分満喫であります。ほろ酔いかげんでうたた寝、うーんたまらん、時間よとまれ・・・・。

Dvc00112_2   さて、夕方からは実家のある合川から内陸線に乗って阿仁の花火大会へ。この秋田縦貫鉄道というローカル線が僕は好きでして、のどかな風景を見ながら山間を進むこの列車、常に存続問題をかかえているのですが、いつまでも走り続けてほしいですね。

 列車のなかは花火大会に行くおばあちゃんたちのグループなどが楽しそうに話をしていて、ほんとのどか。ここでは消息不明の老人なんてそんないないのでは。みんな、お隣さんを知っている世界なんでしょうね(まあ、それがめんどくさいというのもあるかもしれないですが・・・)約30分ほど乗ると会場のある阿仁合の駅に。

 花火大会の会場は川沿いの場所で、目の前に迫る山をバックに川向こうから打ち上げられます。そして、お祭りのように屋台がたくさんならび、日本の夏らしい風情のある光景。ビールやワンカップ片手に、これまた夏を満喫。ちっちゃいのは浴衣姿で屋台に興味深深。金魚すくいを楽しんでおりました。

Dvc00110_2  とにかく、この近所の人が集まってくる観光的な感じのない花火大会。じつにこれまたのどかでして、大きな花火大会にみられる押し合いへし合いな感じがまるでなし。ゆったりとしていて、ゆるーい空気が実にいい。開会の挨拶をしたじいさんの方言ばりばりの挨拶もいいし、進行役のおねえさんのナレーションも泣ける。「さあ、はりきってどうぞ!」とおねえさんの掛け声で花火があがるのを見聞きするのは、この花火大会にくるたびに僕は密かな楽しみとしております。

 ビールを片手につまむのは、このあたりで食されている馬肉の煮込み。これが普通に屋台で売っていまして、皆当たり前に食べております。正直、馬を食べるというのは、前は抵抗ありましたが、今では問題なし。実に美味であります。結局、馬食ったところで当たらんものは当たらんしね。(って何の話だ?)

 川向こうといっても、わずか10数メートルの場所から打ち上げられる花火は目の前であがるので、迫力満点。約4000発が打ち上げられ見事なものでありました。もう、3,4回はこの花火大会にきているのですが、今年は特によかったなあ。体調もよく、酒も美味かったし、言うことなし。ちっちゃいのも大喜びでしたし。連れのお方の実家で過ごす最後の日は、昼も夜も秋田の夏を満喫したのであります。

8月17日火曜日(5日目)

 連れのお方の父上に車で二ツ井まで送ってもらい、この日は実家をあとにして秋田へ。今回は最後に秋田市内に一泊してから東京へ帰ることになっております。というのも、僕の店の常連さんだったOさん家族がこの春から秋田に転勤になってまして、今回はぜひ、この機会に秋田で会いましょうということになっていたのです。

 お昼過ぎに秋田について、先ず奥様と合い昼食を。近所のイタリアンに連れて行っていただき、そこで白ワインとともにパスタを。さすがに、食べること、飲むこと好きなO夫婦、もうすでに秋田のいい店を熟知しているようでして、秋田転勤を十分楽しんでいるようでした。

 夜は家族全員で、居酒屋に。そこでは秋田の日本酒についていろいろお勧めをいただきまして、これがまたどれも美味!わずか数ヶ月でここまでというぐらいに旦那の方も秋田を知っていて、そして秋田好きになっているのをみて、こちらも嬉しくなりました。そんなこともあって酒がすすむ、すすむ・・・・。

 居酒屋をでたあと、男同士でちょっといきましょう、ということになり連れのお方とちっちゃいのを先に帰し、O氏に案内されるままに二人でまた日本酒の店に。ここが、また地元でしか飲めない日本酒がいっぱいあって、楽しいのなんの。ここで、連れのお方との結婚の報告に初めて秋田に入ったときに飲んだ、思い出の酒を発見。ひさぶりに飲むその酒はなかなか濃い味でこれも美味い・・・(そろそろやばいなあと心の中で思いつつぐびぐび)。

 連れのお方と秋田市内でのんだくれたのは、今からもう5年前のこと。実家へ行った帰りに、秋田に一泊して居酒屋でしこたま日本酒を飲み、そのあと飲み屋街を歩いているとき、このショットバーはきっといいに違いないと確信してあるバーに入りました。僕は初めての街で、どこへいってもなんですが、いい店を見つける嗅覚があるようでして、必ずといっていいほど、その街で老舗だったり評判のいいバーを情報なしで見つけてしまうのです。

 このとき入ったバーがLADYという秋田でも老舗中の老舗のバー。そこで、駄目押しのようにマティーニやギムレットを飲んだのですが、O氏にその話をすると、「僕は今、そこの常連なんですよ」とのこと。おおっ、さすが酒飲みのプロはわかってらっしゃる。「じゃあ、最後はそこへお連れしますよ」とのことで、その思い出の店へ。

 店に入ると、確かに酔っ払っていてもあの時の記憶が甦ってきました。このバックバーもカウンターも、そうだ、あの時の店だと。年季の入ったバーテンダーさんにその時の話をすると、とても喜んでくれて、他の若手のバーテンダーにも「おまえたちも聞いておきなさい」と僕の話を聞かせます。ちょっと恥ずかしかったですが、嬉しいなあ。こういう再会は酒飲みとしてはたまらないですね。O氏に感謝であります。そして、いい気分でマティーニ、ギムレットぐびぐび・・・・おいおい大丈夫か(天使の声)・・・いいのいいの気持ちいいんだからオッケー(悪魔の声)。

 いい具合にできあがって、O氏と別れてタクシーに乗りホテルへ。沢山飲んだ割には、今回はちゃんと記憶もあり、自分的にはしっかりとした感じで帰ってきた模様。これなら大丈夫だ、と思いつついつのまにやらベッドで寝てしまい、さてさて、翌日はいよいよ東京へ買える日であります。

8月18日水曜日(最終日)

 朝起きたとき、ああああー完璧な二日酔いだあーと強烈な自覚が。もう、胃がむかつくどころじゃない感じ。それでも10時にはチェックアウト。駅ビルで連れのお方がお土産を買う間、たぶん真っ青な顔で付き合っていた僕であります。昼飯に弁当を買って帰りの新幹線に乗るも、とても食べられる状態ではなく、その上、ちっちゃいのが僕の腹の上で動き回るものだから、「お父さん気持ち悪いからやめてー」と悲痛な声をあげますが無視されてぐったり。結局、4時間あまり気持ち悪い状態でもがき苦しみながらやっと東京着。うぅ、最後にはしゃぎすぎたつけを存分に払い、連れのお方の冷ややかな視線を感じつつ帰路についたのでありました。

おわり。

2010、8・13~18、秋田での夏休み(1)

 今年は意識的にツイッターを使い、定点観測的に秋田旅行中を書いておりましたが、ツイッターの性質上、どんどん書いたものが過去へ流れていってしまい、記録としてはまったく意味をなさないので、一応まとめとしてブログに書いておきましょう。

8月13日金曜日(初日)

Dvc00135a  この日、朝8時59分初の秋田新幹線こまちに乗車。快晴の東京を出発。秋田には1時に到着。ランチを駅ビルでとった後に、2時過ぎ初のリゾートしらかみに乗車。秋田から東能代まで。

 このリゾートしらかみ、という電車、2005年の夏、僕がはじめて連れのお方の実家へ行く際、青森から東能代までのったことがあるのですが、リゾートしらかみの一番の売りは、五能線を通ること。つまり、秋田から行くと東能代から先が、素晴らしい日本海の景色を眺めることができるのですが、今回は連れのお方の実家へ行くのが目的なので、五能線に入る前に下車。ただ、それでも秋田の田園風景は美しく、ちっちゃいのは、写真のように景色に見入っておりました。

 そして、東能代に連れのお方の父上が車でお迎え、そこから実家のある合川へ。買い物をして実家到着は17時過ぎでありました。

Dvc00134a  この日は、連れのお方の弟くんと、兄さん夫婦とあと数日で一歳になる息子さんもいて、にぎやかな晩になりました。庭でバーベーキューをしていただき、冷えたビールに秋田駅で買っていった岩がきを食し、初日より夏休み満喫。これぞ、日本の夏でありました。

 僕としては6回目の夏の秋田で、通算で8回目。もう、すっかり第二の故郷であります。ちっちゃいのも、生まれてから6回目。彼女にとっても幸せなことであります。

 僕は最近つくづく思うのですが、いろいろな土地や文化になんらかのつながりを持っているということは、今の時代、とても重要で、それを多くもっているほど幸せなことだなあと実感してます。ちっちゃいのは、もう僕の実家の葉山と、連れのお方の実家、秋田としっかりつながっている。家族であるという、意味、それを秋田へ帰るたびに、新たな土地や世界と繋がることができた喜びとともに、考えるのであります。

8月14日土曜日(2日目)

 この日は、朝から雨。それもたまに強く降ることもあり、ちっちゃいのは外では遊べず。連れのお方の兄さん家族と弟くんたちとまったりと過ごしました。夕方、弟くんが東京へ一足先に帰るので、それをお見送りに。

 連れのお方の実家から、能代大館空港までは、車でわずか15分ぐらいのところにありまして、羽田とこの空港を全日空が飛んでおります。ですので、本来なら飛行機が圧倒的に楽なんですが、なにしろ、お盆の時期は割引がまったくきかず、しかも格安チケットなどあるわけもなく、電車を使っていく倍以上の料金がかかってしまいます。ですので、僕らは新幹線を使って秋田に入っているのですが、そこは独身貴族の弟くん、飛行機を使用。まあ、僕の場合はあまり飛行機が好きではなく、電車のほうがだんぜん楽しい、という理由もあるのですが。まあ、オフシーズンであれば、早割りで飛行機でいくのが正解。とにかく、この空港ができて北秋田の人たちにとっては便利になったのは間違いないでしょう。(利用者数がねえ、問題と言えば問題でしょうが)

 こんな感じで、2日目、雨の北秋田、僕らはゆったりと過ごしておりました。

8月15日日曜日(3日目)

Dvc00128a_2   やはり、朝から雨、でしたが、ちょっと止んだり降ったりでしたので、連れのお方のお父さんが、十和田方面へ車で僕らを連れて行ってくれることに。大館方面から鹿角を抜けて十和田湖を見下ろせる休憩所まで。

 やはり山の天気は変わりやすく、途中からかなり強い雨に。これでは、十和田の湖畔まで行ってもしょうがないとのことで、ここでひき返すことに決定。晴れていれば青空の下絶景のポイントなんだそうですが、この幻想的な十和田もなかなか見ることができない光景かも。

 ここから山道を下って小坂に。この小坂までの山道が、バケツをひっくり返したような土砂降りでして、運転してくれたお父さんは、ほんとお疲れ様でした。いやあ、前の車がやっと見えるというような状況でのワインディングは辛いはず。それでも、小坂につく頃には雨も小降りになり、ここで昼食をとることに。

Dvc00123a  僕は今回、初めて小坂町を訪れ、しかもここが明治時代に大変に栄えた鉱山の町だということを同じく初めて知りました。とにかく明治30年には日本一の生産額を誇ったというので、この写真の立派でモダンな鉱山事務所があったり、病院や、鉄道、芝居小屋と、ちょっと信じられないぐらいの繁栄があった場所であります。

 小坂って、鹿角と大館にはさまれた小さな秋田の北の端の町なんですが、まさか、これだけのところだったとは。今は、もう鉄道も廃線になってしまい、鉱山も採掘は90年に終了しているのですが、この残された建物を見ても当時の華やかな時代を偲ぶことができます。

 この鉱山事務所は、明治38年に巨費を投じて作られたもので、木造三階建てのルネッサンス風。今は町で保存し、なかは小坂鉱山の歴史を見ることができるようになっていて、これはなかなか興味深く面白かったです。とにかく、この事務所は、建物の外も中もほんとモダン。中には三階までの螺旋階段まであり、優雅な佇まいはタイムトリップしてしまったかのよう。いやあ、まさかこんな素敵な場所がここにあるとはねえ。

Dvc00125a  いたるところに洒落たデザインが。ほんと絵になるのであります。こういう、センスが明治時代にはあったのにね、今の日本、東京はなんて無味乾燥で汚らしい街になっているのかね。この、ハイセンスな感覚、遊び心、心意気・・・。こういう場所にいつまでも身を置いていたい、この空気の中にいたい。うっとりするような空間でありました。

 さて、ここではこの優雅な場所で、貴族のようなドレスを有料で貸してくれて写真撮影ができるのでして、子供用の衣装もあるというので、ちっちゃいのに着せて写真撮影。これが、ちっちゃいのも大喜びで、急になぜかおしとやかにポーズを。これにはおじいちゃん、おばあちゃんが大喜び。しかも、この建物の中、バックに写真撮ると絵になるのであります。30分で二つの衣装を着せての写真撮影会は、思いのほか楽しく、雨の小坂、いやあ楽しかったです。小坂の歴史については、なにか本を探して勉強してみようと思っているぐらい。ここは、またゆっくりと来たい町ですね。いや絶対、再訪しようと思ってます。

 一日中、雨でのドライブでありましたが、僕としては大満足。小坂を後にまた、雨の中をお父さんの運転で帰路につきまして、ほんといい一日でありました。

 4日目に続く・・・・。

 

 

 

今年も夏は秋田へ

Akita  もうこれで、8回目(夏の秋田は6回目)の秋田であります。連れのお方の実家へ行くのも、もはや旅行というよりも僕にとっても帰省といった方がしっくりくるようになってきました。そう、秋田は僕の故郷にもなったということでして、こういう人間関係のみならず、土地や風土、そしてある意味もう一つの世界と繋がることができていく、ということはとても今の世、大事なことだと思っています。

 ちっちゃいのにとっても、僕の実家である葉山、と連れのお方の実家である秋田という、今住んでいる東京と別の二つの場所に繋がっているということ、これは大変幸せなことでありましょうし、大切な経験をしていると思います。今年の夏もちっちゃいのにとって貴重な体験になるはずでありましょう。

 さて、今年は8月13日(金曜日)から8月18日(水曜日)までお店はお休みさせていただき、秋田に滞在いたします。毎年、僕が一番楽しみにしているわけですが、昨年は秋田の初日から高熱をだしてしまい、滞在中ずっと家で寝ているという失態。あれは辛かった。ですので、今年は万全の体制で満喫してきたいものです。

 今年は連れのお方の父上が、僕らを十和田湖に連れて行ってくれるらしく、僕はまだ行ったことがありませんので正直楽しみ。また、東京に帰ってくる前日は、僕の店の常連さんで、今は転勤で秋田に在住のOさん夫妻と会って食事をする予定。久しぶりの再会もまた楽しみ。いい酒が飲めそうです。

 こうして毎年、夏の秋田に戻ることができる、あの風景が待っていてくれる、そのことがまた年を重ねるにつれ本当に大切でありがたく思える、今の僕であります。

誰に合わせるか・・・それで

 9月は大型連休がありますが、さすがにこの連休はどこへ行っても混んでいるのは間違いないでしょう。ちょうど、連れのお方が夜勤がはいってしまいまして、しょうがないので僕はちっちゃいのを連れてまた、葉山の実家へ行くつもり。あとから、連れのお方も合流して実家でまったりしようかと思っております。あんまり、連休多いと仕事にも影響するし、ちょっとねえ、でもしょうがないですなあ。

 さて、せっかくの連休に連れのお方は仕事のために、その翌週連休がとれることに。そこで、この大型連休後の日曜月曜でちょっと小旅行へいこうか、ということになりました。じゃあ、どこへ行こうかと考え、最初は伊豆か外房あたりの高くない民宿に一泊して美味しい魚でも食べよう、と思っておりました。

 それで、この間の日曜に新宿の旅行会社にいったのですが、そこでいろいろ考えるうちにやっぱり、ちっちゃいのを思いきりあそばせる方がいいよねえ、と連れのお方とも合意。じゃあ、美味しいものは置いておいて、子供向きの遊ぶ施設のあるようなリゾート系を探していると、那須のサンバレーという大型レジャーホテルを旅行会社の人から奨められました。

 なるほどねえ、子供を遊ばせるということにシフトして考えると、こういう場所になるわけです。いままで、こういう場所に泊まりたいという欲求がまったくなかったのですが、ちっちゃいのに合わせるとこれもまあいいか、と思えてくるから不思議です。連れのお方ともはなしたのですが、魚の美味い民宿へいっても、ちっちゃいのの食事の世話やらで、きっとゆっくりとできないだろうし、それなら遊ぶ場所がいっぱいあるこの手のホテルがいいだろうとなりました。逆に、いままで行ったこともなければ、行こうとも思わなかった場所にいってみるというのも、なかなか面白いのではないか、と思い出しました。ベタなところでベタに遊ぶ、というのもいいかもね。お風呂もかなりの数があるらしいですし、どうせ行くなら徹底的に楽しむ、というのがいいのでありましょう。

この夏は

 毎年お盆は、ちっちゃいのが生まれてからは連れのお方の実家、秋田に行くことに決めています。やはり、ね、おじいちゃん、おばあちゃんがちっちゃいのに会いたがっていますからね。

 ただ、今年は秋田だけではなく、おじいちゃん、おばあちゃん達といっしょに函館でも一泊しに行こうかと計画中。毎年、秋田、大館フリー切符というJRのお得切符を使うのですが、今回は青森、函館フリー切符を購入しようと思っております。これだと、帰りは秋田の二ツ井から青森へでて、そこから八戸へ、そして新幹線で東京というコースになります。けっこう遠回りかと思ったのですが、秋田まで出て東京へ、というのとあまり時間変わらないのね。まあ、そのぐらい遠いところなんですが、函館まで足をのばせるというのは魅力的ですなあ。夏休みが楽しみであります。

久しぶりの秋田(2009ー0320~0323)

Rimg0023  昨年の八月のお盆以来、連れのお方の実家、北秋田へ行ってきました。夏の秋田はもう何度も訪れているのですが、冬ははじめて。とにかく、雪国の生活を知らない僕としては一度は行ってみたかったのですが、今回は角館から山の中を走る秋田内陸線に乗って、その雪景色を眺める、というのが楽しみにしておりました。

 しかしながら、この年明けてからは暖冬でして、雪が極端に少ないと連れのお方の実家から連絡がありまして、あらあ、もしかしてこれは期待はずれになってしまうのか、と危惧しておりました。

Rimg0019  角館に着いて辺りを見ても雪はまったく残っていませんし、ちょっとがっかり。しかし、内陸線で山の奥にいくにつれ、段々と雪景色に。やはり、少しおくにはいればさすがに雪の多いところだけあり、あたり一面雪でありました。こういうローカル線でとことこ、景色を見ながら旅するのは実に気分がいいですねー。しかも、都会からはるか離れた雪国を一人で、というのは浪漫でありますなあ。

 列車の中は前回に内陸線に乗ったとき同様に、席でのんびり寝ているおじさん発見。これがこういう場所だと絵になります。もし、東京でこれやると、ただのダメ人間なんですが・・・。

Rimg0020_2  都会ってやはり慌しくて、たまにはこういう風景や、のどかな日常に自分をもどしてやらないとダメですね。だって、心も身体もこの列車にすぐに馴染んだ自分がよく解りましたから。パズルの最後の一ピースのように僕もこの寝ているおじさんもすんなり、この中に溶け込んでいたのであります。

雪の世界へ

 三月になりました。もうすぐ春なはずですが、今日もかなり寒い。明日あたりから暖かくなるという情報もありますがどうでしょう。

 さて、今月3月20日(金曜日)春分の日から3月21日(日曜日)までの3日間、お店お休みいたしまして連れのお方の実家、秋田に行ってきます。20日は祭日ですし、22日は日曜日なので、21日の土曜日休みにして連休とします。お忘れなきよう。

 連れのお方とちっちゃいのは前日の19日から飛行機で帰省するのですが、僕はその日は仕事をして翌日、新幹線にて先ずは角館まで。なぜ、飛行機に乗らないで時間のかかる電車を使うのか、といいますと、角館から連れのお方の実家のある合川まで内陸線に乗りたいからであります。(帰りは当然、飛行機ですが・・・)

 以前に夏の秋田内陸線はご紹介したことがありますが、僕としては雪の中を走る内陸線にもぜひ乗ってみたいと思っておりました。とにかく、マタギの里の阿仁合を通るように、山の奥深いところを走っているのでありまして、雪国育ちではない僕としては、一面銀世界を走る列車を体験してみたいと常々思っていたのです。

 今回、ちっちゃいのを秋田のおじいさん、おばあさんのところに連れて行く、というのが一番の目的なんですが、せっかくですから雪の内陸線も、堪能してこようと思っております。今から楽しみですねー。

今年の秋田は

 ほとんど、連れのお方の実家にいて、ちっちゃいのを遊ばせておりました。今回は白神も行かず、遠出もせず、近所を散歩したり、子供用のプールでちっちゃいのを水遊びさせたり。

 店のお客さんのS君兄弟がちょうど同じ頃に東北旅行をしていまして、それならということで連れのお方の実家の近くまで遊びにきてもらい、いっしょに鮎を魚に飲みまして、それが今回唯一大人の時間でありました。

 僕も夏風邪が旅行の間、ずっとよくならず半分は静養していた感じ。まあ、おかげでリフレッシュでき、ちっちゃいのも大喜び、おじいさん、おばあさんも大喜び。すっかり家庭的な夏休みでございました。

東北の空で流星群

 夏の夜空に流れ星。ペルセウス座流星群が今年は8月12日から14日の夜に見ることができるそうです。僕は運良くちょうどその頃に連れのお方の実家、秋田に夏休みでいる予定ですので、流星群観察にはちょうどいいじゃないですか。東京は夜空が明るすぎてはっきりとは流星群を見ることができないそうですが、北秋田ですから電柱もほとんどなく夜はまっくら、星が降ってきそうな一大パノラマとなるのであります。

 そりゃあ、普通の時でさえ、連れのお方の実家は素晴らしい星空ですからね、そこで流星群をみることができたら感激ひとしおでありましょう。願いは曇り空にならないでくれということ。晴れ男の僕ですから、まあ大丈夫だとは思いますがね、今年の秋田はまた楽しみができましたです。

八月旅程決まる

 今年も連れのお方の実家、秋田へ。8月12日火曜日より8月17日日曜日までに決定。飛行機で行くのも考えましたが、値段があまりにも新幹線と違いすぎる!大人二人でお得なフリー切符でも56000円なのに、飛行機だと二人で13万。これじゃあ、いくら便利でも使えないなあ。ちっちゃいのが最近じっとしてないので長時間の列車の旅は心配なのではありますが。

より以前の記事一覧

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ